So-net無料ブログ作成
検索選択

ペスカドーラ町田 vs 名古屋オーシャンズ [フットサル]

大会:第21回全日本フットサル選手権大会 決勝
結果:ペスカドーラ町田 5-3 名古屋オーシャンズ
場所:国立代々木競技場第一体育館 観衆3604

フットサル界の大きな敗戦直後の大会。ミゲル・ロドリゴ監督の退任も決まり、代表監督の見つめる目の無いことに寂しさも感じますが、ここから新たな4年間のスタートとも言えます。Fリーグ1位と2位の対戦となった、全日本フットサル選手権決勝を現地観戦です。

IMG_0471.jpg

IMG_0532.jpg

大会3連覇中の絶対王者名古屋。しかしこの日の会場の雰囲気は、今日こそ名古屋を破ることを、期待するかのような空気に包まれていました。

そんな会場の期待に応えるかのように、セットプレーから先制点をあげたのは町田。激しい試合の幕開けとなったゴールでしたが、名古屋は慌てることなく2ゴールで逆転。さすがの強さを感じさせましたが、その後は一時も目が離せない、追って追われての白熱の展開に。前半を終えて3-3と、会場内のボルテージもヒートアップして行きました。

名古屋の攻勢を耐える町田でしたが、この試合で素晴らしかったのは攻守の切り替えの早さ。MVPの金山選手を筆頭に、奪われた瞬間から守備に走り、一対一の場面でも体を投げ打ってディフェンスするシーンを多く見られました。この試合をハリルホジッチ監督が見ていたならば、その「強度」に必ずや満足したことでしょう。

後半を過ぎると、内容的にはまったくのイーブン。名古屋は終盤に森岡選手を負傷で欠いたことも痛かったですが、それ以上に町田のハードワークが上回った印象でした。絶対王者撃破も必然の結果。残り5分からの名古屋のパワープレーを守り切り、町田が見事この大会の優勝を飾りました。

フットサルワールドカップ出場を逃してしまった日本代表。これから少なからずの影響は出るのかもしれません。しかし、日本代表とは日常の延長線上にあるもの。この試合のような日常があるならば、必ずや明るい未来を確信できる。そんな素晴らしい決勝戦を見ることができました。

試合採点
ハッスル度 7
見応え度 7.5
名勝負度 7.5
満足度 8
デュエル度 8

nice!(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

SAMURAI5 vs ベトナム [フットサル]

大会:AFCフットサル選手権2016
結果:日本 4-4(PK1-2) ベトナム
場所:テレビ観戦

ワールドカップ出場権を賭けた大一番。直前の親善試合でも世界ベスト4のコロンビアを一蹴するなど、歴代最強の呼び声高い現在のフットサル日本代表。しかしこの「歴代最強」というフレーズの付くチームが、あまり良い成績を出せていない過去があるだけに、アジアのチームを相手にもリスペクトの精神は欠かせませんね。

さて、予選グループでは守りを固める相手に手こずっていた日本でしたが、打って変わってベトナムのアグレッシブさに、面食らった印象を受けました。前線からのプレッシングに、序盤は苦しめられていた日本でしたが、そんな中で生まれた仁部屋選手のループシュート。前半8分という時間から見ても、これで日本ペースの試合になるだろうと予測していたのですが・・・

森岡選手の豪快なフリーキックが決まった1分後、ベトナムもフリーキックですぐさまお返し。点差を離されることなく、粘り強く日本を追いかけてくるベトナム。決してゴール前を固める守備的な戦術ではなく、日本と互角に渡りあってのこの試合展開に、ベトナムの強さを感じました。

勝敗を分けた両チームの決断。我慢して我慢して残り3分でパワープレーを仕掛けてきたベトナム。土壇場で2度追いつくなど、驚異的な粘りを見せます。一方追いつかれた日本は、リスクを取ることはせず「延長」「PK」を選択したように映りました。初のワールドカップ出場を狙うベトナムと、ここで負けるとは誰も思っていない「最強日本」。この差が最後は表れてしまったのかもしれません。

