So-net無料ブログ作成
検索選択
なでしこジャパン ブログトップ
前の10件 | -

U-16なでしこ vs U-16韓国 [なでしこジャパン]

大会:AFC U-16女子選手権タイ2017 準決勝
結果:U-16日本 1-1(PK2-4) U-16韓国
場所:テレビ観戦

プレッシャーの激しい北朝鮮戦を経験したことで、韓国相手にだいぶパスも回せるようになりました。ただパスをすることが「第一選択肢」になっているのは、どの世代も一緒。パスと分かっているパスと、シュートと見せかけてのパスでは、相手の怖さは全然違うもの。

そんな中で、シュート打つ気マンマンの田中選手の投入は、チームを活性化させました。日本らしいパスサッカーは、それはそれで面白いですけど、やっぱり16歳以下の年代。こういうイキの良い選手のプレー、見たいですよね。

中2日での過密日程。楠瀬監督のターンオーバーには全面的に賛成ですが、ただゴールキーパーだけは安定が求められるポジション。結果的にそこの采配が裏目に出てしまったでしょうか。交代カードを一枚残したのも消化不良気味。

そんなわけでワールドカップを賭けた戦いはもう1試合続くことに。こういうガチガチに緊張するような試合こそ「経験」になり、この逆境を乗り越えれば大きな「成長」にも繋がるでしょう。リトルなでしこたちの奮闘に期待。

あとABBA(アバ)方式のPKは初めて見ました。この方式のほうが先攻後攻の有利不利が少ないようなのですが、最近のFIFAはいろいろあっさりと変えてしまってちょっと心配。松木さんも知らなかったみたい。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6
名勝負度 6.5
満足度 5.5
初ABBA度 7

nice!(4) 

なでしこジャパン vs アメリカ [なでしこジャパン]

大会:2017 Tournament of Nations
結果:日本 0-3 アメリカ
場所:テレビ観戦

実況アナウンサーが「現在」と「良い時代」の違いを尋ねるやりとりがありましたが、解説の永里さんの答えは「技術は今の選手のほうがあるが、経験が足りない」という旨。

確かに一見上手いように見える今の選手達。しかしその技術は「本物か?」と思う場面もたびたび目にします。例えばファーストタッチ。オーストラリアやアメリカの選手が、ファーストタッチで日本ディフェンダーを置き去りにしたのに対し、一歩目で相手に囲まれてしまう日本。

櫨選手の決定機のように、ファーストッタッチ次第でシュートまで行けるわけで。その辺の技術は日本にあるようで無い。アメリカは無いようであるんですよね。

「弱い相手に上手くても、相手のレベルが上がると技術を発揮できない。それは技術があるとは言えない」。と解説者の川勝さんの言葉で聞いたことがありますが、今の日本はそんな感じ。

プレッシャーの中で、どれだけ技術を発揮できるか。こういう強い相手と経験することはもちろん、やっぱり普段の「なでしこリーグ」の中でどれだけハードにやれるか。上位グループから完全に脱落した今、テクニック重視の選手選考も考え直す必要があるのかも。

試合採点
ハッスル度 4
見応え度 5
名勝負度 5
満足度 4.5
ファーストタッチ度 5

nice!(5) 

なでしこジャパン vs オーストラリア [なでしこジャパン]

大会:2017 Tournament of Nations
結果:日本 2-4 オーストラリア
場所:テレビ観戦

ブラジルやアメリカよりも、注目だったオーストラリア戦。成長著しいアジアのライバルに対して、日本の現在地を測れる絶好の相手。ただ選手や監督にその意識があったのかは不明。少なくとも今日のスタメンをテストするならば、ブラジル戦のほうだったと思いますけどね。

日本が高さやパワー、スピードで対抗出来る国など一つもないわけで。だからこそパスワークや組織力が日本の生命線。しかし、その組織的なサッカーを海外のチームにやられてしまっては、これだけの差を付けられるのはある種当然。

プレッシングが厳しいのであれば、玉離れを早くする、ボールスピードを早くする。そういった改善が一向に見られないのが残念。試合の中での「修正力」。ワールドカップ優勝メンバーとの、大きな違いのように見えるのです。

つい2年前まで完勝していた相手に、あっという間に追い抜かれたショッキングな敗戦。オーストラリアが進化しているのに対して、日本は退化してるようにすら見えてしまうほど。

まだまだ「我慢」の時期なのは間違いないですが、開花する兆しが見られないのは辛いもの。浦和レッズならサポーターに問いつめられ、ハリルホジッチ監督なら進退問題に発展するくらい内容の悪い試合。そういう「厳しい目」が少なくなっているのも、高倉ジャパンが伸び悩んでいる要因なのかも。

試合採点
ハッスル度 4
見応え度 4.5
名勝負度 4.5
満足度 4
修正力度 4

nice!(6)  トラックバック(0) 

なでしこジャパン vs ブラジル [なでしこジャパン]

