So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

ペスカドーラ町田 vs 立川・府中アスレティックFC [フットサル]

大会:FリーグD1 第13戦
結果:ペスカドーラ町田 5-4 立川・府中アスレティックFC
場所:町田市立総合体育館 観衆1255

IMG_5312.jpg

7位と8位の東京ダービー。日本代表選手を多く抱える町田にとっては、物足りない順位。試合は一進一退の攻防が続いた後、6分にコーナーキックから皆本選手が決めて府中が先制。その1分後にはカウンターから上村選手のゴールで追加点。試合序盤を優勢に進める府中。

そんな流れを変えたのが町田の室田選手。11分に右サイドをドリブルで突破し、最後は自身でゴールに押し込み得点。「ドルブルで剥がす」「ボールを奪う」ことが、大きなチャンスに繋がるフットサル。室田選手はボール奪取でも、再三のチャンスメイク。そんな室田選手の活躍もあり、試合の流れは町田へ。

その後は両チーム1点づつ取り合い、2ー3でハーフタイム。しかし後半に入っても勢いは町田。26分には室田選手のマルセイユルーレットからクレパウジ・ヴィニシウス選手が豪快ゴール。28分にはお手本のようなファー詰めから、金山選手のゴールで町田がついに逆転。

しかし最後まで諦めない府中。パワープレーからジョー選手が体で押し込み同点。残り3分を切っての4ー4のタイスコア。府中にとってアウェーでドローは悪くない結果。それでも勝利にこだわり、パワープレーで決勝点を目指した決断にはただただ拍手。

しかし、そのパワープレーでボールを奪われて、無人の府中ゴールに吸い込まれるボール。最後の最後でその決勝点を決めたのが、森岡選手というのも出来過ぎの試合展開。もちろんこの試合が最高のエンターテインメントとして幕を閉じた要因は、両チームが最後まで「勝利のみ」を目指して戦ったから。特に府中のパワープレー続行の決断を、僕は支持しますよ。

試合採点
ハッスル度 7
見応え度 7
名勝負度 7
満足度 7
支持度 7

nice!(9) 
共通テーマ:スポーツ

火の鳥NIPPON vs チャイニーズタイペイ [バレーボール]

大会:国際親善試合
結果:日本 3-0 台湾
場所:深谷ビッグタートル

IMG_4805.jpg

バレーボールの世界大会は、よく日本で開催されていますが、今回のような単発の親善試合は結構珍しい気もします。そんなチャイニーズタイペイとの2連戦。昨日はA代表で、今日はU-20主体のB代表というレギュレーション。

20歳以下というと若いイメージもありますが、古賀選手や黒後選手など、若い時からフル代表で活躍する選手も多いですから、年齢はあまり関係のないスポーツではありますけどね。相原監督も、セットごとにメンバーを入れ替えながらのテストマッチ。

そんなB代表と呼ばれる日本代表。失礼ながら名前も顔もよくわかっていませんが、そんな中で一際目立ったプレーを見せていたのが長内選手。パワーのあるスパイクに、強烈なジャンプサーブで連続得点。25-9と圧倒した、第1セットの得点源となる活躍ぶり。そんな長内選手、A代表にも同時選出され、期待のほども伺えます。

高さでも有利な日本。ブロックポイントでも優勢に、チャイニーズタイペイは苦しい展開。興行としても、多少の物足りなさの感じる対戦相手。それでも第3セットには長いラリーも見られるようになり、試合終盤は意地を見せて、試合を盛り上げてくれました。

それでも日本は危なげなく、ストレートで完封勝利。結構リアクションも大きい相原監督。中田監督とは対照的で面白かったですが、18日から始まるアジア選手権の、よいシミュレーションにもなったのではないでしょうか。

試合採点
ハッスル度 5.5
見応え度 5.5
名勝負度 5
満足度 5.5
シミュレーション度 6

nice!(14) 
共通テーマ:スポーツ

横浜FC vs 水戸ホーリーホック [Jリーグ]

大会:JリーグD2 第27節
結果:横浜FC 0-0 水戸ホーリーホック
場所:ニッパツ三ツ沢球技場 観衆10586

IMG_4387.jpg

4位と5位の直接対決。試合開始早々に、水戸がコーナーキックからゴールネットを揺らしましたが、競り合いの中でファール判定。

その後は終始横浜ペース。ボール保持率でも水戸を圧倒し、両サイドからスピーディーな攻撃で水戸ゴールに迫ります。斉藤選手を中心に、ボールを持って前を向けば、アグレッシブに仕掛けて行く横浜の攻撃は、見ていて気持ちのいいものがあります。

66分には両サイドのクロスから、立て続けにビッグチャンスがありましたが、バーに弾かれるなどゴールネットを揺らせず。これがこの試合の最大の決定機だったでしょうか。

それでも水戸の堅守を破ることは出来ずにいると、徐々に水戸もボールを回せるようになっていきます。横浜のクリアミスから、水戸にも決定的な場面はありましたが、こちらも決め切ることは出来ず。

残り1分を切って、横浜は中村俊輔選手を投入。もちろんこの時がスタジアムが一番沸いた瞬間。誰もが「見たい」と思うビッグネームが、横浜に新たに一人加わったわけですが、「戦力」としてだけでなく、「人気」も取れる選手の獲得。これはプロクラブとして、重要な事だと思うんですけどね。

短い時間ながらも、フリーキックでしっかり見せ場も作ってくれた中村選手。この選手が出るか出ないかで、試合後の満足度も変わってくるほどでしょう。しかし試合はこのままタイムアップ。スコアレスドローという決着ではありましたが、それなりに見応えもあった試合。まぁ水戸の方が、価値ある勝ち点1と言えるでしょうか。

試合採点
ハッスル度 5.5
見応え度 6
名勝負度 6
満足度 5.5
真打ち登場度 7

nice!(11) 
共通テーマ:スポーツ
前の3件 | -