So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

なでしこジャパン vs オランダ [なでしこジャパン]

大会:FIFA女子ワールドカップフランス2019
結果:日本 1-2 オランダ
場所:テレビ観戦

4年前、ベスト16の相手がオランダに決まり、「ラッキー」と思った記憶がありますが、今回はとてもそう思えないほど両国の力関係は逆転。そんな相手をリスペクトする形で、慎重な試合の入りの日本。ここに来てようやく守備でも「組織力」が見られるようになり、連動してオランダのパスコースを封鎖。ロングボールを入れるしかないオランダの攻撃は怖さを感じず。

しかし、17分にコーナーキックから失点。それでも日本は慌てることなく、ゴールキーパーから繋ぐサッカーを展開。見ている側はヒヤヒヤしましたが、20分に岩渕選手→長谷川選手→菅澤選手と流れる攻撃。43分には杉田選手→菅澤選手→岩渕選手→長谷川選手と、複数人が絡む連携で同点。ようやく高倉監督の目指す、「コンビネーションで崩す得点」を見ることが出来ました。

後半に入っても日本ペースでしたが、交代カードで先手を打つのはオランダ。右サイドに投入したベーレンスタイン選手の突破によって、最後のPKにも繋がることに。一方の日本は籾木選手の投入こそ功を奏しましたが、カード1枚を残し、後手に回った感は否めず。選手達は素晴らしいプレーを見せてくれましたが、ベンチワークで勝たせることが出来ないのは、男子も含めて日本サッカーの課題のように思えるのです。

しかしながら、優勝する以外、必ずどこかで負けるのがワールドカップ。その大会の終わり方、負け方としては悪くはなかった日本。ベスト16ながら、「美しく散った」とも言えるでしょう。

しかし「よく頑張った。次はオリンピックだ」と、すぐには切り替えずに、これまでの高倉ジャパンの検証は必ずしてもらいたい。この3年間、格上相手には一度も勝てていないのですから、ベスト16という成績は妥当と言えば妥当。負けるべくして負けたとも言えるのです。

側から見れば、ツッコミどころ満載だった3年間。大会直前までチーム作りを行わず、選手選考重視。その時間をかけて選んだ選手が、多くの怪我人と初招集選手。ベレーザからは9人の選手が選ばれましたが、やってるサッカーはベレーザとは別物。高倉監督は信念を持って行っているでしょうが、結果が出なかった以上は「失敗」と言わざるをえません。

これだけ矛盾だらけの高倉ジャパンが3年間続いていたのは、ひとえに「求める声」の少なさが要因のように感じます。森保男子代表監督に対するプレッシャーとは比べるまでもなく、佐々木前監督よりも厳しい目が向けられることがなくなってしまった現在のなでしこジャパン。

注目度(人気)と強さが比例する関係にあるのはこのためですが、あまりに少なくなってしまった高倉ジャパンへの「疑問」。なぜチーム作りをしてこなかったのか? なぜリーグ得点王を選ばなかったのか? なぜ選手任せのサッカーなのか? それもこれも大会が始まってから噴出しても手遅れなのです。

求められるのは「日常」からの声。それは日本代表だけではなく、なでしこリーグにも向けられるべき。なぜ欧米の外国人選手が一人もいないのか? なぜ海外挑戦する選手が減っているのか? これで本当に世界と戦えるのか?

ワールドカップ「1勝」という結果は、変わるチャンスでもあり決断するチャンス。高倉監督の言う「チームは短期間で変われる」ならば、今からの監督交代でもオリンピックまでは時間は十分。高倉ジャパンの3年間とは何だったのか? 協会にはしっかりとした検証をお願いしたい。

試合採点
ハッスル度 7
見応え度 7
名勝負度 6.5
満足度 6.5
要検証度 10

nice!(8) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs エクアドル [日本代表]

大会:コパ・アメリカ2019
結果:日本 1-1 エクアドル
場所:ネット観戦

勝った方が決勝トーナメント進出のエクアドル戦。キリンチャレンジカップだったら恐れるに足らない相手だと思いますが、これが南米選手権という本気の舞台。こういう試合をどれだけ積み重ねるかが、本当の「経験」だと思いますよね。

日本は15分。岡崎選手の飛び出しから、こぼれ球を中島が豪快に決めて先制。一度はオフサイド判定になりましたが、VARによって認めらる形に。岡崎選手は相手ディフェンスとのギリギリの駆け引きを、何度も繰り返している選手。その何ミリレベルの駆け引きによって、幻のゴールも多かったはず。それをしっかりと判定できるようになることは、VARの利点でもあります。

