So-net無料ブログ作成
フットサル ブログトップ
前の10件 | -

SAMURAI5 vs アルゼンチン [フットサル]

大会:国際親善試合
結果:日本 2-4 アルゼンチン
場所:大田区総合体育館 観衆2012

IMG_5864.jpg

IMG_5982.jpg

ブルーノ監督といえば、日本のワールドカップ出場を粉砕したベトナム代表の元監督。あのベトナム戦の激闘は強烈な印象に残っていて、ロドリゴ監督とブルーノ監督の采配勝負としても見応え満点。フットサル日本代表のベストバウトとも言える試合だったのですが、その因縁の監督を日本代表に招集するとは。サッカー協会もなかなかやりますよね。

そのブルーノジャパン国内初戦。相手のアルゼンチンは世界チャンピオン。電光石火で先制点を許すと、あれよあれよと4失点。特に3点目は完全に個の力によって崩された失点。森岡選手も1対1でボールを失う場面も見られ、やはり世界の壁は高いなぁとしみじみ実感。

日本もボールは持たせてもらえるのですが、ゴール前に進入することは出来ず。自ずとロングシュートが多くなりがちで、ここから先を個で崩すのか、組織で崩すのかは、ブルーノ監督の腕の見せ所でしょうか。

しかし、カウンターとパワープレーから1点ずつ返せたのは大きな収穫。0-4のまま終わるのとでは、試合後の印象もまったく違いますからね。ブルーノジャパンのデビュー戦としても、まずまずの内容だったのでは?

アルゼンチンとは富山でもう1試合ありますが、もう少し日本代表戦の機会は増やして欲しいところ。世界チャンピオンとマッチメークできることなんて、サッカーではほとんどあり得ないですからね。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6
名勝負度 5.5
満足度 6
一矢報いる度 7

nice!(7) 
共通テーマ:スポーツ

名古屋オーシャンズ vs ペスカドーラ町田 [フットサル]

大会:Fリーグ プレーオフ決勝 第2戦
結果:名古屋オーシャンズ 6-2 ペスカドーラ町田
場所:駒沢屋内球技場 観衆1759

IMG_5569.jpg

IMG_5614.jpg

第1戦の結果から、町田が優勝するには3点差が必要。格上相手に3点を取りに行くリスクをかけた試合では、まぁこういう結果になってしまうのも仕方ないですね。

町田は森岡選手が負傷で万全でなく、イゴール選手も退場処分で試合に出られない大きなハンデ。しかしそれ以上に勝利の女神から見放されたかのようなツキの無さにも苦しめられ、打てども打てどもシュートがポストに弾かれてしまいます。

ただやはり名古屋のディフェンスは鉄壁でした。前線からのプレッシングに加え、ゴール前での粘りの守備。何度も町田にこじ開けられそうになりますが、最後の最後で体を張って得点を許さないのは流石。

そして大きかったルイジーニョ選手の先制点。会場の追い上げムードに火を付けるためにも、どうしても先制点が欲しかったのは町田の方。それを目の覚めるようなゴラッソで粉砕されてしまっては、この時点で勝負アリだったのでしょうね。

「強い名古屋が帰ってきた」。そんな印象を受けたFリーグのファイナル。決勝戦らしく会場を2分する応援合戦で、非常に良い雰囲気にもなっていました。それだけにもっと拮抗した勝負も見たかったのですが、やはり第1戦目の結果が全てでしたね。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6
名勝負度 5
満足度 6
ハンディマッチ度 7

nice!(9) 
共通テーマ:スポーツ

バルドラール浦安 vs エスポラーダ北海道 [フットサル]

大会:Fリーグ 第33節
結果:バルドラール浦安 2-4 エスポラーダ北海道
場所:駒沢屋内球技場 観衆554

IMG_4672.jpg

IMG_4708.jpg

新年明けましておめでとうごさいます。2018年のスポーツ観戦始めはフットサルから。

攻める浦安、守る北海道の構図でしたが、開始6分で北海道が2得点。浦安は不用意なボールの失い方をし、北海道のカウンターの餌食に。流れの中ではなかなかチャンスを作れなかった北海道でしたが、速攻の切れ味は抜群でした。

