So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

FC東京U-23 vs FC琉球 [Jリーグ]

大会:JリーグD3 第14節
結果:FC東京U-23 1-1 FC琉球
場所:江東区夢の島競技場 観衆2074

IMG_5725.jpg

IMG_5731.jpg

前夜に行なわれたポルトガルとスペインの対戦。ワールドカップ序盤にして、これ以上の好勝負が生まれるのか?というくらい極上の試合。どうしたってこの試合と比較しながらの試合観戦。ワールドカップとJ3リーグ。それでも十分に楽しめた試合でした。

49分、東京のバックパスを奪った和田選手が先制ゴール。追いつきたい東京は、62分にコーナーキックから矢島選手のヘッドで同点。以降は琉球の猛攻が続きましたが、東京のキーパー廣末選手が再三のビッグセーブ。

ワールドカップを見ていても、試合のクオリティに繋がるのが、シュートの精度とゴールキーパーの質。その意味でも大当たりだったの両チームのゴールキーパー。特に廣末選手はPKストップまで決める大活躍。やはりキーパーが活躍すると試合が締まりますね。

アディショナルタイムのカウンターの応酬も見応えアリ。最後まで勝ち点3を取りに行く両チームの姿勢も気持ちよかったです。

もう一つ、今のワールドカップでポイントになっているのがセットプレー。ここまでの得点のほとんがセットプレーから生まれていて、ますます重要度も上がっています。それに反して優秀なプレースキッカーが、久しく生まれていない日本の現状。J3が「育成の場」も兼ねているとすれば、優秀なキッカーも育てて欲しいものです。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6
名勝負度 6
満足度 6.5
キーパーの活躍度  7

nice!(7) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs パラグアイ [日本代表]

大会:国際親善試合
結果:日本 4-2 パラグアイ
場所:テレビ観戦

久しぶりのゴールに歓喜し、勝利の余韻に酔いしれる。もう忘れかけていたくらいの感覚でしたが、やっぱり勝利は嬉しいもの。内容が良かったことも輪をかけて、収穫のあったテストマッチでした。

やはりMVPは香川選手。試合の前のコメント通り、自身がプレッシングのスイッチとなって、前線から守備に走り回りました。その姿は4年前には考えられないくらい。レギュラー落ちという悔しさが、ディフェンスでも走る選手に生まれ変わらせたのでしょね。

岡崎選手と連携しての守備がハマったことで、作り出した決定機の数も大幅アップ。「決めてくれよ」というシュートも何本もありましたが、ワールドカップ本番ではピッチコンディションも、もっと良くなることでしょう。

柴崎選手のフリーキックには可能性を感じ、良いこと尽くめのようにも見えたこの試合。ただ2失点のシュートは共に、ゴールキーパーが止めて欲しかった。番狂わせにはゴールキーパーの活躍が絶対条件。あの程度のシュートを止められないようでは、苦戦すること必至。

FIFAランク61位の日本にとって、3試合どこに勝つにもそれはジャイアントキリング。番狂わせを起こす条件は、「キーパーの活躍」「ラッキーボーイの出現」「監督の采配」。今日の試合で、乾選手というラッキーボーイ候補も誕生。本番に向けて、少しは期待値も上がった最終テストとなりました。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6.5
名勝負度 6
満足度 6.5
期待値アップ度 6.5

nice!(11) 
共通テーマ:スポーツ

車いすバスケ日本代表 vs オーストラリア [パラスポーツ]

大会:三菱電機ワールドチャレンジカップ2018
結果:日本 65-56 オーストラリア
場所:武蔵野の森総合スポーツプラザ 観衆5173

IMG_5613.jpg

IMG_5655.jpg

リオ・パラリンピックを見ていて痛感した世界との差。特に高さで勝るオーストラリアなどには、その差が縮まることはないだろうと思えたくらい。だからこそ驚きだったこの日の試合。

日本が第1Qをリードするも、第2Qにはオーストラリアがすぐさま逆転。サイズの大きさに目が行きがちでしたが、個々の技術の高さにもビックリ。チームとしての強さも、さすが世界トップレベルのオーストラリアでした。

そんな相手になんとか食らい付いて行く日本。一進一退の攻防が続きましたが、第4Q頭からエンジンをかけてきたオーストラリア。逆転に成功するとそのままの勢いで5点のリード。普段ならこのまま勝負がつくのでしょうが、今の日本はそうなりませんでした。

ここまで相手マークに苦しめられていた香西選手が、この苦しい場面で連続ポイント。3度目の逆転に成功すると、そのまま勢いを渡す事なく日本の逆転勝利。強豪オーストラリアを倒しての価値ある優勝に、エース藤本選手の目には涙も見られました。

結果も内容も最高だったこの試合。それと同時にもう一つ嬉しかったことは、雨の日にも関わらずアリーナが5000人以上の観衆で埋まったこと。2年後の東京パラリンピックに向けても、大きな収穫のあった大会となりました。

試合採点
ハッスル度 7
見応え度 7
名勝負度 7
満足度 7
収穫度 7

nice!(8) 
共通テーマ:スポーツ
前の3件 | -