So-net無料ブログ作成
格闘技 ブログトップ

RIZIN 2017 in YOKOHAMA [格闘技]

大会:RIZIN 2017 in YOKOHAMA - SAKURA -
場所:横浜アリーナ

IMG_8869.jpg

IMG_8857.jpg

総合格闘技RIZINを現地観戦。1試合ごとにプロモーション映像が流れ、選手の特徴を知れるのはとてもありがたいです。入場時の演出も超ド派手で、エンターテインメント性もバッチリ。しかしお目当ては試合内容。演出が派手な分、試合が地味だった場合「がっかり感」も強調されてしまうんですけどね。

それでは第6試合から一言づつ

第6試合
石井慧 ○判定● ヒース・ヒーリング
グランドの攻防も総合格闘技の醍醐味ですが、この試合では動きの少ない地味な密着戦に。判定勝ちの石井選手でしたがブーイングも。


第7試合
那須川天心 ○TKO● フランチェスコ・ギリオッティ
18歳天心選手の電光石火のKO勝ち。前の試合とのコントラストもありますが、やはり派手な立ち技の攻防は格闘技の華。


第8試合
RENA ○TKO● ドーラ・ペリエシュ
強引に寝技に持ち込まれて、ヒヤっとする場合もあったRENA選手。しかし立ち技での威力は完全に優勢。ボディブローでKO勝ち。


第9試合
堀口恭司 ○判定● 元谷友貴
終始堀口選手優勢で進んだ試合。KOにはならなかったものの、カウンターパンチでテイクダウンを奪うなど、貫禄を見せた上での判定勝ち。


第10試合
アミール・アリアックバリ ○TKO● ジェロニモ・ドス・サントス
ヘビー級の迫力あるファイトを期待していましたが、あっけない幕切れに。ただパウンドでの鈍い衝撃音は生々しかったです。


第11試合
川尻達也 ○判定● アンソニー・バーチャック
アンソニー選手のトリッキーな攻撃も一瞬見られましたが、ほぼ川尻選手がコントロールした展開。最後の最後でラッシュを見せて、メインの役目は果たしてくれました。

大会採点
ハッスル度 5.5
見応え度 6
名勝負度 5.5
満足度 5
試合は地味め度 6.5

nice!(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

関東大学ボクシングリーグ戦 [格闘技]

大会:第69回関東大学ボクシングリーグ戦
結果:駒澤大学 5-4 法政大学
場所:後楽園ホール

関東大学ボクシングリーグ戦の最終戦、後楽園ホールには大勢の観衆が訪れていて、会場内は大学ボクシングならではの活気に溢れていました。1部リーグ、駒澤大学と法政大学との団体戦を現地観戦して来ました。

IMG_8317-1.jpg
後楽園ホールは満員の大盛況。

IMG_8279-2.jpg
9試合行われる団体戦。
激しい打ち合いが多く会場内もヒートアップ。

IMG_8254-3.jpg
学生スポーツらしく、応援合戦にも熱が入っていました。

IMG_8336-4.jpg
ベストバウトは鬼倉選手と森脇選手との一戦。
お互いいつ倒れてもおかしくないほどの激しい名勝負でした。

結果は5-4で駒澤大学の勝利。3ラウンド制ということもあり、序盤から激しい打ち合いの試合が多く見られました。ダウンはほとんど見られませんでしたが、固い試合になることが少ないのが大学ボクシングの面白いところですね。それでも3ラウンドに入るとスタミナ切れになる選手も多く、12ラウンドを戦うプロ選手の凄さも、あらためて実感できるのでした。

試合採点
ハッスル度 7
見応え度 6.5
名勝負度 6.5
満足度 7
活気度 7

nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

プロフェッショナル修斗 舞浜大会 [格闘技]

大会:MOBSTYLES Presents FIGHT & MOSH
場所:舞浜アンフィシアター

プロフェッショナル修斗の舞浜大会を現地観戦してきました。格闘技の試合をライブ観戦する時に感じるのは「音」の凄み。パンチやキックがヒットした時に響くリアルな衝撃音や、セコンドの指示もハッキリ聞こえるなど、テレビでは味わえない臨場感を楽しめます。立ち技で苦戦していても、寝技での逆転劇が見られるのも修斗の魅力ですね。

