So-net無料ブログ作成
日本代表 ブログトップ
前の10件 | -

日本 vs ベルギー [日本代表]

大会:国際親善試合
結果:日本 0-1 ベルギー
場所:テレビ観戦

ハリルジャパンのベストゲームといえば8月のオーストラリア戦。3月のUAE戦の内容も良かったですが、共通するのは中盤の逆三角形型。

しかし意外とこのシステムを使わないのですが、この試合では井手口選手と長澤選手をインサイドハーフ起用。前半までは前線からの守備も良くハマリました。強豪相手でも組織的な守備が通用するところは見えましたが、問題はどうやって点を取るか。

ブラジルは別格としても、やはり世界との圧倒的な違いはカウンターの質。もともと決定力不足と言われ続けた日本にとって、少ないチャンスをモノにする確率は低いですよね。

2試合通しての感想は「やれないことはなさそう」。まったく歯が立たなければ、監督交代もあったかもしれないだけに悩ましいところ。選手もファンもマスコミも、ハリルホジッチ監督で腹をくくる時かもしれませんね。

まぁハリルジャパンの最大の問題は「強いか弱いか」ではなく、試合が面白くないことなんですが・・・

試合採点
ハッスル度 5
見応え度 5.5
名勝負度 6
満足度 5.5
カウンターの質 4.5

nice!(7) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs ブラジル [日本代表]

大会:国際親善試合
結果:日本 1-3 ブラジル
場所:テレビ観戦

10回戦って1回勝てるかどうかの相手。ただ前半のサッカーでは100回やっても勝てそうにありませんが、後半のサッカーなら確かに可能性は感じました。

問題は後半のプレッシングを、なぜ頭から出来なかったのか。監督の指示なのか、選手の判断なのかは大いに気になるところ。要は前半、後半のどちらがハリルホジッチ監督のサッカーなのか。

ブラジルが早々に3点取ったことで、ペースダウンしたことは確か。ただ1点返した後に、追加点を与えなかったことは大いに評価できます。南米のチームは失点すると、けっこう本気で取り返しに来ますからね。

いくらブラジルの選手といえど、ハイプレスは嫌なものだし、ミスもします。当然90分間そのサッカーを続けることは不可能なのですが、やはり最初の15分はガツンと行ってもらいたかった。悔やまれる時間での失点でした。

やはりハリルホジッチ監督は、格上向きの監督なのでしょうか。ただ前半と後半では差がありすぎるので、評価は難しいところ。次のベルギー戦を含めての判断になりそうですね。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6
名勝負度 5.5
満足度 5.5
前後半の差度 7

nice!(2) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs ハイチ [日本代表]

大会:キリンチャレンジカップ2017
結果:日本 3-3 ハイチ
場所:日産スタジアム 観衆47420

IMG_0326.jpg

IMG_0365.jpg

早々に2点目が決まったときは、試合として成立するか心配になるくらいでしたが、まさかこんな結末になろうとは。強いんだか弱いんだか分からない相手だと、見るほうも混乱してしまいますよ。

その2得点までは完璧な日本の流れ。前線はポジションチェンジするなど自由なプレーも見られ、ザックジャパン時代を彷彿させるサッカー。そのタクトを振るっていたのが小林選手。ワンタッチパスでリズムも作り、2試合通してアピールに成功。

しかし流れが悪くなった時に、試合をコントロールできる選手は不在でした。1失点してからは、ズルズルとハイチペース。イケイケの時に自由にプレーできるのは当たり前。流れの悪い時こそ、思い切ったプレーを見せて欲しいんですけどね。

アディショナルタイムに同点ゴールが決まるなど、興行的には面白い展開に。ただハイチ相手にこんな試合で良いのかという思いもありますが、いかんせんハイチが強いのか弱いのか分からなかったですよ。

その点11月の海外遠征は紛れもない格上相手。日本は強くなっているのか、弱くなっているのか? ようやくハリルジャパンの現在地を知る時がやってきそうです。

試合採点
ハッスル度 5.5
見応え度 5
名勝負度 5.5
満足度 5
強いんだか弱いんだか度 7

nice!(4) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs ニュージーランド [日本代表]

大会:キリンチャレンジカップ2017
結果:日本 2-1 ニュージーランド
場所:テレビ観戦

今回のマッチメークには疑問の声も多く上がっていましたが、そんな相手になんとか勝てたという試合。日本の不甲斐なさを嘆くべきか、ニュージーランドの奮闘を讃えるべきか・・・

収穫は試合の流れが変ったこと。ハリルジャパンの特徴として「良い時は良い」「悪い時は悪い」と、1試合を通して流れが変ることがあまり無いのですが、この試合では明らかな好転が見られました。

