So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

日本 vs オマーン [日本代表]

大会:AFCアジアカップUAE2019
結果:日本 1-0 オマーン
場所:テレビ観戦

散々な評価だった初戦のトルクメニスタン戦。そこから多少の持ち直しも見せたオマーン戦。特に前半は南野選手が再三の決定機を作りだし、初戦からの復調ぶりをアピール。まぁ後は「決めてくださいよ」という感じですが。

裏狙いのロングボールも功を奏し、セットプレーにも工夫が見られました。特にファーサイドへのコーナーキックから原口選手のダイレクトボレーは、「これぞアジアカップ」という懐かしいプレー。解説の中山さんもコメントしていましたが、中村選手から名波選手のボレーシュートは、思い出しましたよね。

しかし、時間の経過とともに失速気味。前半終了間際には判定に助けられる決定機まで作られました。

後半のサッカーについてオマーンのピム監督が、「日本にまんまとゲームを殺された」とコメント。実に的確で面白い表現。試合の中で上手く行かなくなったとしても、ゲームをコントロールして1-0でも勝ち切る。こういうサッカーが出来るようになった日本の成長を感じますが、得点も失点もしそうにない試合ほど、つまらないものはないのです。

試合後のコメントを聞いていても、選手達自身が納得していないようなのがなにより。もし中島選手がいたら、きっと「楽しみたい」と言っているはず。大会に入ってすっかり影を潜めてしまった、森保ジャパンの代名詞「楽しいサッカー」。この先でそんな試合が一つでも見られればよいのですが。

試合採点
ハッスル度 5
見応え度 4.5
名勝負度 5
満足度 4.5
ラッキー度 7

nice!(8) 
共通テーマ:スポーツ

瀬戸内高等学校 vs 流通経済大学付属柏高等学校 [ユースサッカー]

大会:第97回全国高等学校サッカー選手権大会 準決勝
結果:瀬戸内 0-5 流通経済大柏
場所:埼玉スタジアム2002 観衆23083

IMG_E7731.jpg

IMG_7701.jpg

高校サッカー準決勝。名勝負が多いのは決勝戦より準決勝。直前に行われた第一試合でも、素晴らしい試合が行われただけに期待感も高まります。

しかし、試合開始4で流経大柏がゴールを決めると、10分にも右サイドを突破し、立て続けに得点。初出場の瀬戸内は、流経大柏の勢いを止めることが出来ずに開始10分で痛恨の2失点。

瀬戸内はハード・デリアス選手を走らせるボールを使いますが、ここも流経大柏のディフェンスがしっかりケアしていて、攻守に苦しめられました。

逆に早々に2得点を挙げた流経大柏は余裕の試合運び。前半のうちに関川選手が3点目を叩き込んで勝負を決めると、熊澤選手のゴラッソゴールまで飛び出し、貫禄の2年連続決勝進出。

第一試合とは対照的に、大差が付いた試合になってしまうのも高校サッカーならでは。瀬戸内もリスクをかけて、ガムシャラに1点を取りに行って欲しかったですけどね。それでも初出場でベスト4は立派な成績。

試合以外でも、両校のブラスバンドでの応援なども高校サッカーの醍醐味。いつもJリーグで聞かれるチャントを、練習されたバンドで演奏してくれるのは密かな楽しみ。もっと色々なチャントのブラスバンドバージョンも、聞きたくなっちゃうくらいですよ。

試合採点
ハッスル度 4
見応え度 4.5
名勝負度 4
満足度 4.5
ブラバン度 6.5

nice!(13) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs トルクメニスタン [日本代表]

大会:AFCアジアカップUAE2019
結果:日本 3-2 トルクメニスタン
場所:テレビ観戦

オーストラリアが敗れ、韓国が苦戦するなど、波乱のスタートとなったアジアカップ。それでも日本は大丈夫だろうと、たかをくくっていたわけですが、しっかりとアジアカップの洗礼を受けることに。予想に反してスリリングな試合になったことは、逆に面白かったですけどね。

26分に強烈な先制パンチを喰らい、ゴール前を固めるトルクメニスタンにいいとこ無しだった前半の日本。しかし、後半に入ると原口選手がワイドにポジションを取り、そこからの仕掛けでチャンスメイク。56分に原口選手から大迫選手へと繋げ、反転からの見事なゴールで同点。

0-1のまま時間が過ぎれば、重苦しい空気になりかねない展開だっただけに、起死回生の一発。逆転ゴールを含めて、大迫選手様様の試合だったと言えるでしょう。

森保ジャパンの象徴と言えば「NMD」。躍動感溢れるサッカーの原動力になっていた3人ですが、その躍動感も「3人揃った時限定」だったのは気になるところ。最も推進力のある中島選手離脱の影響は、やはり大きいとも感じました。

しかし、初戦にピークを合わせたワールドカップと違い、アジアカップでのピークは決勝トーナメント以降。逆に予選は余力を残して戦ってもらわないと困るわけで、その意味でも苦しみながらも勝ち点3は最高の結果。ただ、怪我明けの大迫選手を起用したことや、交代カード2枚残した森保監督には、余裕が無いようにも感じられましたけどね。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6
名勝負度 6
満足度 6
大迫様様度 7

nice!(12) 
共通テーマ:スポーツ
前の3件 | -