So-net無料ブログ作成
検索選択
前の3件 | -

浦和レッズL vs 日テレ・ベレーザ [なでしこリーグ]

大会:なでしこリーグ1部 第4節
結果:浦和レッズL 0-3 日テレ・ベレーザ
場所:浦和駒場スタジアム 観衆1958

IMG_9164.jpg

IMG_9170.jpg

もしかしたら「なでしこリーグ」で優勝するよりも、ベレーサに勝つほうが難しいことなのかもしれません。それくらい「ほぼ日本代表」のベレーサを倒すのは難易度の高いミッション。しかし浦和にとっては、千載一遇のチャンスが今日のこの試合だったのですが・・・

前線からのプレスがハマり、前半はほぼ圧倒した浦和。菅澤選手のポストプレーは健在で、決定的なチャンスを何度も作りだしました。

猶本選手のシュートがポストに弾かれるなど不運もありましたが、シュート数、コーナーキックの数でもベレーザより上。しかしこれだけあったチャンスを決められないと、当然苦しくなってしまいますよね。

69分、ルーズボールを籾木選手にループで決められ、ついに均衡破れる。

寝た子を起こしてしまった浦和。ベレーサにのびのびプレーさせたら、もう手がつけられません。76分に田中選手のバイシクル、77分には植木選手の二人抜きゴールと「個」でも圧倒して見せました。

やはり決めるべき時に決めないと、苦しくなるのはサッカーの鉄則ですが、浦和にとっては逃した魚は大きかった。それでもベレーザに土を付けられるのは、浦和か新潟なんじゃないかと思っているんですけどね。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6.5
名勝負度 6
満足度 6
逃した魚度 6.5

nice!(5)  トラックバック(0) 

サンロッカーズ渋谷 vs 川崎ブレイブサンダース [バスケットボール]

大会:B1リーグ 第29節
結果:サンロッカーズ渋谷 80-87 川崎ブレイブサンダース
場所:青山学院大学青山キャンパス 観衆2011

IMG_9057.jpg

IMG_9100.jpg

Bリーグも終盤戦。すでに中地区優勝を決めている川崎と、プレーオフ進出を目指す渋谷の対戦。

さすが優勝を決めたチームだけあって、川崎が序盤から圧倒する展開。渋谷のシュートがリングに弾かれるのに対し、川崎のシュートはポンポン入る印象を受けます。

左右に大きく揺さぶり、インサイドやアイトサイドなど攻撃のバリエーションも多彩。もちろんニック・ファジーカス選手の決定力が凄いのですが、その攻撃のタクトを振るう篠山選手のプレーぶりも光りました。

逆に渋谷は無理な体勢からのシュートが多く、なかなか決定率が上がりません。特にロバート・サクレ選手のブレーキは最後まで影響したでしょうか。

それでも20点差まで開いたスコアは、残り5秒で5点差に。最後まであきらめないプレーで、試合を盛り上げてくれた渋谷でしたが、それ以上に川崎の上手さが目立つ試合でした。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6
名勝負度 5.5
満足度 6
川崎の上手さ度 7

nice!(5)  トラックバック(0) 

RIZIN 2017 in YOKOHAMA [格闘技]

大会:RIZIN 2017 in YOKOHAMA - SAKURA -
場所:横浜アリーナ

IMG_8869.jpg

IMG_8857.jpg

総合格闘技RIZINを現地観戦。1試合ごとにプロモーション映像が流れ、選手の特徴を知れるのはとてもありがたいです。入場時の演出も超ド派手で、エンターテインメント性もバッチリ。しかしお目当ては試合内容。演出が派手な分、試合が地味だった場合「がっかり感」も強調されてしまうんですけどね。

それでは第6試合から一言づつ

第6試合
石井慧 ○判定● ヒース・ヒーリング
グランドの攻防も総合格闘技の醍醐味ですが、この試合では動きの少ない地味な密着戦に。判定勝ちの石井選手でしたがブーイングも。


第7試合
那須川天心 ○TKO● フランチェスコ・ギリオッティ
18歳天心選手の電光石火のKO勝ち。前の試合とのコントラストもありますが、やはり派手な立ち技の攻防は格闘技の華。


第8試合
RENA ○TKO● ドーラ・ペリエシュ
強引に寝技に持ち込まれて、ヒヤっとする場合もあったRENA選手。しかし立ち技での威力は完全に優勢。ボディブローでKO勝ち。


第9試合
堀口恭司 ○判定● 元谷友貴
終始堀口選手優勢で進んだ試合。KOにはならなかったものの、カウンターパンチでテイクダウンを奪うなど、貫禄を見せた上での判定勝ち。


第10試合
アミール・アリアックバリ ○TKO● ジェロニモ・ドス・サントス
ヘビー級の迫力あるファイトを期待していましたが、あっけない幕切れに。ただパウンドでの鈍い衝撃音は生々しかったです。


第11試合
川尻達也 ○判定● アンソニー・バーチャック
アンソニー選手のトリッキーな攻撃も一瞬見られましたが、ほぼ川尻選手がコントロールした展開。最後の最後でラッシュを見せて、メインの役目は果たしてくれました。

大会採点
ハッスル度 5.5
見応え度 6
名勝負度 5.5
満足度 5
試合は地味め度 6.5

nice!(11)  トラックバック(0) 
前の3件 | -