IMG_3211.jpg

IMG_3260.jpg

第1試合
オニボウズ ○-● 藤田ケオン寿大
立ち技の攻防で、手数に勝る藤田選手が優勢な展開でしたが、後半カウンターパンチをもらいダウン。オニボウズ選手の判定勝ち。


第2試合
美木航 △-△ 青井人
グラウンドの攻防は、上下が激しく入れ替わる消耗戦。判定でも優越付かずドロー決着。


第3試合
土屋大喜 ○-● CORO
お互いに寝技でチャンスがあったものの決めきれず。CORO選手の疲れが見え始めた後半、土屋選手の肩固めが決まり一本勝ち。


第4試合
高橋遼伍 ○-● 内藤太尊
内藤選手の左右スイッチする、変幻自在の攻撃が続いていましたが、残り2分で高橋選手の強烈パンチをくらいダウン。ローブローのマイナスポイントも響き、高橋選手の判定勝ち。


第5試合
ランボー宏輔 ●-○ 前田吉朗
ちびっこ達の大声援を受けていたランボー選手。1Rにはパンチでダウンを奪いますが、前田選手に上手く逃げられ畳み掛けられず。結局のスリーパーで一本取られ逆転負け。今日一番盛り上がった試合でした。


第6試合
宇野薫 ○-● ファン・チョンホ
2R開始早々、宇野選手のスリーパーが決まり一本勝ち。プロデビュー20周年を迎えた宇野選手の、円熟のテクニックはまだまだ健在。


第7試合
斎藤裕 ○-● キム・ミンジェ
試合開始早々、斎藤選手がテイクダウンを奪うと、グラウンドでも終始優勢に進め、落ち着いてスリーパーで一本。この大会唯一の1R決着となりました。


第8試合
松本光史 ○-● 川名雄生
トリッキーな動きを見せる川名選手に対し、落ち着いて構える松本選手。静と動の対決ですが、2Rに川名選手のパンチが決まりテイクダウン。勢いが川名選手へ傾きますが、ここを耐えた松本選手は、3Rにスリーパーが決まり、見事な逆転一本勝ちとなりました。個人的には今日のベストバウト。


第9試合
菅原雅顕 ●-○ 扇久保博正
立ち技からグラウンドへの勝負に持ち込む扇久保選手。「攻める扇久保、守る菅原」この展開が最終5Rまで続き、残り10秒の時点で扇久保選手のフロントスリーパーが決まり一本勝ち。立ち技でも終始優勢と、メインイベントにしては扇久保選手の強さが際立った試合でした。

大会採点
ハッスル度 5.5
見応え度 6
名勝負度 6
満足度 5.5
逆転度 6.5

nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

全日本柔道選手権大会 [格闘技]

大会:平成27年全日本柔道選手権大会
優勝:原沢久喜
場所:日本武道館

日本が世界トップを誇れる数少ない競技の一つ、柔道。外国人選手のコメントで「なぜ日本は次々と強い選手が現れるのか」という言葉を聞いたことがありますが、サッカーでのブラジルに対して抱く思いと同じです。なぜ世界トップでいられるのか、他の競技でもヒントになることがあるはずです。柔道日本一を決める大会。外国の方も多く観戦に訪れていた、全日本柔道選手権大会を現地観戦です。

IMG_7016.jpg

IMG_7063.jpg

それでは四回戦からの感想を一言づつです。

四回戦
高橋和彦 ●-○ 原沢久喜
膠着状態が続くなか、原沢選手の内股が見事に決まり一本。


四回戦
王子谷剛志 ○-● 上田轄麻
組み手争いの消耗戦の中、王子谷選手の出足払が有効。


四回戦
西潟健太 ○-● 石井竜太
1分26秒間お互い技の掛け合いに。最後は西潟選手の合技一本でしたが、これぞ「一本柔道」という試合に大満足。


四回戦
上川大樹 ●-○ 七戸龍
開始12秒、七戸選手の電光石火の大内刈が炸裂。


準決勝
原沢久喜 ○-● 王子谷剛志
王子谷選手の終盤の追い上げ実らず、終始積極的に攻め続けた原沢選手の優勢勝ち。


準決勝
西潟健太 ●-○ 七戸龍
この大会で、一番魅力的に見えた西潟選手の柔道。しかし七戸選手の鋭い小外刈が決まり、準決勝で姿を消しました。


決勝
原沢久喜 ○-● 七戸龍
コンタクトが外れるアクシデントがあった七戸選手は、最後に攻めきれなかったのが悔いが残るでしょうか。原沢選手の返しの小外刈が決まり有効。見事優勝となりました。