それはもちろん小林選手と乾選手の交代直後から。乾選手のドリブルが、ジョーカー的な役割をするのは以前から分かっていましたが、小林選手が流れを変える大人のプレーを見せたのは、大きな収穫かもしれませんね。

流れを変えただけでなく、そこから得点を奪い、勝ち切れたことも非常に重要。ただ、相手はFIFAランク113位の格下ということを忘れてはいけませんけどね。

選手のサイバイルが激化することには大いに賛成。その中でもゴールキーパーの中村選手は、今からテストしておいたほうが良いと思うのですが。

試合採点
ハッスル度 5.5
見応え度 5
名勝負度 5.5
満足度 5.5
好転度 6.5

nice!(4) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs サウジアラビア [日本代表]

タイトル 日本 vs サウジアラビア

大会:FIFAワールドカップ アジア最終予選
結果:日本 0-1 サウジアラビア
場所:テレビ観戦

前回のオーストラリア戦で、ファンもマスコミもそして選手自身も、ハリルホジッチ監督のやりたいサッカーがハッキリと見えました。

そして早くも壁にぶち当たったハリルホジッチサッカー。22度の気温と高いモチベーションがあれば、90分のハードワークも続けられますが、33度の猛暑では前半だけで精一杯。

明らかに足が止まった後半は、守備にも攻撃にも距離ができてしまいました。ワールドカップ開催地のロシアは涼しい気温が予想されますが、連戦が続くハードスケジュール。「これではもたない」と本田選手が指摘した課題が、早くも表面化することに。

チャンスの形もほとんどがセットプレー。流れの中から崩す形は見られず、最後もパワープレー頼み。いくら強豪でも、1点取ってしまえば引いて守ることも十分予想できること。カウンターだけの攻め手不足も露呈してしまいました。

というわけで、様々な課題が噴出したハリルホジッチ監督の目指すサッカー。良い面が出たオーストラリア戦と、課題が多く出たこの試合を経て、改善してもらいたいもの。縦に早い攻撃と、保持して崩す攻撃は、両立できないものなのですかね?

試合採点
ハッスル度 5.5
見応え度 6
名勝負度 6
満足度 5
これではもたない度 7

nice!(5) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs オーストラリア [日本代表]

大会:FIFAワールドカップ アジア最終予選
結果:日本 2-0 オーストラリア
場所:テレビ観戦

正直不安も感じた浅野選手と井出口選手のスタメン。しかしこの2人の活躍によってこの日の勝利があるわけですから、ハリルホジッチ監督のチャレンジを素直に讃えたいと思います。

高い位置で奪って素早いショートカウンターと、ハリルホジッチサッカーがハッキリ見てとれた試合内容。誰一人さぼることなく戦い抜いた90分。交代選手全員が、万雷の拍手で送られる試合もそうそうないものです。

サッカー的な話では、オーストラリアがパスサッカーをしてくれて本当に助かりました。4年前の日本と真逆のチームスタイルになるのも珍しいですが、日本にとっては、単純なパワープレイのほうが断然怖かったですからね。ケーヒル選手の怖さも半減してくれました。

大迫選手が間に合って良かったし、乾選手も素晴らしかった。とにもかくにもスター選手に頼らない、全員サッカーで掴んだ勝利に価値アリ。気持ちの伝わる試合で感動的でした。ハラハラドキドキのアジア最終予選も、これで見納めというのも少し淋しい気もしますけどね。

試合採点
ハッスル度 7
見応え度 7
名勝負度 7
満足度 8
チャレンジ度 8

nice!(4) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs イラク [日本代表]

大会:FIFAワールドカップ アジア最終予選
結果:日本 1-1 イラク
場所:テレビ観戦

開始8分で先制点が生まれたことで、後は「勝つ」ことに専念した試合展開に。攻撃では攻め急がずに無理はしない。守りでは前線からプレスに行かずしっかりとブロック。

リスクを賭けた攻撃はしないので、当然シュートシーンは少なく、チャンスらしいチャンスも無し。かと言ってイラクの攻撃にも迫力があるわけではないので、なんともつまらない試合。

内容度外視で「勝利」だけを求めたシチュエーション。その場合、結果が出ればなんとか救われるのですが、結果が出ないと目も当てられません。

久保選手も真のエースになるためには、波があるようではダメ。調子が悪いなりのプレーが出来ないと、本田選手を超えられませんよね。

この試合で唯一の収穫となった井手口選手。若手らしからぬ肝の据わりようと、前への推進力は非常に魅力的。後半途中で負傷退場となった時は、嫌な空気が漂ったほどでした。

ただ「勝ち点1」は最低限の結果で最悪ではなし。ロシアへの道はまだまだ開けていますが、試合の面白さという点では最低。ファン離れや視聴率低迷もささやかれている中、サッカーの面白さを伝えるという点でも、日本を代表していることを忘れないで下さいよ。

