So-net無料ブログ作成
Jリーグ ブログトップ
前の10件 | -

FC東京 vs 浦和レッズ [Jリーグ]

大会:JリーグD1 第1節
結果:FC東京 1-1 浦和レッズ
場所:味の素スタジアム 観衆35951

IMG_8195.jpg

IMG_8212.jpg

FC東京と浦和の対戦と聞いて、期待するのは派手な打ち合い。開幕戦にピッタリの好カードなのですが、その内容は予想に反して渋い試合になってしまいました。

浦和優勢の展開で進むものの、ゴール前での攻防はほとんど見られず。この辺りは長谷川新監督の守備の色が出ているのかもしれませんが、なかなかシュートシーンが見られないのは辛いもの。

後半開始早々にお互い1点づつ取り合いますが、その後はまたも膠着状況。アディショナルタイムに入っても、両チームに「ドローでオッケー」という空気が見え隠れ。長いシーズンの1試合としてはアリなのですが、4万人近く入った開幕ゲームとしては残念な内容でした。

浦和の新加入マルティノス選手。キックの精度はあまり期待できそうもありませんが、1対1で相手と対峙した時は期待大。純粋なウイングタイプの選手で、左右出来ることも大きな武器になりそうです。

東京はやっぱりJ1デビューの久保選手。72分からの出場でシュートは1本。特に終了間際はドリブルからそのまま打って欲しかった。ファンが何を期待しているのかを感じ取ることも、スター選手の条件ですからね。

試合採点
ハッスル度 5
見応え度 4.5
名勝負度 5
満足度 4.5
期待に応えて欲しい度 7

nice!(8) 

川崎フロンターレ vs セレッソ大阪 [Jリーグ]

大会:FUJI XEROX SUPER CUP 2018
結果:川崎フロンターレ 2-3 セレッソ大阪
場所:埼玉スタジアム2002 観衆41803

IMG_7622.jpg

IMG_7648.jpg

ルヴァンカップ決勝と同じカード。その時の結果もC大阪の勝利でしたが、内容では川崎が圧倒。しかしこの試合は、内容でもC大阪が川崎を上回るという展開。大型補強の川崎有利の見方が多かっただけに、C大阪の完成度にはちょっと驚きでした。

C大阪躍動の起点になっていた山口選手。技ありのゴールで先制点まで叩き出す活躍。チャンスの場面でゴール前に入ってくるプレーや、サイドチェンジなどの展開力。代表では物足りなく映っていた部分なのですが、こういうプレーが増えてくれば鬼に金棒ですね。

清武選手の活躍も日本代表にはうれしい材料。フリーキッカー不在が問題になっている昨今。人に合わせる精度では、日本ナンバーワンではないでしょうか。怪我だけは気をつけて欲しいですけど。

交代で入った高木選手の活躍など、選手が変わっても流れが変わらなかったC大阪。一方の川崎は選手交代ごとにトーンダウン気味。チームカラーの差もありますが、選手がフィットするのに時間がかかりそうなのが川崎。

大久保選手が一矢報いましたが、ゴール前で崩すような川崎らしいプレーがほとんど見られなかったのはちょっと心配。大型補強に成功し、リーグもACLもかかる期待はナンバーワン。勝負弱いチームに逆戻りされてしまっては困りますよ。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6.5
名勝負度 6
満足度 6.5
交代機能度 6.5

nice!(9) 

ジェフユナイテッド千葉 vs 柏レイソル [Jリーグ]

大会:第23回 ちばぎんカップ
結果:ジェフユナイテッド千葉 1-4 柏レイソル
場所:フクダ電子アリーナ 観衆14947

IMG_7096.jpg

IMG_7164.jpg

いよいよサッカーシーズン到来。ただ柏はACLで一足先に開幕していて既に実戦モード。一方の千葉は足をつる選手も続出し、トップコンディションにはこれからといった様子。両チームの仕上がりの差が、大きく結果に現れてしまったでしょうか。

しかし前半は一進一退の展開でイーブン。千葉は今年もハイラインで、オフサイドも良く取れていました。新加入のキーパーロドリゲス選手、西川選手並のフィード力でスタジアムをどよめかせる場面も。後半には自力の差を見せられましたが、一矢報いたことは収穫になるでしょう。

