So-net無料ブログ作成

日本 vs サウジアラビア [日本代表]

大会:AFCアジアカップUAE2019
結果:日本 1-0 サウジアラビア
場所:テレビ観戦

負ければ終わりの決勝トーナメント初戦。立ち上がりからサウジアラビアに支配されるものの、20分にコーナーキックから冨安選手がヘディングで合わせて先制。この得点により、日本ペースの試合になるかと思いきや、その後もサウジアラビアにボールを持たれる展開。

サウジアラビアのボール支配率は驚きの76パーセント。相手はスペインでもブラジルでもなく、FIFAランク69位の格下。アジア相手にここまで支配された試合も、ちょっと記憶にないくらい。しかし、ゴール前での精度は低く、松木さんがヒートアップするほど、失点しそうな気配は感じられませんでした。

両サイドの原口選手や堂安選手も守備に追われ、日本の攻撃は南野選手と武藤選手のカウンターのみ。ゴール前で守備を固めて、奪ってからのロングボールは、いわゆるハリルジャパンの「縦に速いサッカー」。

選手のインタビューを聞いていても、試合途中からは割り切って、この守備的なサッカーに徹していた様子。悲しい別れ方をしたハリルホジッチ前監督ですが、こういう戦い方も身についている点では、ハリルジャパンの4年間も無駄ではなかったのかもしれませんね。

しかし、カウンターサッカーが、日本に向いているとはやっぱり思えない。何よりハリルホジッチ監督の首を切ってまで、ジャパンズ・ウェイを進もうとしているのならば、サウジアラビア程度にパスサッカーで負けたらまずいでしょ。

ディフェンス陣の奮闘もあって、勝ち切ったことで次には繋がりました。残り3試合の中で、「これぞ日本」というサッカーを見せて欲しいものです。

試合採点
ハッスル度 5.5
見応え度 5
名勝負度 4
満足度 5
ハリルジャパン度 7

nice!(15) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs ウズベキスタン [日本代表]

大会:AFCアジアカップUAE2019
結果:日本 2-1 ウズベキスタン
場所:テレビ観戦

日本もウズベキスタンも決勝トーナメント進出は決まり、しかも2位通過の方が移動が楽というシチュエーション。テレビでは「絶対に負けられない戦い」とはうたっているものの、負けても特に問題のない試合。それを象徴するように、両チームとも大幅なターンオーバーを敢行し、消化試合感満載だった試合前。

しかし、予想に反して消化試合にならなかったのは、この試合に出場した選手達が、何の迷いもなく勝利だけを目指して戦っていたからでした。

40分にエルドル・ショムロドフ選手にぶっちぎられて失点するものの、すぐその3分後に武藤選手のゴールで同点。右サイドを突破した室屋選手のドンピシャクロスからの得点でしたが、やはりサイドバックの選手が絡んだ攻撃は日本の武器。両サイドバックの攻撃参加によって、ようやく活性化した攻撃を見ることができました。

塩谷選手のスーパーゴールやシュミット・ダニエル選手のスーパーセーブ。伊東選手や北川選手も見せ場を作るなど、いわゆる「サブ組」と目される選手達の意地が感じられた試合。

森保監督は「総合力」とよくコメントしていますが、現状ではハッキリとレギュラーとサブの区別があるように見えます。そんな状況を見返すかのような活躍を見せたこの試合の選手達。これでまた1・2戦のメンバーにそのまま戻るようでは、単なるターンオーバー要員と同じこと。

この試合で活躍した選手達をこの先どう上手く融合させるか、森保監督の腕の見せ所。「総合力」とはもちろん、監督の采配力も含まれますからね。

試合採点
ハッスル度 6.5
見応え度 6.5
名勝負度 6
満足度 6.5
サブ組の意地度 8

nice!(15) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs オマーン [日本代表]

大会:AFCアジアカップUAE2019
結果:日本 1-0 オマーン
場所:テレビ観戦

散々な評価だった初戦のトルクメニスタン戦。そこから多少の持ち直しも見せたオマーン戦。特に前半は南野選手が再三の決定機を作りだし、初戦からの復調ぶりをアピール。まぁ後は「決めてくださいよ」という感じですが。

