So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
日本代表 ブログトップ
前の10件 | -

日本 vs ベルギー [日本代表]

大会:FIFAワールドカップロシア2018
結果:日本 2-3 ベルギー
場所:テレビ観戦

2点差から大逆転負け。普通なら「なぜ」とか「もし」を言いたくなる気持もあるはずですが、そんな感情は一切なし。ただただベルギーが強かった。そんな相手に本気で「勝てる」と思わせてくれた、夢を見させてくれた日本代表は初めてなのです。

我慢の前半があったから後半の攻撃へと繋がった。48分、柴崎選手のスルーパスから原口選手が先制ゴール。その直後、アザール選手の強烈シュートがポストに弾かれ、明らかに「運」が向いていると感じた出来事。乾選手のスーパーゴールが生まれたのもその直後でした。

「勝てる」と夢を見れた瞬間。その一方で、「ベスト8への壁がこんなに簡単なはずがない」とも思いつつ、やはりベルギーの猛攻は凄かった。

2枚替えの積極采配に出たマルティネス監督。その期待に応えたフェライニ選手の高さ。何よりルカク選手のスピードとパワー。あの大きさでワンタッチパスまでやられては、たまったものではありません。まさに世界トップクラスのタレント軍団。

そんな相手に日本も負けていなかった。川島選手のビッグセーブ。体を投げ出しシュートブロックするセンターバックの2人。そしてコンビネーションでベルギーゴールに迫っていく日本の攻撃。

「引いて守るサッカー」ではなく、「縦に早いサッカー」でもない。組織力とパスワークで、初めて真っ向勝負を挑んだ日本代表。これぞ「日本サッカー」だと胸を張りたくなるプレーの連続。白熱した試合展開とともに、ただただ両チームの選手達に拍手を送りたくなるのでした。

そして迎えたベルギーのラストプレー。ぐうの音も出ないようなカウンターを決められ、衝撃度はまさにドーハ級。日本中が悲しみに暮れたドーハの悲劇ですが、後のジョホールバルの歓喜へと繋がった、日本サッカーが最高に熱かった4年間。

やはりベスト8への壁はこれくらい高いほうがいい。ドーハの悲劇に匹敵するような、美しい散り方をした日本代表。必ずやこの壁を超える日がくることを、確信できた試合でもありました。

試合採点
ハッスル度 8
見応え度 8
名勝負度 8
満足度 8
ベスト8への壁度 10

nice!(10) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs ポーランド [日本代表]

大会:FIFAワールドカップロシア2018
結果:日本 0-1 ポーランド
場所:テレビ観戦

西野監督には恐れ入ります。まずは先発6人を入れ替えたターンオーバー。確実にベスト16を目指すなら、これまでの固定メンバーで挑むのが鉄則。しかしそれでは選手の消耗は激しく、そこから先を勝ち進むのは難しいでしょう。

もちろんこのターンオーバーが失敗すれば、敗戦理由として叩かれること必至。それでも本気でベスト8を目指して来た西野監督の選択に、拍手を送りたくなりました。

ただ結果的にはこの新布陣は機能しなかった。ポーランドがプレッシングに来なかった影響もあり、スローテンポの試合展開に。逆に日本のツートップがボールを追うものの、ムダ走りも多く疲弊。守備のスイッチを入れる香川選手がいない影響も出てしまいました。

ただ相手は腐ってもポーランド。大会前には勝ち点を期待できるような相手ではなかったわけで、十分考えられた結果。それよりも川島選手の活躍で1失点に抑えたことが、予選通過に繋がりました。

そして長谷部選手を投入したのが37分。ここで西野監督が現状維持を決断したわけですが、この時点でアディショナルタイムを含めて残り10分。ラストプレーで劇的ゴールが多く生まれている今大会。セネガルが同点に追いつく可能性は十分あっただけに、あまりにリスキーだった西野監督の決断。

それでも西野監督はこの大博打に勝ち、復活が待たれた川島選手が活躍。そしてこのターンオーバーも意味を成して来るはず。ワールドカップ史上、最も見るに耐えない最低の試合を披露した日本代表。それでも史上初のベスト8に向けて、最高の準備は整ったと言えるのではないでしょうか。

