So-net無料ブログ作成
なでしこジャパン ブログトップ
前の10件 | -

なでしこジャパン vs オランダ [なでしこジャパン]

大会:FIFA女子ワールドカップフランス2019
結果:日本 1-2 オランダ
場所:テレビ観戦

4年前、ベスト16の相手がオランダに決まり、「ラッキー」と思った記憶がありますが、今回はとてもそう思えないほど両国の力関係は逆転。そんな相手をリスペクトする形で、慎重な試合の入りの日本。ここに来てようやく守備でも「組織力」が見られるようになり、連動してオランダのパスコースを封鎖。ロングボールを入れるしかないオランダの攻撃は怖さを感じず。

しかし、17分にコーナーキックから失点。それでも日本は慌てることなく、ゴールキーパーから繋ぐサッカーを展開。見ている側はヒヤヒヤしましたが、20分に岩渕選手→長谷川選手→菅澤選手と流れる攻撃。43分には杉田選手→菅澤選手→岩渕選手→長谷川選手と、複数人が絡む連携で同点。ようやく高倉監督の目指す、「コンビネーションで崩す得点」を見ることが出来ました。

後半に入っても日本ペースでしたが、交代カードで先手を打つのはオランダ。右サイドに投入したベーレンスタイン選手の突破によって、最後のPKにも繋がることに。一方の日本は籾木選手の投入こそ功を奏しましたが、カード1枚を残し、後手に回った感は否めず。選手達は素晴らしいプレーを見せてくれましたが、ベンチワークで勝たせることが出来ないのは、男子も含めて日本サッカーの課題のように思えるのです。

しかしながら、優勝する以外、必ずどこかで負けるのがワールドカップ。その大会の終わり方、負け方としては悪くはなかった日本。ベスト16ながら、「美しく散った」とも言えるでしょう。

しかし「よく頑張った。次はオリンピックだ」と、すぐには切り替えずに、これまでの高倉ジャパンの検証は必ずしてもらいたい。この3年間、格上相手には一度も勝てていないのですから、ベスト16という成績は妥当と言えば妥当。負けるべくして負けたとも言えるのです。

側から見れば、ツッコミどころ満載だった3年間。大会直前までチーム作りを行わず、選手選考重視。その時間をかけて選んだ選手が、多くの怪我人と初招集選手。ベレーザからは9人の選手が選ばれましたが、やってるサッカーはベレーザとは別物。高倉監督は信念を持って行っているでしょうが、結果が出なかった以上は「失敗」と言わざるをえません。

これだけ矛盾だらけの高倉ジャパンが3年間続いていたのは、ひとえに「求める声」の少なさが要因のように感じます。森保男子代表監督に対するプレッシャーとは比べるまでもなく、佐々木前監督よりも厳しい目が向けられることがなくなってしまった現在のなでしこジャパン。

注目度(人気)と強さが比例する関係にあるのはこのためですが、あまりに少なくなってしまった高倉ジャパンへの「疑問」。なぜチーム作りをしてこなかったのか? なぜリーグ得点王を選ばなかったのか? なぜ選手任せのサッカーなのか? それもこれも大会が始まってから噴出しても手遅れなのです。

求められるのは「日常」からの声。それは日本代表だけではなく、なでしこリーグにも向けられるべき。なぜ欧米の外国人選手が一人もいないのか? なぜ海外挑戦する選手が減っているのか? これで本当に世界と戦えるのか?

