So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

浦和レッズ vs ベガルタ仙台 [Jリーグ]

大会:天皇杯 決勝
結果:浦和レッズ 1-0 ベガルタ仙台
場所:埼玉スタジアム2002 観衆50978

IMG_6846.jpg

IMG_E6834.jpg

天皇杯決勝。浦和のホーム、埼玉スタジアムでの開催ですが、一応中立地という設定ですので、いつもの浦和の音楽や映像演出などは一切なし。無音の中でのウォーミングアップ風景も、不思議な感じがしました。

良い試合の入りをしたのは仙台の方。ピッチを広く使い、セカンドボールもことごとく拾えるアグレッシブな展開。相性の悪い浦和に対しても、初タイトルへの意気込みが伝わる序盤の仙台。

しかし試合の流れに関係なく、一発で試合を決められるのがセットプレーの怖さ。オリヴェイラ監督になってから、スローインも含めて多くのチャンスを作り出せている浦和の武器。13分にコーナーキックのこぼれ球を、宇賀神選手が豪快に合わせたゴラッソな先制点。

その一方で、セットプレー以外ではなかなか得点の匂いが感じられない浦和。かつての鹿島を彷彿させる、オリヴェイラ監督らしい勝負に徹する試合運び。それでも人気ナンバーワンクラブの浦和には、攻撃面でも魅せてくれることを、来シーズンは期待したいですけどね。

仙台の反撃も及ばず、浦和が虎の子の1点を守りきり逃げ切りに成功。実に決勝戦っぽい試合ではありましたが、宇賀神選手のスーパーゴールが花を添えてくれました。

来年の天皇杯から、聖地国立での決勝開催が復活。おそらく最後になるであろう、埼玉スタジアムでの優勝チームが、浦和になったことはハッピーエンド。最終的にはACLを戦えるだけの、体力のあるクラブが出揃ったこともなによりでした。

試合採点
ハッスル度 5.5
見応え度 5.5
名勝負度 5
満足度 5.5
逃げ切り度 6.5

nice!(13) 
共通テーマ:スポーツ

バルドラール浦安 vs 名古屋オーシャンズ [フットサル]

大会:FリーグD1 第26戦
結果:バルドラール浦安 2-4 名古屋オーシャンズ
場所:浦安市総合体育館 観衆1029

IMG_E6705.jpg

IMG_6718.jpg

今シーズン未だ無敗の名古屋に土をつけるためには、やはり先制点の行方は大きなポイント。そのわりに開始3分であっさりと名古屋に得点を許してしまうあたりが、現在の両チームの順位に表れているように思うのです。

名古屋の厳しいプレッシングに苦しめられ、自陣のハーフコートから抜け出せない浦安。時折あるカウンターのチャンスにも、攻撃に人数がかけられず、単発で終わってしまう苦しい展開。

そんな中でロングシュートに活路を見出そうとする浦安。16分には加藤選手の豪快なミドルシュートが決まり、防戦一方だった試合展開に、勇気を与える得点。その後は浦安にも勢いが生まれ、一進一退の攻防に。

しかし、そういう相手のペースになりかけた時間で、勢いを止める得点を決めるのはさすが名古屋。セットプレーから立て続けに2得点を奪い、試合を決めてしまうあたりは横綱相撲の試合運びでした。

浦安もパワープレーから1点を返しますが、反撃もここまで。得点差のある中でのパワープレーも、もっと積極的な攻撃を見せて欲しかったですけどね。首位名古屋を迎えてのビッグマッチにも、観衆1029人と物足りない数字。アリナー席の半減や、演出面での縮小も気になった浦安のホームゲームでした。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6
名勝負度 5
満足度 6
横綱相撲度 7

nice!(12) 
共通テーマ:スポーツ

横浜FC vs 東京ヴェルディ [Jリーグ]

大会:J1参入プレーオフ 2回戦
結果:横浜FC 0-1 東京ヴェルディ
場所:ニッパツ三ツ沢球技場 観衆12625

IMG_6622.jpg

IMG_E6644.jpg

J1昇格プレーオフ2回戦。当然1回戦をチェックしていたであろう横浜は、大宮よりもアグレッシブな試合の入り。両チームともに攻守の切り替えも早く、球際ではバチバチの攻防。しかしゴール前に迫るシーンは少なく、一発勝負にありがちな固い試合展開になってしまいます。

こういうテンションの高い試合では小競り合いも多くなり、笛が多く試合が中断することもしばしば。こうなると見る方も集中しにくくなってしまい、この辺りのゲームコントロールも、審判にはリードしてもらいたいところ。

後半からレアンドロ選手、ドウグラス選手を投入して、ギアアップして来た東京V。しかしそれほどのビッグチャンスは作ることが出来ずに時間が経過。30分を過ぎるとさすがに横浜も時間を使い出しますが、時間稼ぎは1点取られた瞬間に、ブーメランとして自分に返ってくるんですけどね。

中断が影響しアディショナルタイムは7分。96分のコーナーキックから、キーパー上福元選手がヘディングシュート。そのこぼれ球をドウグラス選手が押し込み劇的決勝ゴール。注目の集まる試合での凡戦は、Jリーグでよく目にする光景。この試合でも、盛り上がりの少なかった試合展開を吹き飛ばす意味でも、起死回生のゴールを見せてくれました。

劇的ゴールで勢いに乗る東京Vと、悲劇のオウンゴールでプレーオフ行きになった磐田の対戦は見もの。現状では勢いに乗る東京Vの有利に見えますが、本来なら磐田の勝点41は、残留争いする数字ではないんですけどね。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 5
名勝負度 5.5
満足度 5.5
ブーメラン度 6.5

nice!(12) 
共通テーマ:スポーツ
前の3件 | -