裏狙いのロングボールも功を奏し、セットプレーにも工夫が見られました。特にファーサイドへのコーナーキックから原口選手のダイレクトボレーは、「これぞアジアカップ」という懐かしいプレー。解説の中山さんもコメントしていましたが、中村選手から名波選手のボレーシュートは、思い出しましたよね。

しかし、時間の経過とともに失速気味。前半終了間際には判定に助けられる決定機まで作られました。

後半のサッカーについてオマーンのピム監督が、「日本にまんまとゲームを殺された」とコメント。実に的確で面白い表現。試合の中で上手く行かなくなったとしても、ゲームをコントロールして1-0でも勝ち切る。こういうサッカーが出来るようになった日本の成長を感じますが、得点も失点もしそうにない試合ほど、つまらないものはないのです。

試合後のコメントを聞いていても、選手達自身が納得していないようなのがなにより。もし中島選手がいたら、きっと「楽しみたい」と言っているはず。大会に入ってすっかり影を潜めてしまった、森保ジャパンの代名詞「楽しいサッカー」。この先でそんな試合が一つでも見られればよいのですが。

試合採点
ハッスル度 5
見応え度 4.5
名勝負度 5
満足度 4.5
ラッキー度 7

nice!(9) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs トルクメニスタン [日本代表]

大会:AFCアジアカップUAE2019
結果:日本 3-2 トルクメニスタン
場所:テレビ観戦

オーストラリアが敗れ、韓国が苦戦するなど、波乱のスタートとなったアジアカップ。それでも日本は大丈夫だろうと、たかをくくっていたわけですが、しっかりとアジアカップの洗礼を受けることに。予想に反してスリリングな試合になったことは、逆に面白かったですけどね。

26分に強烈な先制パンチを喰らい、ゴール前を固めるトルクメニスタンにいいとこ無しだった前半の日本。しかし、後半に入ると原口選手がワイドにポジションを取り、そこからの仕掛けでチャンスメイク。56分に原口選手から大迫選手へと繋げ、反転からの見事なゴールで同点。

0-1のまま時間が過ぎれば、重苦しい空気になりかねない展開だっただけに、起死回生の一発。逆転ゴールを含めて、大迫選手様様の試合だったと言えるでしょう。

森保ジャパンの象徴と言えば「NMD」。躍動感溢れるサッカーの原動力になっていた3人ですが、その躍動感も「3人揃った時限定」だったのは気になるところ。最も推進力のある中島選手離脱の影響は、やはり大きいとも感じました。

しかし、初戦にピークを合わせたワールドカップと違い、アジアカップでのピークは決勝トーナメント以降。逆に予選は余力を残して戦ってもらわないと困るわけで、その意味でも苦しみながらも勝ち点3は最高の結果。ただ、怪我明けの大迫選手を起用したことや、交代カード2枚残した森保監督には、余裕が無いようにも感じられましたけどね。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6
名勝負度 6
満足度 6
大迫様様度 7

nice!(12) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs キルギス [日本代表]

大会:キリンチャレンジカップ2018
結果:日本 4-0 キルギス
場所:テレビ観戦

2018年日本代表の最後の試合。昨年の今頃はE-1選手権で韓国に大敗し、ハリルホジッチ監督の解任論も吹き荒れるドン底状態。そこからワールドカップでベスト16入りし、森保ジャパンになっても若手の選手が躍動するなど、信じられないくらいの躍進ぶり。「監督が変わればサッカーが変わる」ではありますが、ここまで激変すると驚いてしまいますよ。

ベネズエラ戦から11人全員を変えてきた森保監督。勝つか負けるかよりも、どう点を取るかの方が課題となりそうな格下の相手。開始早々に山中選手のファインゴールが決まりますが、やはり引いた相手を崩すことは簡単ではない様子。ならば得意の3バックを試してみるなど、森保監督自身の戦術テストも見てみたかったです。