ワールドカップ「1勝」という結果は、変わるチャンスでもあり決断するチャンス。高倉監督の言う「チームは短期間で変われる」ならば、今からの監督交代でもオリンピックまでは時間は十分。高倉ジャパンの3年間とは何だったのか? 協会にはしっかりとした検証をお願いしたい。

試合採点
ハッスル度 7
見応え度 7
名勝負度 6.5
満足度 6.5
要検証度 10

nice!(7) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこジャパン vs イングランド [なでしこジャパン]

大会:FIFA女子ワールドカップフランス2019
結果:日本 0-2 イングランド
場所:テレビ観戦

良い試合の後にコロっと負ける。好調が継続されないのは、高倉ジャパンではよく見る光景。それはスタメンやポジションを毎試合のように変えているので、「続かない」のは当然とい言えば当然。ただワールドカップ本番ともなれば、過密日程の中で最大7試合。いかに選手を休ませながら、やりくりしていくかは監督の腕の見せどろ。

予選突破が決まっている中で、一戦必勝で同じスタメンを使い続けたり、怪我がちの長谷川選手を起用していたら、逆に心配になっていたところ。その中で好調の菅澤選手や三浦選手を休ませる采配には、好感を持つことも出来ました。

「立ち上がりが重要」とは試合前の高倉監督のコメント。前半15分を無失点で凌げれば、日本にもチャンスがあるのではと予想していましたが、14分にエレン・ホワイト選手に決められ失点。粘り強く守りきれないのは、今の日本の大きな課題。

やはり狙われてしまった日本の左サイド。イングランドの右サイドを抑えるためには、攻撃することが効果的なのですが、ようやく日本のサイドバックがオーバーラップ出来るようになったのは試合終盤から。サイドバックとサイドハーフの連携不足も、チームを熟成させて来なかったツケが出ているように見えるのです。

菅澤選手と三浦選手を投入し、チャンスを作れるようになった日本。ただそれはスコットランド戦のスタメンのままの方が良かったと証明する形にもなり、今後の選手起用にも影響を与えそう。ただ横山選手に関しては、アジアカップの時のように、スーパーサブの方が相手は怖いと思いますけどね。

押し込まれながらもしっかり追加点を取るのが、日本とイングランドの差。まだまだ「第一グループ」との差は縮まっておらず、番狂わせを起こせそうな雰囲気もなし。番狂わせを起こす条件は、「キーパーのビッグセーブ」「粘り強い守備」「ラッキーガールの出現」「監督の采配」などなどありますが、今のところクリアしてるのはキーパー山下選手の活躍くらい。

ただアルゼンチンの追い上げで、3位転落もありそうなヒヤヒヤの終盤でしたが、「運」はまだ日本にも残っていそう。2位通過の方が中5日取れるという、アドバンテージも生かして欲しいものです。

試合採点
ハッスル度 5
見応え度 5.5
名勝負度 5
満足度 5
継続度 4.5

nice!(11) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこジャパン vs スッコトランド [なでしこジャパン]

大会:FIFA女子ワールドカップフランス2019
結果:日本 2-1 スッコトランド
場所:テレビ観戦

返す返す痛恨だったアルゼンチン戦。初戦で勝ち点3を取りこぼしたことで、7試合を戦うためのターンオーバーをする余裕はなく、一戦必勝で臨むことが予想された試合前。それだけに高倉監督が3人を入れ変えてきたことには驚かされましたし、その「先」も見ている強気な姿勢には、期待感を抱くことができました。

そして試合開始直後、猛然とプレッシングに向かう岩渕選手。早々に右サイドを突破して、遠藤選手のヘディングシュートで終わった攻撃を見て、こちらもまた強気の姿勢が見られた選手達のプレーに、「初戦とは違うぞ」と感じさせてくれた試合の入り。

しかし、チャンスを作るもゴールを割れない時間が長くなると、アルゼンチン戦の悪夢が蘇って来そうな時間帯。そこで生まれた岩渕選手の先制ゴール。遠藤選手からラストパスを受け、振り抜いたシュートは重苦しい雰囲気を吹き飛ばす会心ゴール。まさに日本を救ったエースの一撃なのでした。

重さが取れた日本はようやく「これぞ日本」と言えるサッカーを披露。サイドバックやボランチの選手が攻撃に関わる厚みのある攻めを見せ、ロングボールとショートパスの使い分けも抜群。菅澤選手のポストプレーも効果的で、清水選手は何本シュートを打ったことか。サイドバックの攻撃参加が、日本の好調のバロメーター。高倉ジャパンでここまでサイドバックが攻撃参加できた試合も初めてでは?