大会:2017 Tournament of Nations
結果:日本 1-1 ブラジル
場所:テレビ観戦

「勝ちにこだわる」と言いながら、勝ちきれない試合が続きますね。新しい選手を試しながら、結果も求めていく難しさ。鮫島選手のセンターバックなど驚きの起用もありつつ、試行錯誤が続く高倉ジャパン。

佐々木ジャパンと高倉ジャパンの大きな違いは、サイド攻撃の割合。左サイドから崩した籾木選手の得点は、この試合唯一とも言えるサイドからの攻撃。

中島選手も長谷川選手も中央寄りになることが多く、両サイドバックの攻撃参加もほとんど見られません。逆に中央でボールを失い、ブラジルにカウンターをくらう場面もしばしば。

宮間選手、川澄選手と、強力な両サイドがいたこともありますが、サイド攻撃が武器であり、生命線でもあった佐々木ジャパン。中央からの攻撃は、リスクが多く難易度も高い。この攻めるルートの違いが、なかなか勝ちきれない結果に繋がっているようにも思えるのです。

ただ試合的にはゴール前の攻防が多い面白い展開。キーパーとの1対1は「決めてくれよ」って感じですが、ブラジルのゴールも凄かった。あとテレビ映りを良くするため、バックスタンドに観客を集めるのはアメリカならではの演出。日本の関係者にも参考にして欲しいんですけどね。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6.5
名勝負度 6.5
満足度 6
サイド攻撃不足度 7

nice!(5)  トラックバック(0) 

なでしこ vs ベルギー [なでしこジャパン]

大会:国際親善試合
結果:なでしこ 1-1 ベルギー
場所:テレビ観戦

3バックの新システムをテスト。一歩間違うと5バックになりかねない布陣ですが、両ウィングバックの中島選手と杉田選手の位置は高く、それなりに機能していた前半でした。

阪口選手が落として横山選手がシュート。惜しくもクロスバーに弾かれましたが、良い攻撃の形も何回か見られた序盤。それだけに前半のうちに得点したかったですが、ベルギーも序所に対応するようになり、スコアレスで折り返し。

日本は後半に入ると4バックへとシステム変更。テストするなら1試合通してやりきって欲しかったのですが、高倉監督の目にはこの3バックがどう映ったかは非常に気になるところ。前半だけで引っ込めたところを見ると、あまり納得していないのでしょうか?

ただ、前半と後半どちら良かったと言えば間違いなく前半。菅澤選手のゴールが決まりましたが、相手のミスによるもの。やっぱり横山選手が抜けてしまうと、途端にゴールの匂いがしなくなってしまうんですよね。

格下ベルギーになんとか引き分けたという試合。幸い今年は対外試合も多いですし、今は色々なテストを含めて、経験を重ねていくしかないのかもしれません。課題はやっぱり攻撃の形をもっと見せて欲しい。

試合採点
ハッスル度 5
見応え度 5.5
名勝負度 6
満足度 5
新布陣機能度 6

nice!(7)  トラックバック(0) 

なでしこ vs オランダ [なでしこジャパン]

大会:国際親善試合
結果:なでしこ 1-0 オランダ
場所:テレビ観戦

やはりシーズン前のアルガルベカップの時とは違い、コンディションが上がればこれだけやれるんですよね。

前回対戦時に散々苦しめられた右サイドの選手には、鮫島選手と中島選手2人で対応。ベンチワークも含めて、オランダ対策もばっちりハマりました。

ただ攻撃面では物足りなさも残ります。横山選手のスーパーゴールが生まれましたが、これは完全に横山選手の「個」によるもの。チームで崩す形はなかなか見られず、得点の匂いも感じられません。

横山選手がいなくても得点が取れるような、組織力アップは今後の課題。それにしても高倉ジャパンは、横山選手にだいぶ助けられていますね。

いずれにしてもこのチームで、オランダに勝ち切れたことはけっこう大きい。テレビ解説でもあったように、勝ち癖を付ける意味でも大事ですし、FIFAランクを落とさないことも重要なのです。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6.5
名勝負度 6.5
満足度 6.5
横山様々度 7

nice!(7)  トラックバック(0) 

なでしこ vs コスタリカ [なでしこジャパン]

大会:キリンチャレンジカップ 2017
結果:なでしこ 3-0 コスタリカ
場所:熊本県民総合運動公園陸上競技場 観衆8824

IMG_8702.jpg

IMG_8724.jpg

3-0という快勝スコアでしたが、田中選手の2点目が入るまでは、けっこうヤキモキさせられた試合でした。

高倉ジャパン国内初戦の緊張感もあったようですが、パスが引っかかったり、ボールを奪いきれなかったたり、外国人選手特有のパワーやスピードに、アジャストするのに時間がかかったこともあるでしょう。

国際試合では毎回見られる光景ですが、やはり日頃からこのレベルを体感しておきたいところ。なでしこリーグの外国人選手を増やしたり、海外組も増やす必要もあるのかもしれません。

2点目以降はのびのびとプレーする選手たち。力を出せれば、これくらいやれる能力を持っているチームなので、いかにプレッシャーの中でそれを出せるか。その意味では前半にゴールを決めた横山選手は、頭一つ抜け出した感があります。

