So-net無料ブログ作成

日本 vs ベトナム [日本代表]

大会:AFCアジアカップUAE2019
結果:日本 1-0 ベトナム
場所:テレビ観戦

アジアカップの準々決勝。まず驚かされたスタメンの顔ぶれ。ベトナムには申し訳ないが、ベスト8の顔ぶれの中で最も力が劣る国。準々決勝でこのレベルの相手と戦えるのはラッキー以外のなにものでもなく、ベスト4以降を見据えた戦いが出来るチャンスでもあった試合。

しかし、森保監督が先発を変えたのは北川選手の一枚のみ。それも武藤選手の累積警告によるものですから、実質変更なし。自身は「総合力」をよく口にするものの、ここまで「レギュラー」と「サブ」をハッキリ分ける監督も近年では珍しい。明らかな格下相手に「一戦必勝」で臨んだ森保監督の「慎重さ」は、相当なものだと見受けられます。

その「レギュラー組」で始まったベトナム戦も、いままで通りの苦戦ぶり。セットプレー以外では得点の匂いが感じられないほど、攻撃陣の不調は気になるところ。ワールドカップでの乾選手のような、ラッキーボーイも現れず、その役目を期待された北川選手は「お客さん」状態。

唯一、堂安選手と南野選手のコンビプレーに、復調の兆しも感じられましたが、先制点を取ると途端にリスクをかけなくなってしまう森保サッカー。クロージングに塩谷選手を投入するなど、後半30分以降は得点するのを禁じられてるように見えるほど。親善試合とのギャップに驚かされますが、どちらが本当の森保監督かと言えば、間違いなくこちらでしょうけどね。

テレビでは「苦しい試合」のフレーズを毎試合のように聞きますが、負けそうだったかと言われれば、そうは思えない試合の連続。戦い方や選手交代も含め、自ら苦しんでいるようにも見えるのですが、ここから先は本当の「苦しい試合」。現在アジアナンバー1のイランに勝つには、それこそ「総合力」が必要。このベトナム戦を「一戦必勝」で戦ったツケが、出なければよいのですが・・・

試合採点
ハッスル度 4.5
見応え度 5
名勝負度 5
満足度 4.5
慎重度 8

nice!(9) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 9