後半途中から新BIG3を投入し、一気に流れが変わる日本。大迫選手を加えたこの4人の攻撃陣は、見ていて本当に楽しいし、強豪国相手でもいい勝負が出来そうに思えるほど。その一方で、先発出場組との差もハッキリと表れてしまった形に。アジアカップは移籍関係で呼べない選手も出てくる可能性もあるだけに、BIG3頼りのチームにはして欲しくないもの。

もちろん変わりの選手はいます。乾選手、香川選手、原口選手。ロシアワールドカップで輝いた選手達がレギュラー争いに加わってくれば、これほど贅沢な悩みはないですし、中島・南野・堂安選手らとの組み合わせも見てみたい。何より乾選手、香川選手も、まだまだ衰える年齢には早いですからね。

最後は良い形で勝利を飾り、日本のサッカー界にとって素晴らしい1年となった2018年。女子代表やフットサル、アンダーカテゴリーでも素晴らしい結果を残し、Jリーグでも鹿島アントラーズがACL制覇。この躍進のきっかけとなったのは、やはりワールドカップでの激闘があってこそ。日本サッカーの屋台骨を支えているのはサムライブルー日本代表であり、2019年も日本サッカー界を引っ張る存在であってほしいものです。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6
名勝負度 4.5
満足度 6
2018年締め度 7

nice!(16) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs ベネズエラ [日本代表]

大会:キリンチャレンジカップ2018
結果:日本 1-1 ベネズエラ
場所:大分スポーツ公園総合競技場 観衆33364

B667672D-6CEC-42F9-9DED-B7344B59B540.jpeg

A168E311-E616-4FC0-AFD5-3591A5CC012C.jpeg

ベネゼエラと聞いて思い出されるのが、アギーレジャパンの2戦目。プラチナ世代と呼ばれる、武藤・柴崎・宇佐美選手の3人が揃って活躍し、新時代を予感させた印象深い試合。

それよりさらに一世代若い、中島・南野・堂安選手が、ここまで頭角を現してきたことは嬉しい驚き。この試合でもその勢いは継続中で、自信満々のプレーを披露。特に両サイドの二人は「もっとサイドバックの選手も使ってあげて」と思うほど、自らガンガン仕掛けていきます。

この積極性が今の森保ジャパンの勢いに繋がっているのですが、さすがにそこは対応して来たベネゼエラ。中島選手、堂安選手に対し、二人がかりの対応。対人のディフェンスも強く、スキあらば鋭いカウンター。南米のチームらしい好チームで、強化試合としてはうってつけの相手。

試合自体は1対1のドローに終わりましたが、アディショナルタイムには吉田選手の幻のゴール。ベネゼエラも露骨な時間稼ぎをするなど、親善試合とは思えない、最後まで勝負にこだわる姿勢にも好感がもてました。

前線には日本人らしい小兵が揃った一方で、ディフェンスには高さが揃ってきたことも収穫。サイドバックの大型化も森保ジャパンの特徴ですが、吉田選手よりも頭一つ大きな、シュミット選手がこのまま成長してくれれば、日本の大きな武器になりそうですね。

しかし、交代ごとにトーンダウンしてしまう感は否めず。前線の組み合わせのバリエーションも増やしていきたいところ。特に大迫選手が交代してからは、全く別のチームになってしまったくらい欠かせない存在。それだけに、期待されていた鈴木優磨選手が、負傷離脱でテストできなくなったことは、アジアカップに向けての痛手だったでしょうか。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6.5
名勝負度 6
満足度 6
ディフェンス大型化度 7

nice!(15) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs ウルグアイ [日本代表]

大会:キリンチャレンジカップ2018
結果:日本 4-3 ウルグアイ
場所:埼玉スタジアム2002 観衆57239

IMG_3833.jpg

IMG_3844.jpg

ずっとこんな日本代表が見たかった。今までの日本代表と言えば、ゴール前でもパスを選択するのが当たり前。横パスやバックパスばかりで、ドリブルで仕掛けることなどごく僅か。長年そんなサッカーが染みついていたせいか、この日目の当たりにしたサッカーが、日本代表には見えなかったくらい。見ていてとにかく気持ちがいい!