「全国区」の選手がいない中で、8000人以上動員したことは大健闘。会場には子供達も多くいて、優しい雰囲気だった熊本のファン。その中で快勝を見せてくれたことが何よりでしたが、澤選手、宮間選手のような、全国区の選手も早くでてきてほしいですね。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6.5
名勝負度 5
満足度 6.5
復興支援度 7

nice!(10)  トラックバック(0) 

なでしこ vs オランダ [なでしこジャパン]

大会:FPFアルガルベカップ 2017
結果:なでしこ 2-3 オランダ
場所:テレビ観戦

「終わり悪ければ全て悪し」になりそうな最後の失点でしたが、前掛かりのスキを突かれることはよくある事。それよりも一人少ないオランダを、仕留めきれなかった攻撃面に問題があるように映りました。

シュートを打ち切れない、クロスを上げきれない、セットプレーもやり切れない。なんとも消極的な攻撃で、フラストレーションが溜まる展開。籾木選手のクロスがオウンゴールを誘発したように、やらないことには何も起こらないですからね。

そんな中でも横山選手の積極性は、他の選手も見習ってほしいくらい。長谷川選手や中村選手の活躍が、少ないながらも今大会での収穫と言えるでしょうか。

アメリカなど強豪国のいない中での6位。3年後の東京オリンピックで、メダルを取れるチームにはとても見えない現在の日本。もちろん「のびしろ」は十分見込めるチームではありますが、それでも3年間では短すぎるというのが今の印象。

そして、チーム強化と同時に進めてもらいたい人気回復。そのためにはこのような試合をしていては、ファンは離れていくばかり。2011年のなでしこジャパンが、なぜ「愛されるチーム」だったか。そのことにも今一度、振り返ってもらいたいものです。

試合採点
ハッスル度 5.5
見応え度 6
名勝負度 6
満足度 4.5
アチャー度 7

nice!(9)  トラックバック(0) 

なでしこ vs ノルウェー [なでしこジャパン]

大会:FPFアルガルベカップ 2017
結果:なでしこ 2-0 ノルウェー
場所:テレビ観戦

3戦とも大幅にスタメンを入れ替えて、ポジションや組み合わせを試行錯誤している高倉監督。ただシーズン前に怪我人が続出しているのは気になるところ。岩渕選手もベンチ入りしておらず、怪我明けの選手を招集するチームマネジメントには疑問もあります。

試合は横山選手の2ゴールにより勝利。横山選手の活躍は今や驚くことではなく、なでしこリーグを見ている人にしたら当然という感覚でしょう。間違いなく現在の国内ナンバーワンストライカー。今シーズンは海外移籍も期待していたのですが。

もう一人活躍を見せたのがキーパー池田選手。解説のノリさんも再三評価していましたが、足元の上手いキーパーは安心感をもたらします。バックパスの度にヒヤヒヤするようなキーパーでは、ディフェンダーの選択肢も減ってしまいますからね。

ただ試合内容としてはスコアほど圧倒したわけではく、実力的にノルウェーとイーブンの印象。一対一の局面では潰される場面もあり、スペインのような激しいプレスに合えば、また苦戦してしまうでしょう。

技術や組織力が日本のウリなのは間違いないですが、いかんせん小さい選手が多い今の代表。怪我人が多い理由も少なからず関係しているはず。外国人選手の当たりに負けないような、大型の選手は出てこないものですかね?

試合採点
ハッスル度 5.5
見応え度 5.5
名勝負度 6
満足度 5.5
試行錯誤度 6

nice!(8)  トラックバック(0) 

なでしこ vs スペイン [なでしこジャパン]

大会:FPFアルガルベカップ 2017
結果:なでしこ 1-2 スペイン
場所:テレビ観戦

シーズン前ということを加味しても、あまりにひどかった試合内容。まぁアルガルベの初戦は、毎回低調な内容が多いのですが、それにしてもこれほど何も出来ないとは・・・。

スペインのプレッシングを怖がってしまい、バックパスの連続。失点シーンも後ろ向きな姿勢が招いた結果でした。逆に日本がやらないといけないプレッシングは、「ステイ」するので当然ボールは奪えず。

2011年、なでしこジャパンの何が凄かったかと言えば「ボール奪取」。もちろん澤選手という特別な存在がいたわけですが、組織的な守備こそ日本の真骨頂。今ではスペインにまでお株を奪われた形になってしまいました。

テクニックのある選手が多い今の代表ですが、こういう苦しい試合になった時こそ、泥臭いプレーが出来る選手が必要。宇津木選手投入後は少し変りましたが、まだまだ誰が引っ張るのかも見えて来ない現状です。

結果を求める時期では無いとはいえ、高倉ジャパンの3連敗は内容が悪すぎる。残りの試合内容によっては解任論も浮上するレベル。良かった点は長谷川選手のアシストと、ノリさんの解説が分かりやすかったことくらい。

試合採点
ハッスル度 4
見応え度 4
名勝負度 4.5
満足度 4
後ろ向き度 7

nice!(9)  トラックバック(0) 
前の10件 | - なでしこジャパン ブログトップ