アジア3連覇の野望は断たれてしまいましたが、ワールドカップ出場権のチャンスはまだ残っています。しかし5位決定戦に回る国で、一番敗戦のダメージを受けているのはおそらく日本。いかにメンタルを切り替えられるかが、勝負の分かれ目になるでしょう。ワールドカップの切符だけは死守してもらいたいものです。

試合採点
ハッスル度 6.5
見応え度 7
名勝負度 7
満足度 6.5
ベトナムの歓喜度 10

nice!(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

SAMURAI5 vs コロンビア [フットサル]

大会:国際親善試合
結果:日本 3-2 コロンビア
場所:国立代々木競技場第一体育館 観衆3323

オリンピック出場を決めたサッカー男子代表に続いて、2月からワールドカップ予選を兼ねたアジア選手権に挑むフットサル日本代表。その強化試合の相手は、前回ワールドカップベスト4のコロンビア。テストマッチには絶好の相手との対戦を、現地観戦して来ました。久しぶりのフットサル代表戦ながら、アリーナ席が作られないのはちょっと残念ですね。

IMG_8036.jpg

IMG_8107.jpg

試合開始早々、森岡選手がボールを奪われ失点してしまいます。国内リーグではほとんどボールを失うことのない森岡選手ですが、この辺のリーチの長さや、当たりの強さは国際試合ならではです。

早々に先制を許してしまった日本ですが、その後は落ち着きを取り戻して試合を優位に進めます。再三チャンスを作り出し、前半13分にはフットサルの定番の形、ファー詰めから渡邉選手が同点ゴールを決めました。

後半に入ってもペースは日本。後半4分に森岡選手が見事なターンから勝ち越しゴール。最初の失点に絡んでしまった森岡選手でしたが、その後はコロンビアの当たりをもろともしない強さを見せて、貫禄の2得点でした。これだけの選手が現在フリーなのは信じられません。森岡選手の今後の去就にも注目です。

日本の多彩な攻撃や、清水選手の胸シュートが飛び出すなど、大いに盛り上がった試合でした。しかし残念だったのはコロンビアの出来。長旅の疲れなのか、それとも日本が強かったのか・・・ パワープレーでなんとか一矢報いましたが、とても世界4位の実力は感じられませんでした。第2戦ではコロンビアの巻き返しにも期待です。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6
名勝負度 6
満足度 7
コロンビア度 4.5

nice!(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

バルドラール浦安 vs ヴォスクオーレ仙台 [フットサル]

大会:Fリーグ 第29節
結果:バルドラール浦安 5-0 ヴォスクオーレ仙台
場所:浦安市総合体育館 観衆862

シーズン終盤のFリーグ。8位の浦安と、最下位仙台との対戦ですが、浦安にとってはプレーオフ進出圏内5位との勝ち点差は5。この順位にいること自体が驚きのチームではありますが、まだまだ十分巻き返せる下位対決を、現地観戦して来ました。

IMG_4938.jpg

IMG_4956.jpg

序盤から攻める浦安、守る仙台の構図になっていましたが、この日の浦安は、精度の高いセットプレーからチャンスを作り出していきました。開始2分にキックインの流れから出浦選手が先制点を押し込むと、7分にはコーナーキックから、荒牧選手が目の覚めるボレーシュートを叩き込みます。

フワっとしたコーナーキックを、ボレーで狙うサインプレーは、フットサルではよく見られるプレーですが、この日の浦安は先制点の他にも、このサインプレーで何度も仙台ゴールを脅かしていました。

後半に入っても浦安の攻勢が続きます。後半4分にはワンツーから中島選手がゴールを決め、この試合で初めて流れの中からのゴールが決まりました。この得点で仙台はガックリきたのか、集中力が切れたようなプレーも見られ、立て続けにゴールを許してしまいます。

荒牧選手の豪快な直接フリーキックも決まるなど、浦安の決めた5得点はどれも見事なゴールでした。セットプレー、パスワーク、カウンターなど、全て違う形での得点なことも、今後の試合に繋がりそうですね。バリエーション豊かなゴールシーンは、見ているほうも十分楽しめるものでした。