2点を追いかける浦安は怒涛の攻撃。14分と22分、ともに加藤選手が決め同点。左サイドからの流れもお見事でした。この後も浦安の攻勢は続きましたが、北海道も最後の所で体を張り、決勝点は許しません。

すると北海道は残り2分で、コーナーキックから水上選手がゴールに突き刺し決勝点。水上選手はこのゴールが通過200ゴールのメモリアルだとか。

ポストに2度弾き返されるなど、多くの決定機を決め切れなかった浦安と、少ないチャンスをものにした北海道。決めるべき場面で決められないと、流れが変わってしまうのはどのスポーツでも同じなんですよね。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6
名勝負度 5.5
満足度 6.5
メモリアルゴール度 7

nice!(8) 
共通テーマ:スポーツ

丸岡RUCK vs ユニアオレディース [フットサル]

大会:日本女子フットサルリーグ 第2節
結果:丸岡RUCK 16-0 ユニアオレディース
場所:浦安市総合体育館 観衆220

IMG_3682.jpg

IMG_3713.jpg

街のフットサル場で、男子相手にチンチンにしていた女子を見かけたことがあったのですが、「柔よく剛を制す」とか「牛若丸」とか、小さい者が大きい者に立ち向かう姿は、日本人好みの痛快さがあります。

そんな夢のありそうな「日本女子フットサルリーグ」が今年から開幕。しかし実際に観戦して見ると、やはりと言うか課題もいろいろありそうです。

昨年プレシーズン優勝の丸岡。個でも組織でもユニアオとの実力差は歴然。ほとんどハーフコートゲームになってしまい、シュート数64-5というとんでもないスタッツ。7チームの少数精鋭の立ち上げにもかかわらず、これだけの差が出てしまうのは致し方ないのでしょうか。

確かに丸岡の選手達の技術には驚かされました。特に13番の高尾選手は常に顔が上がっていて視野も広い。良い選手だなと思っていたら、やはり代表選手なんですね。これだけ差を付けられても、最後まで1点を取りに行くユニアオの姿勢も「なでしこ」らしかったです。

ただ16-0というスコアでは、興行として成り立ちません。強いクラブがいることは悪いことではありませんが、リーグ全体のレベルアップは、これから求められてくるでしょう。まぁ数年前の「なでしこリーグ」も似たような状態でしたが、今ではけっこうクラブ間の実力差も縮まって来ましたからね。

試合採点
ハッスル度 4
見応え度 4.5
名勝負度 2
満足度 4.5
これから度 7

nice!(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

バルドラール浦安 vs ペスカドーラ町田 [フットサル]

大会:Fリーグ 第2節
結果:バルドラール浦安 2-2 ペスカドーラ町田
場所:浦安市総合体育館 観衆956

IMG_3805.jpg

IMG_3822.jpg

Fリーグ第2節。試合開始7分で5ファールになるほど激しい序盤戦。一進一退の展開が続きましたが、浦安のミスから森岡選手が抜け出すと、落ち着いて決めて先制。この人にフリーで持たせたら、そりゃあ簡単にやられてしまいますよ。

町田は10分にも金山選手が追加点を決めて2リードで折り返し。浦安は町田の5ファールを生かすことができずもったいない前半。バスケと違ってフットサルの第2PKって、意外と見れる機会は少ない気もします。

浦安は31分に星選手がドリブルで相手を交わすとそのままゴール。町田のプレッシングに苦しめられた浦安でしたが、星選手の個人技で活路を見出すと、流れは一気に浦安へ。

残り3分からパワープレーに出た浦安。何度もパワープレー返しのピンチを招きましたが、残り1秒で加藤選手のシュートが決まり劇的な同点弾。数秒あればゴールが決まるフットサルならではの展開で、やはり最後の最後まで目が離せないのです。