ただ、そう簡単に終わらないのがワールドカップ。終盤に猛攻を受け、ミスがらみから失点。2枚使った交代カードも効果的とは言えず、特に日本の推進力になっていた遠藤選手を下げたことで、トーンダウンした感は否めません。

それでも崖っぷちだった日本には大きな勝利。ジーコジャパンもザックジャパンも、リオ五輪予選の佐々木ジャパンですら。初戦につまづいて、そこから挽回した「日本代表」は今まで見たことがありません。若いチームだけに精神面でも心配されましたが、ほっと一安心。何より選手達が一番ほっとしているでしょうけどね。

次のイングランド戦は1位突破を目指すのか、ターンオーバーで先に備えるのか、高倉監督のチームマネジメントにも注目。

試合採点
ハッスル度 6.5
見応え度 7
名勝負度 6
満足度 7
ほっとした度 7

nice!(9) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこジャパン vs アルゼンチン [なでしこジャパン]

大会:FIFA女子ワールドカップフランス2019
結果:日本 0-0 アルゼンチン
場所:テレビ観戦

少しの期待と大きな不安を抱えた、女子ワールドカップが開幕。期待よりも不安が上回っているのは、直近のテストマッチの出来のみならず、3年間高倉ジャパンを見てきた結果の不安。なおかつ怪我人を多く抱えた(選んだ)中で、さらに新たな怪我人の情報も。それでも本番が始まれば、今までとは別物のサッカーが見られるのではと、淡い期待も抱いていたのですが。

引いて守るアルゼンチンに対し、ボール保持率で上回る日本。それでもパスを回せるのはディフェンスラインだけで、プレッシャーが厳しくなるアタッキングサードに入るとあっさりロスト。押し込んでいるように見えて、シュートチャンスすらほとんどない展開。結局、プレッシングを交わせるだけの組織力やパスワークは完成されておらず、見られたのは「いつもの高倉ジャパン」。

後半に入り、杉田選手が前線に上がることで攻撃に厚みが生まれ、岩渕選手の投入で流れが良くなる時間もありましたが、それも時間とともにフェードアウト。決定的な場面は杉田選手がスルーして長谷川選手のシュートくらいで、決して「惜しい試合」でもなし。日本人だから見てられましたが、現地のフランスの人達が見てたら、さぞ退屈な試合だったことでしょうね。

試合後には、選手のアイディア不足を嘆く高倉監督のインタビューが聞かれましたが、「アイディアが足りないのは、あなたですよ」と言いたい。選手任せの攻撃や、完成されていない組織力、最後の交代カードを初代表選手に託さなければならないコマ不足も。全て監督自身が招いているようにしか見えないのです。

肩を落とす日本と、優勝したかのように喜ぶアルゼンチン。「3位でも可能性がある」というレギュレーションが、このような試合になった要因でもあるわけで。逆に言えば「3位でも可能性がある」は日本にとっても同じ。そこまで悲観する結果ではないのは確かですが、ダメージが大きいのは間違いなし。「番狂わせ」をしないといけない日本が、「番狂わせ」をされてしまったわけですからね。

それでもそんな厳しい状況を、いつも切り開いて来たのが「なでしこジャパン」。この大会でも「この初戦が教訓になった」と言えるように、とにかく今は切り替えてもらいたい。

試合採点
ハッスル度 4.5
見応え度 4.5
名勝負度 4
満足度 4
痛恨ドロー度 8

nice!(14) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこジャパン vs スペイン [なでしこジャパン]