一方、ほぼ何もさせてもらえなかった仙台。攻撃でもロングシュートを狙うのが精一杯という感じでした。序盤でキーパー村山選手が負傷退場してしまったのは痛かったですが、プレーオフ進出の可能性が残る、浦安とのモチベーションの差も出てしまったような試合でした。

試合採点
ハッスル度 5.5
見応え度 6
名勝負度 4.5
満足度 6
バリエーション度 6.5

nice!(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ヴォスクオーレ仙台 vs 名古屋オーシャンズ [フットサル]

大会:Fリーグ 第13節
結果:ヴォスクオーレ仙台 2-4 名古屋オーシャンズ
場所:ゼビオアリーナ仙台 観衆1326

仙台遠征最後の試合はフットサルです。野球とサッカーが同日に行われることは珍しくありませんが、フットサルまでもが同じ週末に開催された点が、珍しい出来事なわけです。相手は絶対王者の名古屋オーシャンズ 。見逃すわけには行かない一戦です。

IMG_9212.jpg

IMG_9251.jpg

森岡選手の強さや、セルジーニョ選手のテクニックに目を奪われますが、名古屋の強さの秘密はディフェンス力。前線からの激しいプレッシングに、仙台はほとんどボールをつなぐことができません。多くの時間を守備に追われてしまう仙台ですが、スキを見て攻撃を仕掛けようとしても、ハイプレスが襲いかかるという苦しい展開になっていました。

こうなると狙うはカウンター一本。ゴレイロ村山選手のファインセーブでなんとかしのぎつつ、数少ないミスを狙って名古屋ゴールに迫りましたが、得点には至りません。逆に名古屋は慌てることなく、前半6分に中村選手、前半19分に八木選手がゴール。後半12分には仙台の清水選手に1点返されますが、すぐさま1分後に酒井選手が取り返します。

ここ最近、この試合展開によく遭遇しますが、嫌な流れを引き戻せるのが、強いチームの特徴ですね。その後両チームとも1点づつ取り合いますが、名古屋が盤石の強さを見せての完勝でした。

というわけで、今回の仙台遠征は仙台チームの全敗という結果でした。当然、試合観戦がメインの目的なのですが、その土地土地の特徴も楽しみの一つです。仙台には30分圏内に3つのスポーツ会場があり、そのどれもが素晴らしいスタジアムです。全てアクセスが良いことも他にない大きな特徴ですね。

特に今回の最大の目的にしていた「ゼビオアリーナ仙台」は、黒ずくめの最高にカッコいいアリーナでした。陸上競技場や体育館など「スポーツをする」ことをメインとした会場が多いなか、「スポーツを見る」ことに徹底的にこだわった、日本に珍しいタイプのアリーナではないでしょうか。杜の都仙台は、「スポーツの都」とも言えるかもしれませんね。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6.5
名勝負度 5
満足度 6.5
ハイプレス度 7

nice!(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

バルドラール浦安 vs エスポラーダ北海道 [フットサル]

大会:Fリーグ 第11節
結果:バルドラール浦安 1-1 エスポラーダ北海道
場所:浦安市総合体育館 観衆1017

よもやの4連敗など、7位と低迷する浦安が、5位の北海道をホームに迎えての一戦を現地観戦です。開幕戦を観た時は、ここまで浦安が苦戦するとは予想できなかったですけどね。

IMG_8597.jpg

IMG_8591.jpg

浦安が主導権を握る展開が続くものの、なかなかゴール前での崩しには至りません。鋭いロングシュートを放ちますが、代表ゴレイロ、関口選手が立ちはだかります。何度もビッグセーブでゴールを守り、素早いスローイングでカウンターの起点にもなっていました。

北海道は前半13分、速攻から高山選手が押し込み先制。北海道の鋭いカウンターには迫力がありました。一方浦安は後半開始1分、こちらもカウンター一閃で出浦選手がゴール。後半は、めまぐるしく攻守が入れ替わる展開に。ボール際の激しい争いもあり、バチバチ感もヒートアップして行きました。

