So-net無料ブログ作成

「する場所」から「見る場所」へ。スタジアム・アリーナ改革 [コラム]

日本のスタジアムの多くは、スポーツを「見る場所」ではなく「する場所」。かねてからそういう感想を抱いていました。これから作る新国立競技場の基本方針も「アスリートファースト」。この根本的な発想が「観戦者ファースト」へと変わらない限り、「するためのスタジアム」は増えていく一方でしょう。

そんな中、スポーツ庁からスタジアムに関する画期的な指針がリリースされました。それが「スタジアム・アリーナ改革指針」。内容を要約すると、スタジアムやアリーナを、「する場所」から「見る場所」に変えていきましょうと言うこと。

スタジアムの多くは自治体所有のもの。それだけに、国がこのようなビジョンを打ち出したことは非常に画期的。当たり前のことなのですが、当たり前でなかったのが今までの観戦環境なのです。

スポーツ観戦文化という点では、日本はまだまだ後進国のように僕の目には見えます。それを映し出す鏡がスタジアム。東京オリンピック開催で一番期待されるのは、スポーツを「見る文化」の発展なのかもしれません。


歴史も人気もナンバーワンの野球。しかしスタジアムはマイナー級?

野球観戦で気づくことは、視界を遮る障害物の多さ。見やすさより安全を優先されているため、ネットやフェンス越しに試合を見るはめに。座席間が狭いところも多く、窮屈な思いをすることもしばしば。

そんな環境でもプロ野球の動員力は世界的にもトップクラス。しかしその野球人気に甘え、スポーツ界に長年ライバルがいなかったことも、スタジアム環境が変わらなかった要因なのかもしれません。

その中で、広島のマツダスタジアムの登場は、大きな転機となりました。スタジアム自体が観客を呼び、チームを強くすることを証明した野球場。

広島に続けと、楽天、横浜なども「ボールパーク」へと変革の途中。日本ハムも新球場の建設が決まり、より良いスタジムへの意識も高まって来ているようです。テレビで野球を見る時代は終わり、ますますスタジムの重要性が増していく野球界なのです。

Studiam-01.jpg
やはり野球は空の下で見たい。野球の国ならこれくらいのスケールのスタジアムがあっても良いのでは?

Studiam-02.jpg
ネットやフェンスは必要最低限。天然芝も美しいメジャーリーグのスタジアム。



意外と多いサッカー専用スタジアム。新スタジアム構想も続々。

Jリーグで使用するサッカー専用スタジアムは11。ラグビーとの球技専用を含めると30になり、J1クラブ18チーム中12チームが、専用スタジアムを使用していることになります。

トラック付きの陸上競技場とは、見やすさ、臨場感の差は歴然。豊田スタジアムや吹田スタジアムからの眺めは「壮観」の一言です。初めてサッカー観戦する方には、ぜひとも専用スタジアムでの観戦をオススメします。

もちろん課題も多い日本のサッカースタジアム。屋根の重要性は雨天中止になる野球との大きな違い。俯瞰で見るサッカーに対し、高さや傾斜が足りないところもままあります。

しかし最大の問題点はやはりアクセス。せっかく見やすいスタジアムでも、不便さゆえに客足が遠のくのではもったいない。プロ野球スタジアムとの一番の差とも言えるでしょう。

広島、京都、鹿児島などなど、新スタジアム構想も続々。これから作られるスタジアムには、後発の強みを生かし、アクセスの良い「見るためのスタジアム」が出来ることを期待してやみません。

Studiam-07.jpg
チャンピオンズリーグ決勝が行われるのは4つ星以上のスタジアム。日本のスタジアムが格付けされたなら?

Studiam-04.jpg
レアル・マドリードのホームスタジアム。8万人収容の巨大スタジアムが駅から1分。



もっとも遅れを取るのがアリーナ。そのほとんどはただの体育館。

有明アリーナ建設に伴なうすったもんだ。高額な建設費用に多くの反対意見が寄せられたようですが、日本に誇れるようなスポーツアリーナが無いことも知ってもらいたい事実。

BリーグやVリーグが行われる会場すら、そのほとんどは普通の市民体育館。音響設備や大型ビジョンが無いところも多く、「スポーツをする」ためだけの施設がほとんど。チャレンジシステム導入も、それを映し出す画面が無いのが現状なのです。

世界の屋内スポーツを見ていて、一番差を感じるのがアリーナのレベル。パイプ椅子を並べるアリーナ席を見ると、茶色い芝でサッカーをしていた日本リーグを思い出すくらい、時代遅れを感じてしまうのです。

有明アリーナ建設費があれだけ高額になるのは確かに疑問アリ。ただ屋内スポーツの発展には、観戦用のスポーツアリーナは必要不可欠。建設反対を訴えていた人達も、日本と世界との差を知れば、少しは考えが変るかも知れませんよ。

Studiam-05.jpg
デトロイト・ピストンズのホームアリーナ。外観からして日本の体育館とは大きな違い。

Studiam-06.jpg
エンターテインメントとして、映像や演出面でも「見せる」ための設備が揃っています。
(画像はwikipediaより)

スポーツ庁 スタジアム・アリーナ改革指針
http://www.mext.go.jp/sports/b_menu/shingi/008_index/toushin/1379557.htm

nice!(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 9

トラックバック 0