激しい攻防と、劇的な試合展開に満足。ただホーム開幕戦の好カードにもかかわらず、観衆1000人届かないのは残念でしたけどね。

試合採点
ハッスル度 7
見応え度 6.5
名勝負度 6.5
満足度 7
残り1秒度 7

nice!(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ペスカドーラ町田 vs デウソン神戸 [フットサル]

大会:Fリーグ 第1節
結果:ペスカドーラ町田 4-1 デウソン神戸
場所:国立代々木競技場第一体育館 観衆1898

IMG_3601.jpg

IMG_3617.jpg

2017シーズンFリーグ開幕。ホームゲームではチームごとにチアリーダーなどの演出があるのですが、セントラル開催はけっこう地味目。せっかくの開幕戦、Bリーグくらいド派手な演出があってもいいと思うんですけどね。

さて、やっぱりフットサル界の顔は今年も森岡選手。開始1分で先制点を奪うと、攻守で圧倒的な存在感。以前、闘莉王選手が浦和から名古屋に移籍した時に、「勝ち点10以上の価値がある」と言われましたが、森岡選手はそれ以上の価値かも。

これまで町田と神戸の対戦成績はほとんど五分。しかしとてもその力関係には見えなかった今日の試合。森岡選手の町田加入が、両チームに差をつけた要因なのは間違いないでしょう。

神戸は遅攻でも即効でもチャンスを作れず、打つてなしという展開。ただパワープレーでは2回もシュートがポストに弾かれるなど、可能性のあった攻撃。最後の最後で一矢報えたことで、次には繋がりそうな得点にはなりました。

試合採点
ハッスル度 5.5
見応え度 5.5
名勝負度 5
満足度 6
やっぱり森岡度 7

nice!(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

名古屋オーシャンズ vs ペスカドーラ町田 [フットサル]

大会:Fリーグ プレーオフ2nd Round
結果:名古屋オーシャンズ 0-3 ペスカドーラ町田
場所:墨田区総合体育館 観衆1361

IMG_6737.jpg

IMG_6758.jpg

レギュレーションではシーズン上位優先なので、勝つしかない町田と、引き分けでもOKの名古屋の対戦。

試合は序盤から引き締まった好ゲーム。名古屋がシュートを放てば、町田もすぐさまやり返す。一対一の攻防も非常に激しく、両チーム集中した展開が続きました。

この膠着状態を打開したのはやはり森岡選手。自らドリブルで切り込んで、ゴール隅に叩き込んだ豪快すぎるシュート。この得点によって、勝敗は決してしまったのかもしれません。

後半はイゴール選手を中心とした町田の鉄壁の守備。さすがの名古屋も焦りの色が見えるなど、流れは完全に町田へ。名古屋は残り7分からパワープレーを仕掛けましたが、逆にパワープレー返しを食らい万事休す。

完全無欠の絶対王者ついに敗れる。その引導を渡したのが森岡選手というのも、感慨深いものがありますね。

町田はリーグ3位からの下克上のチャンス到来。大阪とのプレーオフファイナルは3日からですが、なんで平日開催なんですかね?

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 7
名勝負度 6
満足度 6.5
絶対王者陥落度 6.5

nice!(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

バルドラール浦安 vs ヴォスクオーレ仙台 [フットサル]

大会:Fリーグ 第27節
結果:バルドラール浦安 4-3 ヴォスクオーレ仙台
場所:浦安市総合体育館 観衆1012

IMG_5750.jpg

IMG_5759.jpg

Fリーグ、7位の浦安と12位仙台との対戦を現地観戦です。

前半は守り合いの展開。10分にセットプレーから浦安が先制しましたが、仙台の体を張ったディフェンスが光りました。その後は追加点を与えずに、後半に望みを繋ぎます。

すると後半開始早々、仙台のカウンターが決まり同点。しかしこの得点によって、試合は一気に打ち合いの展開へと変っていきます。

22分に中島選手、24分に加藤選手がゴールを決めて浦安が突き放すと、仙台の井上選手が2得点で再び同点。攻守の入れ替えがめまぐるしく変る、スリリングな試合展開となりました。

結局、星選手が30分に決めた得点が決勝ゴールとなり、浦安の勝利。星選手は自身の戦列復帰を祝う得点にもなりました。

仙台は残り30秒からのパワープレーでしたが、もう少し早い時間からトライしていたらどうなっていたでしょうか?

