So-net無料ブログ作成
検索選択
パラスポーツ ブログトップ

車椅子バスケ日本代表 vs アフガニスタン [パラスポーツ]

大会:IWBFアジアオセアニアチャンピオンシップ千葉
結果:日本 91-12 アフガニスタン
場所:千葉ポートアリーナ 観衆1012

車椅子バスケットボールのアジアオセアニア大会を初観戦して来ました。この大会は千葉で開催されているのですが、妙にアジアンチックな雰囲気が流れるなか、会場の壁面には、車椅子バスケマンガの定番「リアル」の壁画も大々的に飾られていました。

IMG_3790.jpg

IMG_3864.jpg

車椅子バスケを初めて見てまず驚いたのが、バチバチのぶつかり合いです。車椅子の衝突音が会場内響き渡り、特にボールの無いところでのポジション争いが熾烈です。初めて見る者にとっては、車椅子ごと転倒してしまう接触プレーにドキッとしてしまうのですが、恐らく選手にとってはこれが普通のプレーなのでしょうね。

試合立ち上がりから、日本はこのコンタクトプレーで相手を完全ブロック。アフガニスタンは自陣から抜け出すことすら出来ず、やみくもなロングシュートを打つことしか出来ませんでした。第1Q終了で24-2の大差。相手の力関係も分からない中での初観戦でしたが、開始2分を見た時点で日本との実力差は歴然でした。

日本はアウトとインを上手く使い、着実に得点を重ねます。直前に行われていたタイ中国戦と比べて、ほとんどシュートミスが無いことにも驚きます。打てば入る多彩なシュートに、華麗な車椅子コントロールと見応え十分。特に縦横無尽にコートを走り回っていた、藤本選手の圧巻ぶりは抜きん出ていました。

結局試合は日本が攻め続け、91-12での完勝。リオパラリンピックの予選にもなっている大会なので、日本はグループリーグ3連勝と順調な勝ち上がりとなりました。車椅子バスケならではの、激しさやテクニックを存分に楽しむことができましたが、今度はもっとレベルの高い相手との、バチバチの試合も見てみたと思いました。この大会は17日まで続き、入場無料で観戦できます。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6.5
名勝負度 4
満足度 6.5
鉄壁度 8

nice!(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ブラサカJAPAN vs インド [パラスポーツ]

大会:IBSAブラインドサッカー アジア選手権2015
結果:日本 5-0 インド
場所:国立代々木競技場フットサルコート

リオデジャネイロパラリンピックへの出場権は2枠。もう一つも負けられない、苦しい戦いが続いているブラサカJAPANですが、なんとかリオへの切符を手にいれて欲しいものです。とは言うものの、これがブラインドサッカー初観戦。この大会はスカパーで放送されているので、しっかりルールなど、予習してからの現地観戦です。

IMG_1723.jpg

IMG_1772.jpg

タイムアウトや累積ファールなど、サッカーよりもフットサルのほうが近いのかもしれません。サイドフェンスがあるのも特徴ですが、このフェンスの使い方も、戦術としても大きな役割を持っているようです。

そしてブラインドサッカーの最大のポイントは「音」。ボールの音や、監督の指示を頼りにプレーするため、応援はもちろん、ヘリコプターが飛んでも試合中断になるほど、静寂が大前提となります。後方から絶えず指示を出しているゴールキーパーの役割も、サッカー以上に重要かもしれません。

日本はセットプレーからの得点を皮切りに、着実に点数を積み上げていきました。特に後半14分に決めた、川村選手のドリブルからのゴールは見事でした。相手選手を軽くかわすドリブルや、隅を狙ったシュートなどを見ていると、ついつい目隠しされていることを忘れてしまうほど、一つ一つのプレーが驚きの連続です。

結局日本は5得点を重ね、リオへの切符は、最終節へ望みをつなぐことになりました。初めてのブラインドサッカー観戦でしたが、まるでゴルフやテニス会場のように静寂の中、食い入るように選手のプレーを見つめ、得点が入れば一転喜びを爆発させます。その緩急のある会場の雰囲気は、スポーツ観戦の理想的なあり方ではないでしょうか。

それにしても、静寂に集中すればするほど、東京の騒音が耳に入ってくるものですね。

試合採点
ハッスル度 6.5
見応え度 7
名勝負度 5.5
満足度 7
驚き度 8

nice!(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
パラスポーツ ブログトップ