試合採点
ハッスル度 4
見応え度 4.5
名勝負度 4
満足度 3
大博打度 10

nice!(8) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs セネガル [日本代表]

大会:FIFAワールドカップロシア2018
結果:日本 2-2 セネガル
場所:テレビ観戦

柔よく剛を制すサッカー。セネガルの大男達を、ヒラリヒラリと交わす香川選手や乾選手の姿はまるで牛若丸。組織的な守備でマネ選手にも何もさせなかったディフェンス。これぞ「日本サッカー」だと胸を張りたくなるような痛快な試合。

川島選手がポカをするのも、決定的場面を決めきれないのも、いつも通りの事で全ては折り込み済み。それ以上にフリーキックからの得点が多くなっている今大会で、素晴らしい崩しのから2得点を決めた誇らしさ。

何より2度突き放されながら、まったく下を向くことの無かった選手達に、胸が熱くなるくらいでした。

1-2とされた場面で、すかさず本田選手を投入した西野監督。もちろん本田選手のゴールも素晴らしかったですが、2トップへと戦術交代が成功したことも大きかった。今こそ声を大にして言える、ハリルサッカーではこの試合は見られなかったと。

もちろんまだ何も手にしているわけではないですし、勝ち切れた試合であることも確か。試合後の選手達のコメントを聞いても、悔しがっている所に頼もしさも感じます。ポーランド戦の結果がどうなるか分かりませんが、今はただ選手達に「素晴らしかった」と拍手を送りたい。

試合採点
ハッスル度 7
見応え度 7
名勝負度 7
満足度 8
誇らしさ度 8

nice!(4) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs コロンビア [日本代表]

大会:FIFAワールドカップロシア2018
結果:日本 2-1 コロンビア
場所:テレビ観戦

「サッカーは何が起こるか分からない」とは言われますが、さすがに6分でコロンビアが10人になるとは誰も予想できなかったはず。その意味でも殊勲だった香川選手のファーストシュート。PKを奪うとともに、相手を一人減らす価値あるプレーでした。

しかし、さすがは知将ペケルマン監督。日本をしっかり分析し、香川選手を完全にマーク。これが機能して香川選手に自由にプレーさせませんでしたが、10人なったことが大誤算。ハメス・ロドリゲス選手まで投入せざるえない、苦しい采配に終始。

日本は香川選手を封じられた分、柴崎選手が起点となり、乾選手や大迫選手が躍動。前線の選手達は守備にも奮闘し、特に大迫選手のピンチを救ったシュートブロックは1点モノ。自らのゴールとともに、まさに「ハンパない」活躍を見せてくれました。

試合前の希望では「勝ち点1」でも万々歳。しかし、この試合展開で引き分けのままでは、残念度の方が強かったはず。その意味でもとてつもなく大きな「勝ち点3」。やっぱりワールドカップは特別。負けた時のショックも大きいですが、勝利の喜びも格別なのです。

この勝利を無駄にしないためにも、次戦以降の戦いも重要。やっぱりキーパーにはビッグセーブを求めたいし、今のままでは不安。絶対に得点が欲しい場面のジョーカーも、今の本田選手では難しそう。何より柴崎選手のケガの具合が、最大の懸念材料でしょうか。

試合採点
ハッスル度 7
見応え度 7
名勝負度 6
満足度 7
波乱度 10

nice!(7) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs パラグアイ [日本代表]

大会:国際親善試合
結果:日本 4-2 パラグアイ
場所:テレビ観戦

久しぶりのゴールに歓喜し、勝利の余韻に酔いしれる。もう忘れかけていたくらいの感覚でしたが、やっぱり勝利は嬉しいもの。内容が良かったことも輪をかけて、収穫のあったテストマッチでした。

やはりMVPは香川選手。試合の前のコメント通り、自身がプレッシングのスイッチとなって、前線から守備に走り回りました。その姿は4年前には考えられないくらい。レギュラー落ちという悔しさが、ディフェンスでも走る選手に生まれ変わらせたのでしょね。

岡崎選手と連携しての守備がハマったことで、作り出した決定機の数も大幅アップ。「決めてくれよ」というシュートも何本もありましたが、ワールドカップ本番ではピッチコンディションも、もっと良くなることでしょう。