大会:国際親善試合
結果:日本 1-1 スペイン
場所:テレビ観戦

「なでしこジャパン」の名勝負と言えば、2011年のアメリカ戦や2004年の北朝鮮戦など、数々の感動する試合を思い出しますが、「高倉ジャパン」の名勝負と言われると、ちょっとすぐには思い浮かばない。初戦のアメリカ戦か、昨年のノルウェー戦か、、

高倉ジャパンの試合が面白く感じられない理由の一つが、日本の代名詞だった「パスサッカー」が、すっかり影を潜めてしまったこと。それは高倉監督本人も認めているように、チームビルドよりも選手発掘とテストに時間を使った3年間でもあったから。

そのチームビルドの「後回し」が隠れ蓑となり、見る側としてもそれを差し引いて見ていたわけで。しかし、本番一週間前になっても、以前と変わらぬ試合内容と、不満顔の監督インタビューを見せられると、「大丈夫ですか?」と心配になってしまうのです。

フランスに比べるとレベルが落ちるスペインのプレッシングですら、かいくぐるだけの組織力はなく、ビルドアップの段階でパスコースを封じられる日本。バックパスや苦し紛れのロンボールも多くなり、アタッキングサードに侵入することすらままならない攻撃。

日本のストロングである前線のタレント陣を生かすことも出来ず、本番でも「耐えて耐えてワンチャンスをモノにするサッカー」になることは、どうやら間違いなさそうです。

ゴール前に侵入していった杉田選手のプレーは素晴らしかったし、ラッキーガールになりそうな予感もある遠藤選手と菅澤選手。大会を勝ち進むには絶対必要なゴールキーパーの活躍も、山下選手なら十分に期待できそう、などなど。もちろん期待を持たせてくれた場面も見られました。

それでも期待値よりも不安の方が上回った最後のテストマッチ。幸いなのは初戦の相手が、一番格下とされるアルゼンチンであること。ここでしっかりと勝つことができれば、勢いに乗れるでしょうし、このモヤモヤも吹き飛ばして欲しいもの。逆にここでつまづくようなことがあると、、、なんて考えたくはないですけどね。

試合採点
ハッスル度 5
見応え度 5.5
名勝負度 5.5
満足度 5
未完成度 7

nice!(13) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこジャパン vs ドイツ [なでしこジャパン]

大会:国際親善試合
結果:日本 2-2 ドイツ
場所:テレビ観戦

フランス相手に惨敗を喫し、現実を突きつけられた日本。かなりシビアな状況に陥ってしまっただけに、このドイツ戦の持つ意味は重要。最後のメンバー選考試合とも言えますが、フランス戦からのスタメン変更は3人だけと、高倉監督の考える「ベース」はこの選手達と言えるでしょう。

システムは長谷川選手を中央にした4-2-3-1へ変更。しかし日本はチャンスどころか、アタッキングサードへの侵入すらかなわず。フランスよりもプレッシングの緩かったドイツ相手にパスを回せないのは、選手発掘優先で、チームの熟成を後回しにして来たツケでしょうか。

しかし先制したのは日本。キーパーのミスは、サッカーの試合で一番見たくないもの。ただ、チャンピオンズリーグ決勝でも起きたことではあるので、そこを逃さずしっかり2得点決めたのは評価できる点。特に長谷川選手のゴールは、技術の高いシュートでもありました。

格上相手に勝つためには、ゴールキーパーのビッグセーブも必要不可欠。この試合での平尾選手のように、何点分防いでようやくチャンスが生まれるもの。しかし、どんなに素晴らしいプレーを続けても、一つのミスで台無しになるのもキーパーの宿命。それは平尾選手が一番分かっているでしょうが、高さとセーブ力のある平尾選手の台頭は、大きな収穫でもありました。

その平尾選手の活躍もありドロー決着。選手も守備面では手応えも感じているようでしたが、攻撃でチャンスを作れた場面は小林選手のシュートシーン1回だけ。それでもフランス戦の惨敗から多少なりとも可能性を感じられただけ、ギリギリ踏みとどまったとも見れた試合でした。

