So-net無料ブログ作成
フットサル ブログトップ
前の10件 | -

ペスカドーラ町田 vs 立川・府中アスレティックFC [フットサル]

大会:FリーグD1 第13戦
結果:ペスカドーラ町田 5-4 立川・府中アスレティックFC
場所:町田市立総合体育館 観衆1255

IMG_5312.jpg

7位と8位の東京ダービー。日本代表選手を多く抱える町田にとっては、物足りない順位。試合は一進一退の攻防が続いた後、6分にコーナーキックから皆本選手が決めて府中が先制。その1分後にはカウンターから上村選手のゴールで追加点。試合序盤を優勢に進める府中。

そんな流れを変えたのが町田の室田選手。11分に右サイドをドリブルで突破し、最後は自身でゴールに押し込み得点。「ドルブルで剥がす」「ボールを奪う」ことが、大きなチャンスに繋がるフットサル。室田選手はボール奪取でも、再三のチャンスメイク。そんな室田選手の活躍もあり、試合の流れは町田へ。

その後は両チーム1点づつ取り合い、2ー3でハーフタイム。しかし後半に入っても勢いは町田。26分には室田選手のマルセイユルーレットからクレパウジ・ヴィニシウス選手が豪快ゴール。28分にはお手本のようなファー詰めから、金山選手のゴールで町田がついに逆転。

しかし最後まで諦めない府中。パワープレーからジョー選手が体で押し込み同点。残り3分を切っての4ー4のタイスコア。府中にとってアウェーでドローは悪くない結果。それでも勝利にこだわり、パワープレーで決勝点を目指した決断にはただただ拍手。

しかし、そのパワープレーでボールを奪われて、無人の府中ゴールに吸い込まれるボール。最後の最後でその決勝点を決めたのが、森岡選手というのも出来過ぎの試合展開。もちろんこの試合が最高のエンターテインメントとして幕を閉じた要因は、両チームが最後まで「勝利のみ」を目指して戦ったから。特に府中のパワープレー続行の決断を、僕は支持しますよ。

試合採点
ハッスル度 7
見応え度 7
名勝負度 7
満足度 7
支持度 7

nice!(9) 
共通テーマ:スポーツ

バルドラール浦安 vs 名古屋オーシャンズ [フットサル]

大会:FリーグD1 第8戦
結果:バルドラール浦安 0-7 名古屋オーシャンズ
場所:浦安市総合体育館 観衆1083

1D4A0A6F-C4C4-44F5-AFD4-DA4932710220.jpeg

E31F6E3F-210A-4993-9A91-213720D3CAE2.jpeg

王者名古屋を迎えての浦安ホームゲーム。良い入りをしたのは浦安。セットプレーから決定的なシュートを放ちましたが、ゴレイロ関口選手がビックセーブ。この後も名古屋ゴールに関口選手が立ち塞がることになるのですが、「このシュートが決まっていれば」とも思ってしまう、試合序盤のビッグプレー。

時間の経過とともに名古屋のエンジンもかかり出し、9分にコーナーキックからラファ選手が決めて先制。

名古屋の激しいプレッシングも健在。浦安ゴール前で相手を追い込むと、ミスを誘って追加点。名古屋の狙い通りとも言える得点でしたが、そこでまんまとミスが出てしまっては、浦安にとっては苦しくなってしまいますけどね。

前半だけで0ー3と名古屋がリード。浦安は後半序盤からパワープレーを仕掛けましたが、あっさりとパワープレー返しを喰らい勝負アリ。パワープレーを仕掛けている浦安の方が、苦しんでるいるように見えるほど、名古屋には余裕の展開。

その後はセットプレーや流れの中の崩しからなど、多彩なゴールで7得点。「こうも簡単に点が取れるのか」と感心してしまいますが、浦安にとっては「こうも1点を取るのが難しいのか」という試合。