圧巻だったのは柏の伊東選手。代表にも呼ばれたことで泊も付いた様子。時折中央寄りのポジショニングでチャンスを作り、何より「個」で右サイドを崩せるのは柏にとって大きな武器。ワールドカップイヤー、大注目の選手ですね。

柏にとっては順調なスタート。ACLへの期待もかかりますが、キーになりそうなのが下平監督の采配。浦和や鹿島の選手層でさえ、リーグとACLの両立は苦戦しています。どれだけ伊東選手やクリスティアーノ選手を温存出来るか。下平監督のチームマネジメントにも注目です。

試合採点
ハッスル度 5.5
見応え度 6
名勝負度 5
満足度 6
仕上がりの差度 7

nice!(11) 

浦和レッズ vs 横浜F・マリノス [Jリーグ]

大会:JリーグD1 第34節
結果:浦和レッズ 0-1 横浜F・マリノス
場所:埼玉スタジアム2002 観衆41618

IMG_2938.jpg

IMG_2959.jpg

ACL決勝での熱狂とは比べるまでもありませんが、何もかかっていない最終戦というのも寂しいものがありますね。

浦和は上海上港やアルヒラルなど格上を相手にした時は、堀監督のサッカーがハマりました。槙野選手がセンターバックとして覚醒し、少ないチャンスをラファエル・シルバ選手が決める。

しかしJリーグでは一転、浦和がイニシアチブを握り、相手が守りを固めてくる展開。そうなったときに崩せなくなってしまったのが堀サッカーの課題。幸いクラブワールドカップの相手は、格上なんですけどね。

前田選手のゴールを守りきった横浜FMの勝利。横浜FMは5位、浦和は7位フィニッシュと、ともにクラブの規模からしたら物足りない結果。

浦和や鹿島でも、ACLとの共存は難しいもの。浦和はACLを取ったことで、この順位でも許されていますが、本来であれば優勝争いしなくてはいけない予算規模ナンバー1クラブ。

ACLに出場出来ない来シーズンは、堀監督の真価も問われるシーズンになりそう。その前にクラブワールドカップでの活躍も期待したいのですが、ちょっと心配にもなってしまった最終戦の内容でした。

試合採点
ハッスル度 5
見応え度 4.5
名勝負度 5.5
満足度 5
壮行試合度 6

nice!(8) 

名古屋グランパス vs ジェフユナイテッド千葉 [Jリーグ]

大会:J1昇格プレーオフ 準決勝
結果:名古屋グランパス 4-2 ジェフユナイテッド千葉
場所:パロマ瑞穂スタジアム 観衆18350

IMG_2371.jpg

IMG_2442.jpg

ACL決勝の余韻も残っていますが、J1昇格プレーオフを見に名古屋へ。相性の悪い千葉が相手ということで、名古屋の戦い方にも注目でした。

前半は一進一退の展開でしたが、アディショナルタイムに千葉が先制。名古屋はゴール前で細かく繋ぐところなど、風間サッカーも浸透してきた様子。ただ同点ゴール、逆転ゴールの起点は、ロングボールからだったといのも面白いところ。

川崎時代と違い、シモビッチ選手という圧倒的な高さがあるのも強み。それにしても頭に合わしたボールを胸トラップしてしまうんですから、規格外の高さですね。

そんなシモビッチ選手の活躍もあり、名古屋が4得点で決勝進出。千葉はハンドの判定を見逃されたり、キーパーのミスも響くなど、運にも見放された試合になってしまいました。

名古屋には相性が良くても、プレーオフの相性の悪さが上回ってしまったのでしょうか。しかし、試合後のサポーターの労う様子からは、来シーズンへの手ごたえも感じたエスナイデルサッカーだったのでは。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6.5
名勝負度 6
満足度 6.5
要VAR度 7

nice!(4) 

浦和レッズ vs アルヒラル [Jリーグ]