いずれにしても白熱した好ゲーム。これだけの熱戦を見せられる両チームなのですから、今の順位は物足りないですよね。

試合採点
ハッスル度 6.5
見応え度 7
名勝負度 6.5
満足度 7
白熱度 6.5

nice!(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

バルドラール浦安 vs シュライカー大阪 [フットサル]

大会:Fリーグ 第25節
結果:バルドラール浦安 5-6 シュライカー大阪
場所:浦安市総合体育館 観衆1113

IMG_5236.jpg

IMG_5216.jpg

無敗で首位を走る大阪。いよいよ名古屋の牙城を崩すクラブが現れるかもしれませんが、それが大阪というのも少し意外。今の大阪の強さを探りに、現地観戦へ行って来ました。

前半はホーム浦安のペース。キーパースローから一気にゴール前へ迫る作戦がハマり、前半だけで3得点。2点目を決めたケニー選手は、フィジカルが強くドリブルも出来る面白い選手ですね。

前半0-3と、浦安に抑え込まれていた大阪でしたが、後半からはエンジン全開。特に点を取りに前へ出た、アルトゥール選手とチアゴ選手のコンビは強烈でした。

後半開始から10分間で、あっという間の逆転劇。勢いに乗った大阪の攻撃は、ちょっと止められそうもありません。4得点と逆転後も、攻撃を緩めずさらに2得点。一気に畳み掛けるところに、大阪の強さを見た気がしました。

浦安もパワープレーから2点を返し、最後まで見せ場を作りましたが1歩及ばず。まさに今の大阪の強さを、証明するような試合を見ることが出来ました。

エンターテインメントとしても十分満足。5-6のスコアの試合なんて、なかなか見られませんからね。

試合採点
ハッスル度 6.5
見応え度 7
名勝負度 6
満足度 7
強烈コンビ度 8

nice!(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ペスカドーラ町田 vs 名古屋オーシャンズ [フットサル]

大会:Fリーグ 第24節
結果:ペスカドーラ町田 2-2 名古屋オーシャンズ
場所:町田市立総合体育館 観衆1966

IMG_5083.jpg

IMG_5089.jpg

Fリーグ、2位と4位の上位対決。新代表監督となったブルーノ・ガルシア監督も視察に訪れていて、ファンの写真撮影にも気さくに応じていました。早く新生ガルシアジャパンの試合も見てみたいものです。

試合は前半8分に森岡選手のゴールが決まり町田が先制。町田での森岡選手のプレーを初めて見たわけですが、スタメンからは外れ、出場時間も限定的。それでも結果を残すあたりはさすがです。

名古屋時代のようなエースとしての役割とは変わるでしょうが、日本代表にも復帰して、まだまだその存在感を見せつけてほしいものです。

逆に名古屋は町田に主導権を握られるなど、昨シーズンまでのような絶対王者としての強さは影を潜めます。終盤にはパワープレーもしかけますが、勝負を決めることはできず。思えば名古屋のパワープレーを見ること自体が珍しいですから。

それでもディフェンスでの激しさはさすが。町田も負けじとバチバチで応戦。両チームとも気持ちが前面に出過ぎた感もありましたが、上位対決らしい激しい好ゲームでした。決着が付けばなお良かったですけどね。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6.5
名勝負度 6.5
満足度 6.5
森岡健在度 6.5

nice!(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - フットサル ブログトップ