大会採点
ハッスル度 6
見応え度 6.5
名勝負度 6
満足度 6
柔よく剛を制す度 5.5

nice!(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

全日本テコンドー選手権大会 [格闘技]

大会:第26回全日本テコンドー選手権大会
場所:国立代々木競技場 第二体育館

僕の知っているテコンドーの知識は、ゲームの「鉄拳」が全てです。ルールすらよく分かっていませんが、足技の格闘技は他にはない華やかさがありますね。一度は見たいと思っていた、全日本テコンドー選手権大会の現地初観戦です。

IMG_5513.jpg

IMG_5502.jpg

それではマッソギ階級別決勝戦の感想を一言ずつ。


男子50kg級
八木英樹 ●-○ 船水健二
軽量級ならではのスピード感が凄いです。


女子51kg級
木村志穂 ○-● 李詩虹
お互い手数が少なく、積極的な攻撃が出せなかった印象。


男子57kg級
竹内純 ●-○ 垣屋龍宏
互角の攻防が続きましたが、垣屋選手の回し蹴りがクリーンヒット。


女子57kg級
アルッガマゲ左諭 ●-○ 田中さやか
終盤の激しい攻防は、見応えありました。


男子64kg級
田中彰 ○-● 姜昇利
延長戦までもつれた熱戦。両選手のかかと落としも切れ味抜群。


男子71kg級
大島実 ●-○ 蘇秉秀
階級が上がってもスピード感は変わらず。正拳の打ち合いも迫力満点。


男子78kg級
黄大勇 ○-● 遠藤裕太
一発一発に重量級の重みが伝わりました。


やはり「回し蹴り」はテコンドーの華ですね。構えや技の見栄えも良く、とても格好良い格闘技に映りました。女性や子供の競技者が多いのも特徴ですね。今度は是非、世界大会も観戦してみたいと思いました。

大会採点
ハッスル度 6
見応え度 6.5
名勝負度 6
満足度 6.5
格好良さ度 7.5

nice!(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

NO KICK NO LIFE 2015 [格闘技]

大会:NO KICK NO LIFE 2015
結果:梅野源治 ○-● ルンラット・ナーラーティクン
場所:大田区総合体育館

キックボクシングの祭典「NO KICK NO LIFE 2015」の現地初観戦です。キックボクシングの特徴に、ヒジ打ち攻撃があります。キックよりも鈍い音が響き、リアルさと凄みが伝わってきます。そして意外にも、クリンチから投げ合うシーンが多く見られました。亀田大毅選手も、キックボクシングなら処分されなかったかもしれませんね。

IMG_5131.jpg

IMG_5203.jpg

それでは第5試合から一言ずつ感想です。


第5試合
宮越宗一郎 ○-● 武田一也
今日の大会初めてのKOパンチは、今日一番のインパクトでした。


第6試合
RENA ○-● エリー・エクストゥム
RENA選手。かわいい顔して相手選手をボコボコにしていました。


第7試合
森井洋介 ○-● デンサイアム・ルークプラバーツ
最終ラウンドのヒジの打ち合いは、見応え十分。


第8試合
一戸総太 ○-● 宮元啓介
個人的には今日のベストバウト。お互い一歩も引かない息詰る攻防。回し蹴りの応酬も会場を沸かせました。


第9試合
松本哉朗 ○-● ノブ ハヤシ
ヘビー級の攻防をもう少し見たかったが、あっけない幕切れに。


第10試合
アンディ・サワー ○-● 田中秀弥
第2ラウンドから勝負をかけてきたサワー選手。見事なハイキック一閃で貫禄勝ち。


第11試合
緑川創 ●-○ ジョイシー・イングラムジム
実力拮抗。互角の攻防が続いていましたが、無念の負傷TKO。


第12試合
梅野源治 ○-● ルンラット・ナーラーティクン
梅野選手の気迫、怒濤の攻撃、凄かったです。ルンラット選手はいつ倒れてもおかしくない展開でした。しかし勝負は最終ラウンドまで着かず。ムエタイ母国の意地を見た思いです。

試合採点
ハッスル度 6.5
見応え度 6
名勝負度 5.5
満足度 6
怒濤度 7

nice!(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
格闘技 ブログトップ