柴崎選手のフリーキックには可能性を感じ、良いこと尽くめのようにも見えたこの試合。ただ2失点のシュートは共に、ゴールキーパーが止めて欲しかった。番狂わせにはゴールキーパーの活躍が絶対条件。あの程度のシュートを止められないようでは、苦戦すること必至。

FIFAランク61位の日本にとって、3試合どこに勝つにもそれはジャイアントキリング。番狂わせを起こす条件は、「キーパーの活躍」「ラッキーボーイの出現」「監督の采配」。今日の試合で、乾選手というラッキーボーイ候補も誕生。本番に向けて、少しは期待値も上がった最終テストとなりました。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6.5
名勝負度 6
満足度 6.5
期待値アップ度 6.5

nice!(11) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs スイス [日本代表]

大会:国際親善試合
結果:日本 0-2 スイス
場所:テレビ観戦

ガーナ戦から慣れ親しんだ4ー2ー3ー1へと変更。それでも結果は同じく0-2の完敗。ガーナ戦よりも内容的には悪くなかったですが、結果は順当。一番肝心な、本番で番狂わせを起こせそうな予感は感じられませんでした。

序盤は攻守の切り替えも早く、縦に早い攻撃とボールを繋ぐ所との判断も良かった。この辺のコントロールをしていたのが大島選手。本田選手が中央に収まったことで、サイドのポジションに穴が空くリスクも軽減しました。

しかし、FIFAランク61位のチームが、6位を相手にどうすれば勝てるか。番狂わせに欠かせないのがゴールキーパーの活躍ですが、自らのミスでピンチを招いているようでは問題外。どうやって点を取るのかも未だ見えてこず、頼みのフリーキックも得点の匂いはまったくしません。

今の日本で唯一有利に立っている点があるとすれば「謎」。選手ですら3バックなのか4バックなのか分からないのですから、相手監督にとっては分析のしようがありません。4年前は戦う前に日本の弱点を丸裸にされていましたが、今回はさすがのペケルマン監督でも手の打ちようがなし。

その情報戦が大成功したのが南アフリカでの岡田ジャパン。西野監督がそこまで計算しているとは思えませんが、今の日本のよりどころは、西野監督にその秘策があるかどうか。

試合採点
ハッスル度 5
見応え度 5.5
名勝負度 5.5
満足度 5
情報戦度 6

nice!(5) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs ガーナ [日本代表]

大会:キリンチャレンジカップ2018
結果:日本 0-2 ガーナ
場所:日産スタジアム 観衆64520

IMG_4317.jpg

IMG_4353.jpg

西野ジャパンの初戦が、壮行試合という異常事態。腰の重いサッカー協会がそんな大ナタを振るったワケは、末期的だったハリルジャパンの停滞感を払拭するため。だからこそこの試合で一番感じたかったことは、「変わったぞ」という期待感。

3バックのシステムなり、見た目こそ大きく変っているのですが、なぜか彷彿させたのはザックジャパン時代のサッカー。そう思わせた要因はやはり本田選手のポジショニング。2シャドーの一角ながら、自身のポジションを空けて自由に動き回る姿はトップ下の選手の様。

西野ジャパンというよりも本田ジャパン。これではただ、時間が巻き戻ってしまっただけなんですけどね。

このシステムのポイントは、やはり両ウィングバック。序盤こそ長友選手のクロスでチャンスを演出しましたが、ガーナにその裏を狙われてあっさりと弱点も露呈。選手の消耗度も高く、やはり5バックになる時間も長くなってしまいました。

結果も内容も伴わず、3バックを続けるかさえ怪しくなってきそうな雲行。期待感どころか、不安いっぱいの状態でワールドカップに臨むことに。もうこの状況を打開するには、初戦のコロンビアに勝つことだけ。その前に、明日の西野監督のメンバー発表にも注目です。

試合採点
ハッスル度 4.5
見応え度 5
名勝負度 5
満足度 4
不安いっぱい度 10

nice!(9) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs ウクライナ [日本代表]

