So-net無料ブログ作成

2014年名勝負 ベスト5 [コラム]

今年も残りわずかとなりました。2014年はソチオリンピックから始まり、リトルなでしこの世界制覇、ブラジルワールドカップでの惨敗、錦織選手の大活躍など、スポーツ界はさまざまな出来事がありました。ここでは今年一年を少し振り返ってみたいと思います。

2014年のスポーツ現地観戦は63回でした。
内訳は以下の通り。


サッカー 47回
フットサル 4回
野球 4回
バレーボール 4回
ラグビー 1回
相撲 1回
クライミング 1回
バスケットボール 1回

チケット代 合計12万7444円


ほとんどはサッカー観戦が中心ですが、今年は初観戦のクライミングが印象的でした。競技ごとに会場の雰囲気も特徴があって面白いです。来年もまだ観戦したことのない競技に、ぜひ行ってみたいと思います。

2015年は、サッカーアジアカップ→サッカー女子ワールドカップ→ラグビーワールドカップと、ビッグイベントが目白押しですね。野球では松坂投手の日本球界復帰。Jリーグでは2ステージ制が復活し、はたしてどれだけ注目を集めるか、楽しみにしたいと思います。

それでは2014年の名勝負ベスト5です。


第5位(サッカー)
大会:女子アジアカップ
結果:なでしこ 2-1 中国

ワールドカップ決勝を彷彿させた試合は、瞬間最高視聴率も30%超え。あきらめない「なでしこ」の真骨頂。

試合採点
ハッスル度 7.5
見応え度 7
名勝負度 6.5
満足度 7
劇的度 8



第4位(サッカー)
大会:J1昇格プレーオフ
結果:ジュビロ磐田 1-2 モンテディオ山形

ドーハ級の「ヤマハの悲劇」は、山形にとっては歓喜。しかもゴールキーパーが決めるという、生まれて初めて目にした衝撃のゴールシーン。

試合採点
ハッスル度 7
見応え度 7.5
名勝負度 7
満足度 7
びっくり度 9



第3位(バレーボール)
大会:V・プレミアリーグ 開幕戦
結果:久光製薬 3-2 東レ

実力伯仲の大熱戦。試合後の選手達の涙が激闘を物語る。現地観戦では2014年のナンバーワン。

試合採点
ハッスル度 7
見応え度 7.5
名勝負度 8
満足度 8
実力伯仲度 8



第2位(サッカー)
大会:FIFAワールドカップ
結果:ベルギー 2-1 アメリカ

アメリカが見せたファイティングスピリッツ。日本が目指すべきは、スペインでもドイツでもなく、アメリカのサッカーだ。

試合採点
ハッスル度 7
見応え度 8
名勝負度 7.5
満足度 8
神セーブ度 8



第1位(テニス)
大会:全米オープンテニス 決勝
結果:錦織圭 0-3 マリン・チリッチ

本来であれば準決勝のジョコビッチ戦を上げたいのですが、残念ながらWOWOWが見られず。日本人初の4大大会決勝進出。大偉業を讃えての第1位。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6
名勝負度 6
満足度 6
偉業度 9.5

nice!(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 5

トラックバック 0