試合採点
ハッスル度 4
見応え度 4.5
名勝負度 5
満足度 4
内容度外視度 8

nice!(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs シリア [日本代表]

大会:キリンチャレンジカップ2017
結果:日本 1-1 シリア
場所:東京スタジアム 観衆43608

IMG_2897.jpg

IMG_2929.jpg

スタジアムには町田ゼルビアのユニホームを着たサポーターがチラホラ。マスコットのゼルビーも訪れるなど、なぜかと不思議に思っていたら、加藤選手繋がりだったんですね。

その注目の加藤選手はスタメン入りせず、ほとんどベストメンバー的な顔ぶれ。テストしないテストマッチに始めは心配にもなりました。

試合開始早々に香川選手が負傷退場してしまうなど、見どころの少なかった前半。ただ井手口選手の投入をきっかけに、流れは大きく日本に傾きます。

58分に今野選手の同点ゴールが決まると、日本の押せ押せ状態。乾選手の投入もさらに勢いを与え、本田選手のインサイドハーフも面白いアイデア。久保選手と本田選手の共存もテストして欲しかったですが、交代選手が試合を活性化させたことは大きな収穫でした。

それでも勝ち切れなかったことに課題が残りましたし、この先このようなシチュエーションの試合も出てくるでしょう。課題と収穫を得たテストマッチ。ただ興行としては、尻上がりに良くなっていく試合のほうが、盛り上がりますけどね。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6
名勝負度 5.5
満足度 5.5
課題と収穫度 7

nice!(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs タイ [日本代表]

大会:FIFAワールドカップ アジア最終予選
結果:日本 4-0 タイ
場所:テレビ観戦

結果は最高。でも苦しんだ試合でした。

もちろんタイの奮闘も大きかったですが、吉田選手がコメントしていたように、自らのミスからリズムを悪くした部分もあるでしょう。

こういう苦しい試合の中で、流れを変えられる選手がエースになって行くわけですが、ついに頭角を現した久保選手という新戦力。3点目のミドルシュートは、日本の苦しい流れを吹き飛ばす一撃でした。

中田選手、中村選手、本田選手と、日本のエースと言えばトップ下の選手が常でしたが、いよいよ日本にもウイングのエースが誕生か。日本人の価値観を変える存在にもなってもらいたいものです。

4得点とも素晴らしいゴールで、川島選手のPKストップなど、見所満載の試合。ただ相手がタイということで考えると、これだけハラハラさせられたことはやはり課題ですね。

ただ定番だったスターティングメンバーが一新され、レギュラー争いが熾烈になったことは喜ばしいこと。最近の試合では、「スタメン予想」という楽しみが一つ増えていますから。

試合採点
ハッスル度 6.5
見応え度 7
名勝負度 6.5
満足度 6.5
ビッグセーブ度 7

nice!(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs UAE [日本代表]

大会:FIFAワールドカップ アジア最終予選
結果:日本 2-0 UAE
場所:テレビ観戦

久しぶりに強い日本を見れたという印象。アジア予選最大のヤマ場とも言える一戦。ピッチサイズを変えてまで、この試合に賭けてきたUAEを一蹴してしまったわけですから、ちょっとびっくりしたほどです。

その最大の要因はやはりハリルホジッチ監督の采配。川島選手や今野選手の先発起用もズバリでしたが、4-3-3へのシステム変更が功を奏した形となりました。

前線3枚がしっかりと役目を果たし、特に久保選手や大迫選手は海外での好調そのままの活躍。中盤はプレスバックで相手を挟んでボールを奪い、距離感も良いのでセカンドボールもこぼれて来ます。

戦術変更が見事ハマった形になったわけですが、実はアギーレジャパン時代のサッカーだったりもするんですけどね。いずれにしても、この試合で一番結果を残したのがハリルホジッチ監督なのは間違いないところ。

日本の下降曲線が加速し始めたのは、アジアカップでUAEに敗れたあたりから。その意味では因縁のUAEに完勝したことで、長く続いた下降トレンドの転換点を期待させてくれる試合内容でした。

試合採点
ハッスル度 6.5
見応え度 7
名勝負度 6
満足度 7
転換点度 7

nice!(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - 日本代表 ブログトップ