大会:キリンチャレンジカップ2018
結果:日本 1-2 ウクライナ
場所:テレビ観戦

ウクライナの寄せは早く、攻撃もアグレッシブ。噂通りの強い相手で、日本は守備に追われる展開。ワールドカップ本番でも「こういう試合展開になるだろう」と予想できましたが、それでもマリ戦よりは数段面白かったです。

最後の最後まで点を取りに行く姿勢が見えましたし、試合終盤にはその可能性も感じられました。もちろん後半の活性化の要因は、中島選手と三竿選手の投入から。この二人が2試合連続で流れを変えたことは事実。特に三竿選手が五分五分のボールを拾えることが、日本に流れを呼び込んだように見えました。

逆にアピール不足に終わってしまった本田選手と柴崎選手。柴崎選手はアシストという結果は残しましたが、途中交代というハリルホジッチ監督の評価はいかに? レアル戦やバルサ戦でのゴールのように、「ここぞ」で決められる貴重な選手。ワールドカップで見たい選手なんですけどね。

本田選手にとってもラストチャンスの試合でしたが、65分に交代の憂き目。かなり厳しい立場になりましたが、こちらも「持ってる」選手。「大舞台に強い」っていうのも、けっこう重要な要素。ただこの2試合に限って見れば、長谷部選手のほうがけっこう心配かも。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6
名勝負度 5.5
満足度 6
ラストアピール度 6

nice!(6) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs マリ [日本代表]

大会:キリンチャレンジカップ2018
結果:日本 1-1 マリ
場所:テレビ観戦

ワールドカップまで3ヵ月を切った今も、試行錯誤の続くハリルジャパン。過去にも直前でメンバーの入れ替えはありましたが、これほど軸が決まっていない状況はちょっと記憶ない。そもそもこのチームの「顔」は誰?という現状。

もちろんハリルホジッチ監督にも同情する点も多いです。ケガ人も多く、かつての中田選手や本田選手のような絶対的な存在もいない。何より「チャンピオンズリーグ出場者0」という、選手の質の低下も要因の一つ。テストするというより、そうせざる得ない状態なんじゃないですかね。

アディショナルタイムに中島選手のゴールが決まりなにより。ただやっぱり気になるのは「どうやって点を取るのか?」。

崩して点を取ることは、本番では難しいでしょう。頼みのカウンターも、この試合で作れた決定機はゼロ。かといってロングシューターがいるわけでなく、フリーキックの精度にいたっては深刻なくらい。

壁を超えないフリーキックほど、がっかりさせられることは無いのですが、精度が無ければサインプレーを増やすなり、策を練ってほしい。ワールドカップに出ないマリの方が、よっぽどいろいろ試してましたよ。フリーキッカー要因として中村俊輔選手、本気で考えてみては?

試合採点
ハッスル度 5
見応え度 5
名勝負度 5.5
満足度 5
頭が痛い度 7

nice!(4) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs 韓国 [日本代表]

大会:EAFF E-1 サッカー選手権 2017
結果:日本 1-4 韓国
場所:味の素スタジアム 観衆36645

IMG_3761.jpg

IMG_3800.jpg

昨日も打ちのめされましたが、まさか2日続けてとは・・・ 現地観戦していて一番悲しいことは、試合途中でお客さんが帰ってしまうこと。

縦に早いサッカーでは、韓国のほうが一枚も二枚も上手。同じ土俵で勝負すれば、こういう結果になりますよね。勝てば格好が付きますが、負けると目も当てられないハリルホジッチサッカー。

海外組の調子がイマイチなだけに、国内組からどれだけプラスアルファを得られたかは未知数。ワールドカップ本番へ向け、不安は増すばかり。そんな中でひそかに調子を上げてきた本田選手、岡崎選手、香川選手、流石ですね。

これだけの惨敗でしたが、逆にハリルホジッチ監督の解任論が再加熱するかも。日本の監督はごめんでも、ワールドカップを指揮したい監督はいくらでもいるはず。ビッグネームも呼べるチャンスの時期でもあるんですけどね。

協会にそれだけの決断力があるとは思えませんが、女子も含めて今後の動向には注目したいです。

試合採点
ハッスル度 4.5
見応え度 4
名勝負度 4
満足度 4
大丈夫か日本サッカー度 10

nice!(10) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - 日本代表 ブログトップ