最後まで崩すことが出来なった関口選手の牙城。再三のファインセーブに加え、パワープレー返しで自らゴールまで決めてしまった大活躍。強力な外国人選手達に加え、ゴレイロが当たってしまっては、浦安は「なす術なし」と言ったところでしょうか。とはいえ、ホームゲームで0-7というスコアは、問題アリだと思いますよ。

試合採点
ハッスル度 5
見応え度 5
名勝負度 4
満足度 5
関口の牙城度 7

nice!(12) 
共通テーマ:スポーツ

フウガドールすみだ vs エスポラーダ北海道 [フットサル]

大会:FリーグD1 第1戦
結果:フウガドールすみだ 6-0 エスポラーダ北海道
場所:駒沢屋内球技場 観衆1409

IMG_1805.jpg

IMG_E1820.jpg

Fリーグの開幕戦、とはとても思えないほど淋しかった駒沢球技場周辺。ポスターや出店が出ているわけでもなく、開幕戦という「お祭り感」は一切なし。アリーナの中で何が開催されているのか外からは分からないので、通りがかった人が「入ってみよう」とはとても思わないでしょう。

事前の告知もほとんど知られていない状況。情報を追いかけている自分ですらなかなか目にしないのに、一般の人たちに開幕戦のことをどれほど知られていたか? 観客数減少がささやかれている中で、あまりに淋しく感じてしまったFリーグの集客マネージメント。

そんな中で行われたオープニングマッチは、すみだと北海道の対戦。試合序盤から終始すみだペース。すみだはガリンシャ選手やデネル選手のキープ力を生かし、そこからのポストプレーで攻撃を展開。7分にガリンシャ選手のゴールで先制すると、前半のうちに4得点。攻守の切り替えも素晴らしく、北海道にほとんど何もやらせなかった前半。

どんなに一方的な試合でも、必ず劣勢になる時間はあるもの。しかし、この試合で北海道が流れを掴んだ時間帯はほとんどなし。カウンターのチャンスでも、パスがずれて自滅する場面も多く、まだまだ「合っていない」印象。

ガリンシャ選手のハットトリックもあり、すみだが得点を重ねること6得点。勝負が決してからのパワープレーでは見る側の興味も減少。もう少し早い段階で、北海道にはリスクをかけた反撃を見せて欲しかったですけどね。

というわけでオープニングマッチはすみだの完勝。すみだの出来を褒めるべきか、北海道の不甲斐なさを嘆くべきか。これだけのワンサイドゲームを見るのも久しぶり。試合内容や試合外でも、幸先が不安になってしまったFリーグ開幕戦でした。

試合採点
ハッスル度 5
見応え度 5
名勝負度 3
満足度 4.5
開幕感度 4

nice!(9) 
共通テーマ:スポーツ

府中アスレティックFCプリメイラ vs さいたまサイコロ [フットサル]

大会:日本女子フットサルリーグ2018 プレーオフ 準決勝
結果:府中アスレティック 5-6 さいたまサイコロ
場所:駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場 観衆497

IMG_8655.jpg

IMG_8679.jpg

女子フットサルリーグのプレーオフ準決勝。シーズン上位の府中は引き分けでもOK、さいたまは勝利が必要というシチュエーション。

前半は府中のペース。開始4分、門井選手の縦パスから千田選手が決めて先制。その後はお互いに1点ずつ取り合う一進一退の展開が続きましたが、10分、12分と立て続けに府中がゴールを奪うと、この試合初めての2点差。

さいたまはタイムアウトで間を取りましたが、その直後にゴールを奪ったのは府中の方。完璧な崩しから、門井選手のゴールで3点差。前半からパワープレーを仕掛けるさいたまでしたが、シュートがポストに弾かれるなど、運も府中に味方し、勝負は決したかのように見えた前半。

