So-net無料ブログ作成
検索選択

なでしこジャパン vs ブラジル [なでしこジャパン]

大会:2017 Tournament of Nations
結果:日本 1-1 ブラジル
場所:テレビ観戦

「勝ちにこだわる」と言いながら、勝ちきれない試合が続きますね。新しい選手を試しながら、結果も求めていく難しさ。鮫島選手のセンターバックなど驚きの起用もありつつ、試行錯誤が続く高倉ジャパン。

佐々木ジャパンと高倉ジャパンの大きな違いは、サイド攻撃の割合。左サイドから崩した籾木選手の得点は、この試合唯一とも言えるサイドからの攻撃。

中島選手も長谷川選手も中央寄りになることが多く、両サイドバックの攻撃参加もほとんど見られません。逆に中央でボールを失い、ブラジルにカウンターをくらう場面もしばしば。

宮間選手、川澄選手と、強力な両サイドがいたこともありますが、サイド攻撃が武器であり、生命線でもあった佐々木ジャパン。中央からの攻撃は、リスクが多く難易度も高い。この攻めるルートの違いが、なかなか勝ちきれない結果に繋がっているようにも思えるのです。

ただ試合的にはゴール前の攻防が多い面白い展開。キーパーとの1対1は「決めてくれよ」って感じですが、ブラジルのゴールも凄かった。あとテレビ映りを良くするため、バックスタンドに観客を集めるのはアメリカならではの演出。日本の関係者にも参考にして欲しいんですけどね。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6.5
名勝負度 6.5
満足度 6
サイド攻撃不足度 7

nice!(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 5

トラックバック 0