やはりこの躍動感の要因は、中島・南野・堂安の3選手によるもの。特に中島選手はまさに飛ぶ鳥を落とす勢いで、前を向かせたら怖い物なし。一対一でも十分突破できる上に、長友選手と絡めば左サイドは鬼に金棒。「サイドを制せば試合を制する」。森保ジャパンの強さの要因はココに尽きると思います。

中島・長友コンビよりは、連携は見せられなかった右サイド。それでもパナマ戦のように中央に入りすぎることなく、左サイドとのバランスを保っていた堂安選手。ペナルティエリア内での崩しから見事な得点を決めて、元チームメイトのミスも帳消しにする活躍。

そして、1.5列目から得点を重ねる南野選手。トップ下で得点力のあった香川選手のドルトムント全盛期を彷彿させますが、残念ながらその時期には左サイドで起用されていた香川選手。やはり選手は適材適所。選手の普段通りの能力を、そのまま発揮出来てる森保ジャパン。そして旬の選手は旬の時に使うのが鉄則。チームで活躍している選手が、代表でも活躍するのは当然なのです。

もちろん3失点したことや、交代枠を使わず勝利を優先したことなど課題もあり。それでも相手はFIFAランク5位の強豪ウルグアイ。金星には見えないくらいに圧倒し、中島選手の言う「面白いサッカー」を見せてくれた日本代表は初めて。これからの日本代表を期待せずにはいられない。それだけに、つい3ヶ月前のワールドカップをこのチームで戦っていたら・・・とはついつい考えちゃいますけどね。

試合採点
ハッスル度 7
見応え度 7
名勝負度 6.5
満足度 8
イケイケ度 8

nice!(11) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs パナマ [日本代表]

大会:キリンチャレンジカップ2018
結果:日本 3-0 パナマ
場所:テレビ観戦

南野選手のゴール前での落ち着き。見事な連携からの伊東選手の追加点。そして川又選手の泥臭いゴールと、終わってみれば3発快勝と文句なしの結果。しかし、コスタリカ戦のような、躍動感やワクワク感はあまり感じられなかった不思議な試合。

そのコスタリカ戦での躍動感の要因になっていた、中島選手と堂安選手の両サイド。この試合では原口選手と伊東選手が先発し、共に中央寄りのインサイドハーフ気味なポジショニング。それによって両サイドをドリブルで仕掛ける回数が減り、縦パスによる攻撃が多かったことも、躍動感が感じられなかった要因なのかもしれません。

そして期待されていたロシア組との「化学反応」。大迫選手や原口選手も、ワールドカップでのようなキレはなく、逆に南野選手や伊東選手の新戦力の勢いが上回る形に。連携面でのチグハグさも見られるなど、まだまだ「化学反応」には時間もかかりそう。

それでも室谷選手のオーバーラップには迫力を感じ、センターバックの冨安選手も落ち着いたプレーを披露。若手の台頭が課題だった日本代表にとって、森保体制になってから次々と若手が力を発揮。誰がレギュラーか分からない競争関係も、現時点ではベストなチーム作りと言えるでしょう。

選手起用も2試合セットで計算しているであろう森保監督。おそらく次のウルグアイ戦にぶつけるメンバーが、主力と考えている選手達。ロシア組と新戦力組が、ウルグアイ相手にどんな試合をするか大いに見物。森保ジャパンの真価が見られるビッグマッチ。それだけにスアレス選手が欠場なのは、本当に残念なのですが。

試合採点
ハッスル度 5.5
見応え度 6
名勝負度 5.5
満足度 6
躍動感度 5.5

nice!(17) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs コスタリカ [日本代表]

大会:キリンチャレンジカップ2018
結果:日本 3-0 コスタリカ
場所:テレビ観戦

衝撃。ジーコジャパン初戦の黄金のカルテットや、ザックジャパン初陣のアルゼンチン撃破の時も驚かされたけど、それに勝るとも劣らない衝撃度。ほんの数人メンバーが入れ替わっただけでも、質が落ちていた今までの日本代表。それがこれだけ一新されたメンバーで、これほどまでワクワクするサッカーを見せてくれるとは。