引き続き後半頭からパワープレーを仕掛けるさいたま。その積極性が功を奏し、後半早々に1点返すことに成功すると、試合の流れは一転してさいたまペースに。

そのさいたま逆襲の牽引役となったのが筏井選手。なでしこリーグの浦和レッズからフットサルへ転身したことで、注目を集めた選手。久しぶりに見た筏井選手のプレーは、足裏を使ったフェイントなど、まさしくフットサルプレーヤー。相手選手を交わしてゴラッソな同点ゴールを決めると、逆転PKも決めてハットトリックの大活躍。

合計11点が入った熱戦とともに、日本代表の藤田選手と筏井選手のマッチアップなど、見応え満点だった試合。ただ一つ残念だったのは、府中がパワープレーを仕掛けたのが残り30秒になってからだったこと。リスクを恐れず、前半からパワープレーを仕掛けたさいたまとの積極性の差が、勝負の分かれ目になったでしょうか。

試合採点
ハッスル度 7
見応え度 7
名勝負度 7
満足度 8
筏井劇場度 7

nice!(11) 
共通テーマ:スポーツ

名古屋オーシャンズ vs シュライカー大阪 [フットサル]

大会:FリーグD1 第33戦
結果:名古屋オーシャンズ 4-1 シュライカー大阪
場所:駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場 観衆1162

IMG_8405.jpg

IMG_8429.jpg

Fリーグ最終節、1位名古屋と2位大阪の対戦。順位はすでに確定していますが、ファイナルへの前哨戦という意味でも注目の試合。

試合は予想通り、攻める名古屋、守る大阪の展開。前半だけで3本ゴールポストに弾かれるなど名古屋の攻勢が続きましたが、大阪のゴレイロ柿原選手のファインセーブもあり、粘りの守備を続ける大阪。

しかし14分、ルイジーニョ選手の個人技からのドルブル突破でチャンスを作り、八木選手が押し込んで名古屋が先制。やはり一人剥がせると一気にチャンスが広がるフットサル。個人で突破できる選手が揃う、名古屋の強みでもありますね。

17分にはオウンゴールから同点を許しましたが、23分に今度はペピータ選手が二人を抜き去り追加点。34分にはルイジーニョ選手が豪快なバースデーゴールを決めて勝負アリ。

残り5分から大阪はパワープレーを仕掛けましたが、逆にゴレイロ関口選手がパワープレー返しまで決めるなど、名古屋の完璧な試合運び。

大阪にとっては、序盤から粘りの戦い方が出来るなど、おそらく狙い通りの試合は出来ていたはず。それでも終わってみれば4-1という名古屋の完勝。シーズンを無敗で締めくくるとともに、ファイナルに向けても「死角なし」という名古屋の戦いぶりでした。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6
名勝負度 5.5
満足度 6
死角なし度 7

nice!(11) 
共通テーマ:スポーツ

フウガドールすみだ vs 名古屋オーシャンズ [フットサル]

大会:FリーグD1 第28戦
結果:フウガドールすみだ 3-4 名古屋オーシャンズ
場所:墨田区総合体育館 観衆1376

IMG_E7645.jpg

IMG_7649.jpg

正月連休最後の名古屋戦ということもあり、墨田区体育館は立ち見で溢れるほどの超満員。その歓声に押される形で、試合も熱気溢れる攻防を見せてくれました。

試合開始1分で決めたすみだのカウンター。鋭いパスを3本繋ぎ、春木選手が押し込んだ見事なゴール。会場を一気に盛り上げると同時に、名古屋に「オッ」と思わせる先制パンチに成功します。

しかしそこは百戦錬磨の名古屋。全く慌てることなく立て続けに得点を重ね、あっさりと逆転。このまま名古屋の流れになりそうな展開でしたが、ここで立ち塞がったのが、すみだのゴレイロ大黒選手。スーパーセーブ連発でそれ以上の失点を許さず、ガリンシャ選手の同点ゴールへと繋がりました。

強度の強い非常に見応えのある攻防。すみだは無人のゴールからギリギリでかき出すビッグプレイも飛び出すなど、ジャイアントキリングが起こりそうな匂いがプンプンの試合展開。

