So-net無料ブログ作成
検索選択

ケーズデンキスタジアム水戸 [スタジアム]

名称:水戸市立競技場
種類:陸上競技場
収容:12,000人

水戸ホーリーホックのホームスタジアム。2009年に改修工事が行われ、屋根の付いた立派なメインスタンドになりました。大型ビジョンも美しく、設備も清潔。しかしゴール裏は芝生席で、傾斜も緩いのが残念。J1基準のキャパシティをクリアしておらず、昇格するにはさらなる改修も必要。2016年からは陸上トラックがホーリーホックカラーになり、さわやかさもアップしました。赤塚駅からバスで15分、水戸駅からもシャトルバスが出ています。

IMG_6836.jpg

IMG_6875.jpg

会場採点
見やすさ度 5
臨場感度 5
快適度 5.5
アクセス度 4.5
キャパ不足度 7

nice!(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

U-20日本 vs U-20南アフリカ [日本代表]

大会:FIFA U-20ワールドカップ
結果:U-20日本 2-1 U-20南アフリカ
場所:テレビ観戦

10年ぶりのU-20ワールドカップ。日本経済には「失われた10年」なんて言葉もありますが、サッカー界でも世界を経験出来ずにいた損失は大きかった。この1試合を見ただけでもそんな事を感じてしまうのです。

やはり序盤は南アフリカ選手の身体能力に圧倒されてしまう日本。一瞬のスピードや、長い足が伸びてくる感覚は、日本国内では経験できないことなのでしょう。開始7分で先制点を決められ、リオ五輪のナイジェリア戦を思い起こす嫌な展開。

しかし選手達はここでバタバタすることはありませんでした。南アフリカのスピードにも慣れてくると、徐々に日本ペースに。小川選手、久保選手、堂安選手と役者がしっかりと得点に絡み、幸先の良い逆転勝利。決めるべき選手が初戦で結果を残せたことで、この後の試合にも期待が持てそうです。

確かにタレント的には面白そうな今回のU-20代表。しかしサッカーの質で度肝を抜かされた、2013年のU-17代表ほどのインパクトは感じられず。これからレベルの上がる相手に、個でも組織でも、びっくりするようなプレーを見せて欲しいです。まぁ久保選手のファーストプレーには驚かされましたが。

試合採点
ハッスル度 6.5
見応え度 6.5
名勝負度 6
満足度 6.5
インパクト度 6

nice!(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

INAC神戸レオネッサ vs 日テレ・ベレーザ [なでしこリーグ]

大会:なでしこリーグ1部 第9節
結果:INAC神戸レオネッサ 1-0 日テレ・ベレーザ
場所:ノエビアスタジアム神戸 観衆2596

IMG_0615.jpg

IMG_0627.jpg

INACにとって3冠奪取という目標以上に、ベレーザに勝つことが至上命題。なにせ4年間勝てていない相手なのですから、選手達はもちろん、スタジアムの空気も「今日こそは」という悲壮感が漂っていました。

松田監督は高瀬選手をなんとサイドバックで起用する奇策。おそらく長谷川選手対策だと思われますが、この采配が見事的中。ベレーザのストロングである左サイドをほとんど機能させませんでした。

中央でボールを奪われ、ピンチを招く悪癖はこの試合でも度々見られるのですが、やはり気迫の部分ではINACが上回ったこの試合。退場処分で10人になりながらも、粘りの守備で京川選手のPKの1点を守りきりました。

INACらしくない泥臭い勝利でも、あれだけ気持ちを見せられたらグッとくるものもありました。リーグ戦を面白くするという意味でも大きな勝利。それでもベレーザの実力が、頭一つ抜けだしているのは間違いないですけどね。

試合採点
ハッスル度 6.5
見応え度 7
名勝負度 6
満足度 7
泥臭さ度 7

nice!(5)  トラックバック(0)