ホームでの勝利が欲しい浦安は、残り90秒からパワープレー。しかし最後まで北海道ディフェンスを破ることは出来ずに、ドローで幕を閉じました。どちらもゴール前で崩し切ることは出来ませんでしたが、両チームのスピード感あふれる速攻は見応えありました。カウンターの応酬はフットサルの醍醐味ですからね。

試合採点
ハッスル度 5.5
見応え度 6
名勝負度 6
満足度 5.5
速攻度 6.5

nice!(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

湘南ベルマーレ vs バルドラール浦安 [フットサル]

大会:Fリーグ 第1節
結果:湘南ベルマーレ 1-8 バルドラール浦安
場所:国立代々木第一体育館 観衆3007

早いもので、もうFリーグのシーズンがやってきたかと思っていたら、代表活動のため、実際に早い開幕のようですね。そんなわけでセントラルで行われたFリーグ開幕戦、湘南vs浦安戦を現地観戦です。

IMG_7179.jpg

IMG_7191.jpg

序盤は湘南が攻め込む展開が続きましたが、その時間を耐えた浦安は、一気に反撃に出てきます。前半3分に小倉選手の強烈なシュートが決まると、立て続けに得点。湘南は出鼻をくじかれ、序盤の勢いを失ってしまいました。小倉選手はこの日ハットトリックの大活躍。マンオブザマッチにも選ばれていました。

湘南は反撃に出ようと前がかりになりますが、逆にその裏をつかれて失点するという、悪循環に入ってしまいます。一度流れが変われば、どうなるかわからないのがフットサルですが、この日の浦安相手には、打つ手なしといったところでしょうか。4点目が入った時点で、勝負ありといった感じでした。

浦安の良い所ばかりが目立った試合になりました。8点取った攻撃力はもちろん、固い守備も際立っていました。湘南にほとんど決定機を作らせず、終盤のパワープレーでさえ、ロングシュートが精一杯という感じでした。今シーズンも打倒名古屋の一番手として、大いに期待できそうです。

今大会は「音楽とフットボールで、世界をポジティブに」がテーマと言うことで、ナオト・インティライミさんのライブが行われるなど、お得感満載の試合でした。いろいろな企画で、フットサルファンを増やす試みがされているようですね。個人的には、サッカーよりも先に「世界一」になれるのではと思っている競技。今シーズンのFリーグも目が離せません。

試合採点
ハッスル度 5
見応え度 5.5
名勝負度 4
満足度 5
ポジティブ度 6

nice!(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

デウソン神戸 vs 名古屋オーシャンズ [フットサル]

大会:PUMA CUP 2015 決勝
結果:デウソン神戸 1-3 名古屋オーシャンズ
場所:国立代々木競技場第一体育館 観衆3571

20回目の記念大会となった全日本フットサル選手権大会の決勝戦は、初の優勝を目指すデウソン神戸と、大会3連覇を狙う名古屋オーシャンズの対戦となりました。絶対王者の牙城は崩れるでしょうか? 注目の今シーズン最終戦です。

IMG_6027.jpg

IMG_6075.jpg

試合は決勝戦らしく、膠着した状況が続きます。攻める名古屋、守る神戸の図式ですが、決定機は神戸のほうが多かったでしょうか。やはり決める時に決めないと、後々響いてきてしまうものです。

先制したのは名古屋。セルジーニョ選手のドリブル突破からの泥くさいゴール。膠着状態を打ち破るには、個人の力が必要ですね。

均衡が破れてからは試合が一気に動き出します。神戸もすぐさま同点ゴールを奪い、一進一退の展開に。しかしこの状況に終止符を打ったのは、やはりエースの森岡選手でした。

凄いのはボールキープ力。森岡選手にボールを預けると、周りの選手はフォローに行きません。絶対の信頼があるのでしょうね。そしてクイックフェイントからのゴラッソゴール。神戸の勢いを止めるには、十分の一撃でした。