大会:AFCチャンピオンズリーグ2017 決勝 第2戦
結果:浦和レッズ 1-0 アルヒラル
場所:埼玉スタジアム2002 観衆57727

IMG_1693.jpg

IMG_1826.jpg

最初から最後まで、冷静には見られませんでしたよね。やっぱり強かったアルヒラル。中東のチームとはとても思えない組織力で、守備力も攻撃力も抜群。チーム力では間違いなく浦和を上回っていたでしょう。

だからこそ、浦和は今もてる力を全て出し切りました。強いチームが必ずしも勝つとは限らないのがサッカーの面白さ。日本を良く知ってるいるラモン・ディアス監督の唯一の誤算は、埼玉スタジアムのパワーを知らなかったことではないでしょうか。

浦和と言えば、柏木選手でも槙野選手でもなくサポーター。これほどの後押しがあれば、奮い立たない選手なんていないはず。圧巻だったコレオグラフィー。デザインしてる人、凄すぎでしょ!

0-0でも浦和の優勝でしたが、それでは歓喜の度合いもだいぶ違ったはず。それだけにラファエル・シルバ選手のゴールは、クオリティも時間帯もまさにパーフェクト。狂喜乱舞だったスタジアム。昨年の悔しさも、この日のためにあったのでしょうね。

本当に幸せな90分間を見せてくれた、浦和の選手たちに感謝です。

最後にこの試合が地上波放送されなかったことにはやはり残念。サッカーファンならBSだろうがCSだろうが、この試合を見たことでしょう。問題はいかにサッカーに興味の無い人達にも見てもらうか。そのために地上波放送は必要なのです。「日本のスポーツ文化の発展」。その意味でも、今回の対応は重ね重ね残念でした。

試合採点
ハッスル度 10
見応え度 7
名勝負度 7
満足度 10
サポーターの力度 10

nice!(9) 

アルヒラル vs 浦和レッズ [Jリーグ]

大会:AFCチャンピオンズリーグ2017 決勝 第1戦
結果:アルヒラル 1-1 浦和レッズ
場所:テレビ観戦

西アジアの情報は少ないし、勝手に準決勝が山場だと思っていたものですから、アルヒラルの強さにはぶったまげましたよ。

浦和はアウェーの戦い方を選択し、7分で先制点を取れたことも輪をかけて守備的になった要因。それでもアルヒラルは攻撃は圧巻で、特にサイドチェンジの精度には驚かされました。浦和の左サイドはザル状態に。

西川選手がいなければ、大量失点しててもおかしくない怒濤の攻撃。レフリーが良く見てくれたことも幸いでしたが、1失点で済んだことが不思議なくらいの内容でした。

それでも後半は立て直し、宇賀神選手を狙われたサイドもケア。普段はクールに見える柏木選手の闘志も、ビンビン伝わってきました。試合終了時には倒れ込むほど走り切った浦和の選手達。アウェーで最高の結果を持ち帰ることに成功です。

アルヒラルが強いことは良くわかり、俄然セカンドレグの注目度もアップ。こういう相手を倒してこそ、アジア王者の価値も上がるもの。阿部選手の言うように「勝ったほうが王者」というシチュエーションも最高。まさに舞台は整いまいした。

アウェーでは耐えた分、やはりホームでは「これぞ浦和」という戦いを見せて欲しいですね。Jリーグ代表であり、東アジアの代表でもあるわけですから。2017年スポーツ界最大の大一番。それを地上波中継しないなんて正気ですか?

試合採点
ハッスル度 6.5
見応え度 6
名勝負度 5
満足度 6.5
ヒヤヒヤ度 10

nice!(9) 

セレッソ大阪 vs 川崎フロンターレ [Jリーグ]

大会:JリーグYBCルヴァンカップ 決勝
結果:セレッソ大阪 2-0 川崎フロンターレ
場所:埼玉スタジアム2002 観衆53452

IMG_0720.jpg

IMG_0779.jpg

ルヴァンカップ決勝恒例のコレオ合戦など、最高の期待感に包まれる試合前。ただなかなかその期待を上回る試合をお目にかかれないのも毎年恒例。延長PK戦や固い試合が多くなってしまうのも、決勝戦ならではでしょうか。