残り3分、すみだはパワープレーからボラ選手を投入。ラストプレーでボラ選手が強烈シュートを放ちましたが、指先で弾かれてタイムアップ。ビッグセーブ連発・粘りの展開・会場の後押しと、名古屋に初黒星を付ける条件が整った試合ではありましたが、やはり名古屋の壁は高かった。

シーズン1ヶ月を残して名古屋のリーグ1位が決定。さすがに「ぶっちぎり過ぎでしょ」とも思いますが、これは名古屋の問題ではなく他のクラブの問題。そんな絶対王者がギリギリまで追いつめられた、白熱の試合を楽しむことが出来ました。

試合採点
ハッスル度 7
見応え度 7
名勝負度 7
満足度 7
ぶっちぎり度 8

nice!(13) 
共通テーマ:スポーツ

バルドラール浦安 vs 名古屋オーシャンズ [フットサル]

大会:FリーグD1 第26戦
結果:バルドラール浦安 2-4 名古屋オーシャンズ
場所:浦安市総合体育館 観衆1029

IMG_E6705.jpg

IMG_6718.jpg

今シーズン未だ無敗の名古屋に土をつけるためには、やはり先制点の行方は大きなポイント。そのわりに開始3分であっさりと名古屋に得点を許してしまうあたりが、現在の両チームの順位に表れているように思うのです。

名古屋の厳しいプレッシングに苦しめられ、自陣のハーフコートから抜け出せない浦安。時折あるカウンターのチャンスにも、攻撃に人数がかけられず、単発で終わってしまう苦しい展開。

そんな中でロングシュートに活路を見出そうとする浦安。16分には加藤選手の豪快なミドルシュートが決まり、防戦一方だった試合展開に、勇気を与える得点。その後は浦安にも勢いが生まれ、一進一退の攻防に。

しかし、そういう相手のペースになりかけた時間で、勢いを止める得点を決めるのはさすが名古屋。セットプレーから立て続けに2得点を奪い、試合を決めてしまうあたりは横綱相撲の試合運びでした。

浦安もパワープレーから1点を返しますが、反撃もここまで。得点差のある中でのパワープレーも、もっと積極的な攻撃を見せて欲しかったですけどね。首位名古屋を迎えてのビッグマッチにも、観衆1029人と物足りない数字。アリナー席の半減や、演出面での縮小も気になった浦安のホームゲームでした。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6
名勝負度 5
満足度 6
横綱相撲度 7

nice!(12) 
共通テーマ:スポーツ

バルドラール浦安 vs フウガドールすみだ [フットサル]

大会:FリーグD1 第2戦
結果:バルドラール浦安 3-5 フウガドールすみだ
場所:浦安市総合体育館 観衆1080

IMG_5977.jpg

IMG_6009.jpg

バルドラール浦安のホーム開幕戦。リケル新監督となった浦安は、序盤から良い試合の入り。8分にオウンゴール、13分に田中選手のゴールで2点をリード。集中した守備も効いていて、前半はすみだにチャンスらしいチャンスは与えませんでした。

しかし、後半頭からギアアップして来たすみだ。25分、清水選手がポストプレーから反転してシュート。これが決まり1点差に詰め寄りますが、浦安もすぐさま永島選手がゴールするという、一進一退の攻防。

流れが変ったのは29分、永島選手が2回目の警告でレッドカード退場。浦安は数的不利の苦しい状況に。このチャンスを逃さなかったすみだは、29分に大薗選手が同点ゴールを決めると、34分にボラ選手がロングシュートを決めてついに逆転。

残り5分、浦安はパワープレーですみだゴールに迫りましたが、最後の最後でパワープレー返しを食らい万事休す。点の取り合いに激しい守備。レッドカードからパワープレーまで、フットサルの面白さが全て詰まった白熱の好勝負。十分満足させてもらえた試合となりました。

一方ホーム開幕戦にしては、相変わらず飾り気の無い試合演出。近年は「試合だけ」が目的のセントラル開催も増えてきて、せめてホーム戦くらいは独自のクラブ色を出して欲しいところ。町田のようにエンタメ演出に力を入れているクラブもありますが、このままではBリーグに離される一方では?