森保監督の代名詞といえば3-4-2-1。Jリーグで3度のタイトルを取ったこの可変システムも、世界的に見れば特殊。なおかつ日本代表ではザッケローニ監督、西野監督も3バックにチャレンジしたものの、ことごとく失敗。日本代表と相性の悪い3バックを、なぜ日本サッカー教会が選んだのか。正直期待よりも不安の方が大きかった、森保監督の日本代表監督就任。

それだけに、初戦を4-2-3-1の布陣で来たのには驚きでした。森保監督が「柔軟性のある監督」ということが、分かったことも嬉しい限り。そしてその采配もズバリ的中。サイドバックが攻撃に絡む、厚みのある攻撃は日本の特長。先制点のコーナーキックのきっかけも、右サイドでの南野選手と室谷選手の攻撃からでした。

そして日本のストロングポイントは、やはり前線のタレント力。中島選手、南野選手、堂安選手が絡んだ連携は目を見張るばかり。ムダな横パスはほとんどなく、とにかくゴールへ向かう姿勢が見ていて気持がいい。タテに早いわけではないが、今までにはないスピード感溢れる日本の攻撃。中島選手も堂安選手も、これくらいやってくれるだろうとは思いましたが、南野選手のプレーには想像以上に驚かされました。

ジーコジャパンの黄金のカルテットも、初戦でここまでは輝かなかった。これだけワクワクさせてくれた日本代表は初めてかも。とにもかくにも森保ジャパンの期待値は一気に急上昇。戦術のオプションとして、3-4-2-1も機能するようになると、ますます期待が膨らみそうなのです。

試合採点
ハッスル度 7
見応え度 7
名勝負度 5.5
満足度 8
好スタート度 8

nice!(12) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs ベルギー [日本代表]

大会:FIFAワールドカップロシア2018
結果:日本 2-3 ベルギー
場所:テレビ観戦

2点差から大逆転負け。普通なら「なぜ」とか「もし」を言いたくなる気持もあるはずですが、そんな感情は一切なし。ただただベルギーが強かった。そんな相手に本気で「勝てる」と思わせてくれた、夢を見させてくれた日本代表は初めてなのです。

我慢の前半があったから後半の攻撃へと繋がった。48分、柴崎選手のスルーパスから原口選手が先制ゴール。その直後、アザール選手の強烈シュートがポストに弾かれ、明らかに「運」が向いていると感じた出来事。乾選手のスーパーゴールが生まれたのもその直後でした。

「勝てる」と夢を見れた瞬間。その一方で、「ベスト8への壁がこんなに簡単なはずがない」とも思いつつ、やはりベルギーの猛攻は凄かった。

2枚替えの積極采配に出たマルティネス監督。その期待に応えたフェライニ選手の高さ。何よりルカク選手のスピードとパワー。あの大きさでワンタッチパスまでやられては、たまったものではありません。まさに世界トップクラスのタレント軍団。

そんな相手に日本も負けていなかった。川島選手のビッグセーブ。体を投げ出しシュートブロックするセンターバックの2人。そしてコンビネーションでベルギーゴールに迫っていく日本の攻撃。

「引いて守るサッカー」ではなく、「縦に早いサッカー」でもない。組織力とパスワークで、初めて真っ向勝負を挑んだ日本代表。これぞ「日本サッカー」だと胸を張りたくなるプレーの連続。白熱した試合展開とともに、ただただ両チームの選手達に拍手を送りたくなるのでした。

そして迎えたベルギーのラストプレー。ぐうの音も出ないようなカウンターを決められ、衝撃度はまさにドーハ級。日本中が悲しみに暮れたドーハの悲劇ですが、後のジョホールバルの歓喜へと繋がった、日本サッカーが最高に熱かった4年間。

やはりベスト8への壁はこれくらい高いほうがいい。ドーハの悲劇に匹敵するような、美しい散り方をした日本代表。必ずやこの壁を超える日がくることを、確信できた試合でもありました。

試合採点
ハッスル度 8
見応え度 8
名勝負度 8
満足度 8
ベスト8への壁度 10

nice!(10) 
共通テーマ:スポーツ