そんな中、開始1分で決めた杉本選手のゴール。川崎のミスを突いたものではあるものの、「動く試合」が見られそうな、期待を抱かせてくれる先制点になりました。

その後は攻める川崎、守るC大阪の構図。ポゼッションでもほぼ7-3と、明らかに「強そう」に見えるのは川崎。しかしC大阪の守備は集中力抜群。サイドは崩されるものの、最後のところで弾き返します。

ただ守りきっただけでなく、カウンターでもチャンスを作り、ソウザ選手の追加点がこの勝利の価値を上げました。清武選手や柿谷選手でも走るサッカー。ユン・ジョンファン監督のサッカーが、実を結んだ形ですね。

序盤の予測に反して「動く試合」にならなかっかのは、川崎によるところ。ボール支配率の割にビッグチャンスは少なく、大一番で得点が取れないのも勝負弱いと言われる要因。

ハリルホジッチ監督の、「ポゼッション不要論」が加速しそうな試合内容。川崎にはパスサッカーの雄として、かかる期待は大きいんですけどね。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6.5
名勝負度 6
満足度 6.5
初タイトル対決度 7

nice!(8) 

浦和レッズ vs 上海上港 [Jリーグ]

大会:AFCチャンピオンズリーグ2017 ラウンド4
結果:浦和レッズ 1-0 上海上港
場所:埼玉スタジアム2002 観衆44357

IMG_0480.jpg

IMG_0499.jpg

日本代表戦よりも、日本サッカーにとって重要な試合。もちろん選手もサポーターも気合十分。一挙手一投足に声援が響き、これだけ肩に力が入って試合を見たのも久しぶりかも。

浦和はファートチャンスをモノに出来たのが大きかった。ただ1点返されれば延長突入なので、その後も選手達に抜かりはありません。このへんは、去年のチャンピオンシップの苦い経験も生きているのでしょうね。

とにかくこの試合は、選手達がしっかり自分の仕事をやり切りました。槙野選手も遠藤選手も攻撃は自重して守備に専念。特に槙野選手はほとんど「フッキ専用」に。1対1でもパーフェクトな対応を見せてくれました。

上海の選手も焦りの色が見え、ドロップボールをドリブルし始めた場面。もちろんルール的には問題ないのですが、「これで勝てた」と確信も持てました。サッカーの神様はちゃんと見ていますからね。

欲を言えば、もう少しホームらしいサッカーも見せて欲しかったですが、ACLだけは結果が全て。10年ぶりの決勝進出に、日本代表として誇りに思います。

さて決勝戦。2ndレグが埼スタと日程も有利。その前にチケット争奪戦にも勝たないといけませんね。

試合採点
ハッスル度 7
見応え度 6.5
名勝負度 5.5
満足度 7
どっと疲れた度 10

nice!(6) 

ザスパクサツ群馬 vs 横浜FC [Jリーグ]

大会:JリーグD2 第35節
結果:ザスパクサツ群馬 1-1 横浜FC
場所:正田醤油スタジアム群馬 観衆6647

IMG_9904.jpg

IMG_9908.jpg

降格争い真っ只中の群馬ですが、思っていたより面白いサッカーをしていてちょっとビックリ。前半はサイドを起点に鋭いカウンターも見せ、先制点をアシストした松下選手の矢のようなクロスも見事でした。

しかし、後半に入ると5バックで自陣に引きこもってしまう残念な展開。残り10分ならわからなくもないですが、ほとんどの時間が防戦一方に。やはり時折ジャブくらいは打たないと、守るだけでは厳しいですよね。

74分に同点ゴールを決められたのは、なるべくしてなった印象。ただその後も横浜の猛攻を耐え抜いていたのを見ると、群馬にとっては貴重な勝ち点1となったでしょうか。

横浜FCといえばやっぱりカズ選手。この日は出番がありませんでしたが、ウォーミングアップするだけで場内がざわつくスターっぷり。恐らく全盛期を知らないであろう子供達にまで人気なのが凄いところ。ここまでのスター選手、次に出て来るのはいつになることやら。

試合採点
ハッスル度 5.5
見応え度 5.5
名勝負度 5
満足度 5.5
カズ目当て度 7

nice!(5) 
前の10件 | - Jリーグ ブログトップ