So-net無料ブログ作成

2018年名勝負 ベスト5 [コラム]

2018年の日本スポーツ界は、素晴らしい一年となりました。代表的な項目を挙げてみてもざっとこれだけ。

・平昌五輪 過去最多メダル獲得
・FIFAワールドカップ ベスト16
・羽生結弦選手 国民栄誉賞
・FIFAU-20女子ワールドカップ 優勝
・なでしこジャパン アジアカップ&アジア大会制覇
・大坂なおみ選手 全米オープン優勝 
・鹿島アントラーズ ACL優勝
・大谷翔平選手 メジャーリーグ新人王

Jリーグにはイニエスタ選手やトーレス選手がやって来るなど、サッカーファンにとっては夢のような一年。日本代表でも新しい選手が活躍し、昨年末がドン底状態だったのが、信じられないくらいの躍進ぶりを見せてくれました。

その一方で、レスリングやアメフトのパワハラ問題など、指導者側の騒動も目立ちました。世界で活躍する選手が増えているのに対し、世界的な監督や指導者はまだまだ少ない日本。選手以上に指導者のレベルアップこそが、これからの日本スポーツ界の課題となってくるのではないでしょうか。

2019年もビッグイベントが目白押し。1月のサッカーアジアカップから始まり、6月からFIFA女子ワールドカップ。そして目玉は9月20日から始まるラグビーワールドカップ。一生に一度の日本開催だというのに、現状手に入れられたチケットは1枚のみ。ギリギリまでチケット争奪戦には参加して、出来るだけ多くの試合を観戦したいと思っています。


2018年のスポーツ現地観戦は74回。
内訳は以下の通りでした。

・サッカー 49回
・フットサル 6回
・ブラインドサッカー 1回
・バスケットボール 6回
・車いすバスケ 2回
・ソフトボール 2回
・バレーボール 3回
・ラグビー 1回
・アイスホッケー 2回
・クライミング 1回
・プロレス 1回

チケット代 合計15万5150円

それでは2018年の名勝負ベスト5です。



次点(サッカー)
大会:FIFAワールドカップロシア2018
結果:ポルトガル 3-3 スペイン

自国の応援だけでないのがサッカーの楽しみ方。スペインのパスサッカー、C・ロナウド選手のハットトリックと、役者が魅せてくれた期待以上の大満足試合。

試合採点
ハッスル度 6.5
見応え度 7
名勝負度 7
満足度 8
千両役者度 8



第5位(サッカー)
大会:キリンチャレンジカップ2018
結果:日本 4-3 ウルグアイ

中島・南野・堂安の3選手が躍動し、FIFAランク5位の強豪ウルグアイを圧倒した新生森保ジャパン。見ていてワクワクするイケイケサッカーで、期待値も急上昇。

試合採点
ハッスル度 7
見応え度 7
名勝負度 6.5
満足度 8
イケイケ度 8



第4位(カーリング)
大会:平昌オリンピック 女子3位決定戦
結果:カーリング日本代表 3-1 イギリス

「そだねー」や「もぐもぐタイム」など、日本中を虜にしたロコソラーレ。しかし、最大の功績はカーリングの面白さを教えてくれたこと。盛り上がった平昌オリンピックを、ハッピーエンドで締めてくれました。

試合採点
ハッスル度 6.5
見応え度 7
名勝負度 7
満足度 8
我慢比べ度 8



第3位(サッカー)
大会:AFCチャンピオンズリーグ2018 準決勝
結果:鹿島アントラーズ 3-2(3-3) 水原三星

準決勝の舞台での日韓戦。2ndレグを含めて逆転に次ぐ逆転に大興奮。これぞACLと言いたくなる、Jリーグでは味わえない面白さが詰まったバチバチの2試合。

試合採点
ハッスル度 8
見応え度 7
名勝負度 6.5
満足度 7
これぞACL度 8



第2位(ソフトボール)
大会:ソフトボール世界女子選手権2018 決勝
結果:ソフトボール日本代表 6-7 アメリカ

「死力を尽くす」とはこのこと。上野選手の力投や藤田選手のホームランに心底痺れ、アメリカの粘りにもただただ拍手。2018年の現地観戦ではナンバーワン。

試合採点
ハッスル度 7
見応え度 7
名勝負度 8
満足度 8
死力を尽くした度 10



第1位(サッカー)
大会:FIFAワールドカップロシア2018
結果:日本 2-3 ベルギー

FIFAランク3位のベルギーに対して、本気で「勝てる」と夢を見せてくれた一戦。最後まで勝ちに行ったからこそ受けたスーパーカウンター。見事に散った、これ以上ない美しい敗戦。

試合採点
ハッスル度 8
見応え度 8
名勝負度 8
満足度 8
ベスト8への壁度 10

nice!(12) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 12