見事3連覇を果たした名古屋オーシャンズ。今シーズンはこれで4冠達成です。まさに絶対王者の名の通り、盤石の強さでした。来シーズンはこの牙城を崩すチームは現れるでしょうか。まだまだ高い壁であることは間違いないようです。

試合採点
ハッスル度 6.5
見応え度 6
名勝負度 6
満足度 7
絶対エース度 8

nice!(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

シュライカー大阪 vs バルドラール浦安 [フットサル]

大会:Fリーグ プレーオフ 2nd Round
結果:シュライカー大阪 2-1 バルドラール浦安
場所:墨田区総合体育館 観衆1242

名古屋オーシャンズへの挑戦権を賭けた一戦は、奇しくも2週間前に観戦したばかりの対戦カードとなりました。前回同様、浦安が上位の力を見せるのか。それとも大阪が5位からの下克上を果たすのか。注目のプレーオフ第2ラウンドです。

IMG_5399.jpg

IMG_5420.jpg

開始6秒での先制点が示す通り、大阪の勢いを感じた序盤でした。前線からの激しいプレスをかけ、浦安はなかなか自由にボールを持たせてもらえません。ゴール前でも体を張り、カウンターで浦安ゴールを脅かします。

試合は大阪ペースで試合は進んでいましたが、前半16分、小宮山選手のドリブル突破からの同点ゴールが決まりました。大阪の集中した守備に、ほとんど連携プレーを封じられていた浦安ですが、やはり個人技での打開がビックチャンスに繋がりますね。

前回の対戦では、浦安のスーパーゴールから試合の勢いを持っていかれた大阪でしたが、この試合は最後まで集中が切れませんでした。残り14秒で決まった決勝ゴールも、試合の流れからは必然だったのかもしれません。

シーズン5位からのファイナル進出を決めた大阪。プレーオフの公平性についていろいろな意見もありますが、決まったルールの上での結果ですからね。それ以上にシーズン中の試合には無い、緊迫感、緊張感は、一発勝負の醍醐味です。

名古屋オーシャンズを倒して初めて下克上達成。ファイナルの戦いにも注目です。

試合採点
ハッスル度 6.5
見応え度 6.5
名勝負度 6
満足度 6
下克上度 7

nice!(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

バルドラール浦安 vs シュライカー大阪 [フットサル]

大会:Fリーグ 第32節
結果:バルドラール浦安 5-3 シュライカー大阪
場所:浦安市総合体育館 観衆1758

早いもので、ホーム最終戦となったバルドラール浦安。プレーオフ進出は決めているものの、最後のホームゲームを勝利で飾りたいところです。一方のシュライカー大阪は、プレーオフ争いのまっただ中。両チームの気持ちのぶつかり合った、白熱したゲームとなりました。

IMG_4917.jpg

IMG_4969.jpg

大阪は、引き分け以上でレーオフ出場権を獲得できるので、序盤からハイプレッシャーで迫っていきました。選手の出足も早く、早々に先制点を取ることに成功します。それ以降も大阪の猛攻は続きますが、浦安のキーパー藤原選手のファインセーブ連発で、追加点を許しません。逆に大阪は、ここで引き離せなかったのが後で響いたでしょうか。

前半8分、浦安の見事なコンビネーションから、星選手の豪快な同点ゴールが突き刺さります。まだ試合の序盤でしたが、このゴールを見た瞬間に、浦安の勝利を予感できました。「チケットを買って見に来た甲斐があった」と思うくらい見事なゴールでした。

ここから流れは一気に浦安ペースに。星選手のテクニック、加藤選手の決定力、十分堪能することができました。

大阪は、3点目を取られて少しがっくり来たのと、序盤のハイペースが響いたのか、徐々にペースダウンしてしまいます。それでも残り1枠のプレーオフ出場権がかかっているので、最後まで粘りの戦いを見せてくれました。残り1節、まだ得失点差でリードしていますが、こちらもどうなるでしょうか。

勝負の余韻とともに、大阪サポーターのサンバのリズムがまだ耳に残っています。

試合採点
ハッスル度 7
見応え度 7.5
名勝負度 6.5
満足度 7
ファインゴール度 7.5

nice!(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