試合採点
ハッスル度 6.5
見応え度 7
名勝負度 7
満足度 7
エンタメ度 5

nice!(3) 
共通テーマ:スポーツ

バルドラール浦安 vs シュライカー大阪 [フットサル]

大会:第23回全日本フットサル選手権大会 準決勝
結果:バルドラール浦安 3-3(PK3-4) シュライカー大阪
場所:駒沢オリンピック公園総合運動場体育館 観衆1000

IMG_8540.jpg

IMG_8606.jpg

試合観戦するときは、一応経過などメモしながら見るのですが、それを忘れるくらいのめり込んでしまう試合がたまにあります。この試合はまさにそれ。

前半は3-1と浦安ペース。その勢いをもたらしていた星選手。技ありの2得点もさることながら、落ち着いたプレーがチームに安心感も与えます。来季はチームを離れるだけに、一段と気持ちの入ったプレーを見せてくれました。

しかし大阪も後半開始早々に1点返すと反撃開始。リードされても浦安との相性の良さも感じさせ、27分、セットプレーからチアゴ選手のヘディングでついに同点に追いつきます。

スコアは3-3で残り10分弱。ここから先は1点勝負。一進一退の展開が続き、お互いチャンスも数多く作るのですが、集中したディフェンスや、キーパーのファインセーブでゴールは割らせません。

かといって攻撃が単調なわけでなく、シュートもゴール隅を狙うなど精度の高い攻撃の連続。まさに攻めも守りもハイレベルな攻防に、会場も大いに盛り上がりました。

最後の最後まで見応え満載だった試合は、PK戦の末に大阪の勝利。しかし負けた浦安に対しても、万雷の拍手を送られていたことが、この試合の全てを物語っているようでした。

試合採点
ハッスル度 7
見応え度 7
名勝負度 7
満足度 7
ブラボー度 7

nice!(7) 
共通テーマ:スポーツ

SAMURAI5 vs アルゼンチン [フットサル]

大会:国際親善試合
結果:日本 2-4 アルゼンチン
場所:大田区総合体育館 観衆2012

IMG_5864.jpg

IMG_5982.jpg

ブルーノ監督といえば、日本のワールドカップ出場を粉砕したベトナム代表の元監督。あのベトナム戦の激闘は強烈な印象に残っていて、ロドリゴ監督とブルーノ監督の采配勝負としても見応え満点。フットサル日本代表のベストバウトとも言える試合だったのですが、その因縁の監督を日本代表に招集するとは。サッカー協会もなかなかやりますよね。

そのブルーノジャパン国内初戦。相手のアルゼンチンは世界チャンピオン。電光石火で先制点を許すと、あれよあれよと4失点。特に3点目は完全に個の力によって崩された失点。森岡選手も1対1でボールを失う場面も見られ、やはり世界の壁は高いなぁとしみじみ実感。

日本もボールは持たせてもらえるのですが、ゴール前に進入することは出来ず。自ずとロングシュートが多くなりがちで、ここから先を個で崩すのか、組織で崩すのかは、ブルーノ監督の腕の見せ所でしょうか。

しかし、カウンターとパワープレーから1点ずつ返せたのは大きな収穫。0-4のまま終わるのとでは、試合後の印象もまったく違いますからね。ブルーノジャパンのデビュー戦としても、まずまずの内容だったのでは?

アルゼンチンとは富山でもう1試合ありますが、もう少し日本代表戦の機会は増やして欲しいところ。世界チャンピオンとマッチメークできることなんて、サッカーではほとんどあり得ないですからね。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6
名勝負度 5.5
満足度 6
一矢報いる度 7

nice!(7) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - フットサル ブログトップ