So-net無料ブログ作成

浦和レッズ vs 蔚山現代 [Jリーグ]

大会:AFCチャンピオンズリーグ2019
結果:浦和レッズ 1-2 蔚山現代
場所:埼玉スタジアム2002 観衆20741

976CB531-79D1-4B0B-B6CB-33900F3DCB52.jpeg

06D13E70-E0D8-4FF3-AFC9-E5DA425CEADF.jpeg

ACLのラウンド16。蔚山現代サポーターは数えるほどで、スタジアムの99.9%が浦和サポーター。そんな環境せいか、ACL特有の殺伐とした雰囲気は薄く、どこか緩い空気にも感じられた埼玉スタジアム。

それは試合が始まっても感じられ、攻める浦和、守る蔚山現代の試合展開。蔚山現代は守備ブロックを引いて守り、チャンスがあればカウンターを狙うアウェー仕様のサッカー。

しかし、中国クラブのようにスーパーな外国人選手がいるわけでもなく、それほど怖さを感じない攻撃。後は浦和がどうやってブロックを崩すかだけが、この試合の焦点のように思えました。

そして37分。青木選手のクロスに杉本選手が頭で合わせ先制ゴール。先発起用に応えたヘディングゴールで、この日はポストプレーでも大いに活躍していた杉本選手。決めて欲しい選手が選手が決めて、これで勝利も決まったなと、楽勝ムードも予感。

しかしその4分後、中盤のミスからボールを失うと、あっさりとゴールを許し同点。あまりに不用意な失点だったのですが、蔚山現代サポーターがほとんどいないため、「静寂」すぎて何が起きたのか分からなかったくらい。

この失点でリズムが狂った浦和はチグハグさが目立つようになり、左サイドの山中選手も単純なクロスを繰り返すだけの単調な攻撃。交代カードも機能することはなく、80分にカウンターからこの日2度目の「静寂」を経験。終盤には放り込みのパワープレーをするなら、杉本選手は残しておけばいいのにとも思いながらのタイムアップ。

アウェーゴールを2点も献上してしまう、痛恨の逆転負け。かなり厳しい状況に追い込まれてしまいましたたが、優勝するチームは必ずどこかでミラクルを起こしているのも事実。そして2年前、何度もそのミラクルを起こして頂点に立ったのが浦和なのですが、今回はどうなるでしょうか。

試合採点
ハッスル度 5
見応え度 5
名勝負度 5.5
満足度 4
失点後の静寂度 7

nice!(11) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 11