しかし、35分にはエクアドルが同点ゴール。川島選手も一度はスーパーセーブで止めましたが、こぼれ球を押し込まれてしまう形。

ボール保持率、決定機の数もほぼ互角の展開。65分以降は、上田選手、安部選手、前田選手と、攻撃的な選手を次々に投入し、前線を厚くする日本。上田選手や前田選手の素晴らしい動き出しから、決定的な場面を作りだしましたが、決め切ることは出来ず。両選手ともに、ファーストタッチが足元に入ってしまい、苦しい体勢からのシュートに。シュートの精度を上げる前に、ワントラップ目の精度で勝負は決まってしまいますからね。

この試合で気になったのは中島選手のポジショニング。試合が進むにつれて、中央に位置する時間が多くなり、サイドを使えない窮屈な展開に。中村俊輔選手にしろ香川選手にしろ、サイドにいられず中に入って来てしまうのは、日本の悪しき伝統。その点でサイドで推進力を発揮していた中島選手までもそうなってしまうのは、焦りからなのか、余裕の無さからなのか。

いずれにしろ、今まで通り冷静にプレー出来れば勝てた試合だっただけに、チームとしての若さも見えてしまった感は否めず。3戦通して良い内容もありましたが、結果は勝ち点2止まりで、いまだ南米選手権未勝利。これが日本の現状とも言えるでしょう。

それでも今後に期待を持たせてくれた選手も大勢見られました。久保選手や三好選手はもちろん、冨安選手や植田選手の活躍にも目を見張りました。その中でも一番驚かされたのは柴崎選手。クラブで出場機会を失って心配されていましたが、このパフォーマンスを続けてくれれば、向こう4年間日本のボランチは安泰。これからの日本代表を牽引して行って欲しい選手なのです。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6
名勝負度 6
満足度 6
課題と収穫度 7

nice!(13) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs ウルグアイ [日本代表]

大会:コパ・アメリカ2019
結果:日本 2-2 ウルグアイ
場所:ネット観戦

2018年のスポーツの中で、個人的に面白かった試合ベスト5に入るのが、キリンチャレンジカップのウルグアイ戦。中島・南野・堂安選手が躍動し、「新BIG3」のネーミングまでついた記憶に新しい一戦。その試合に引けを取らないどころか、それ以上の面白い試合を見せてくれた今日のウルグアイ戦。

前線は岡崎選手をワントップに、中島・安倍・三好選手と並ぶ三枚。この三人の躍動感は、「新BIG3」に負けず劣らず、さしずめ「新・新BIG3」と呼びたくなるほどワクワクするプレーを披露。その中でも中島選手の推進力は、ウルグアイディフェンスですら手を焼くほどの痛快さ。

25分の先制点は、柴崎選手の素晴らしいサイドチェンジから、三好選手がドリブルで持ち込みそのまま豪快シュート。中央にも2枚しっかり入っていたことで、組織で崩したと言っていいパーフェクトなゴール。

59分には左サイドの突破から、こぼれ球を三好選手が再び押し込みゴール。VARでの不可解なPK判定で同点にされた後も、気落ちすることなく攻め続け、カバーニ選手の決定的なシュートを、川島選手がスーパーセーブで止めたことで生まれた2得点。

チリ戦からの好調ぶりも目立つ柴崎選手に加え、岡崎選手も「らしい」プレーが随所に見られ、ベテラン選手達の存在感も十分に発揮。若い選手の躍動感と、ベテラン選手の安定感が見事にマッチした日本。本気のウルグアイを相手にこれだけの試合が出来たのも、納得のチーム力なのでした。

しかし70分以降はさすがに消耗し、防戦一方の展開。久保選手を早く使って欲しいのもありましたが、それでも逆転ゴールは許さずドロー決着。コパ・アメリカという「大会」という意味でも、決勝トーナメント進出も見えてくる、大きな勝ち点1を獲得。

毎回これだけ好ゲームになるのは、やはり相手のウルグアイによるところも大きいように思います。ある程度日本にボールを持たせ、鋭いカウンターで点を取るウルグアイのスタイルが、日本のサッカースタイルとも相性が良く、お互いの良さが引き立つサッカーになるのかもしれませんね。

試合採点
ハッスル度 7
見応え度 7.5
名勝負度 7
満足度 7
噛み合う度 7

nice!(14) 
共通テーマ:スポーツ
前の3件 | -