名監督の条件として、「ジャイアントキリングの経験」がありますが、格上相手に一度も勝つことなくワールドカップを迎えることになった高倉ジャパン。それはひとえに「選手発掘」に力を注いだ3年間だったからとも言えるわけで。ここから残り2ヶ月で、本当にチームの完成度を上げられるのか? 高倉監督に手腕に注目です。

試合採点
ハッスル度 5
見応え度 5.5
名勝負度 5.5
満足度 5.5
キーパー劇場度 7

nice!(14) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこジャパン vs フランス [なでしこジャパン]

大会:国際親善試合
結果:日本 1-3 フランス
場所:テレビ観戦

ワールドカップ前最後の強化試合2連戦。日本も現状のベストメンバーを揃えたスタメンでしたが、FIFAランク4位のフランスに完敗。負けたとしても何かしら得られるものがあれば良いですが、テスト色の強かったイングランド戦よりも、重い敗戦と言えるでしょう。

立ち上がりに猛攻を受けてしまうのは、毎度おなじみの光景。スタメンの海外組は熊谷選手1人。なでしこリーグの欧米外国人選手は0。これでどうやって普段から「世界基準」のプレーが出来ると言うのか? 選手の質が向上している一方で、代表の結果が付いてこない要因にも思えるのです。

国内リーグの衰退を嘆いていても仕方がないですが、ほとんどセットプレーの守備練習のような試合を見せられると、世界の第一グループとの差を痛感せざる得ません。

杉田選手も長谷川選手も、国内では通るようなパスをことごとく引っ掛けられ、カウンターの餌食に。そのカウンターを警戒する形で、両サイドバックもオーバーラップできない悪循環。後半から長谷川選手を中央にポジションチェンジし、今の日本の「切り札」的な采配なのですが、これもほとんど封じられていたのもショックが大きかったです。

小林選手や南選手など能力を発揮した選手もいましたが、高倉監督のコメント通りに、「いいところがなかった試合」。普段なら「この経験を生かして」と言いたいところですが、もうこれは本番さながらの最後の強化試合。

希望があるとすれば「若いチーム」でもあること。選手達の「伸びしろ」次第では、十分上位国とも対等に戦えるチームではあると思っているので、少しでもそんな可能性を感じられるような、次のドイツ戦を期待したい。

試合採点
ハッスル度 5
見応え度 4.5
名勝負度 4
満足度 4
重い敗戦度 7

nice!(14) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこジャパン vs イングランド [なでしこジャパン]

大会:2019 SheBelieves Cup
結果:日本 0-3 イングランド
場所:テレビ観戦

ワールドカップの前哨戦。イングランドのネヴィル監督は試合前、「日本に嫌な印象を残す」とコメントしていましたが、まさにその通りになってしまった試合。

日本は左サイドを攻略されると、立て続けに3失点。ニアの選手がスルーして、後ろの選手が走りこんでくるプレーなど、今までのイングランドにはなった攻撃。持ち前のパワーとスピードにプラスして、日本がやるような攻撃までされたら敵わない。シュートの決定力でも、日本と大きな差を見せつけられました。

アメリカ戦でもブラジル戦でも耐える時間を耐えたことで、後半のチャンスに繋がりましたが、前半のうちに3失点ではやはり厳しくなってしまいます。特にタイトルマッチのような試合では、キーパーのビッグセーブは不可欠。やはり山下選手以外に「当たる」キーパーがいないとなると、トーナメントを勝ち上がるのは難しそう。

後半から4人替えて、リズムを取り戻した日本。両サイドバックが高い位置を取れるようになり、ボランチの杉田選手の攻撃参加で前線に厚みが生まれます。小林選手や籾木選手のシュートなど、決定的な場面も大幅アップ。適正なポジションと適正な人選であれば、これくらいやれることは分かっているのですが、まぁ後は「決めてください」という感じですね。

しかし、前半のうちに3得点したイングランドが、守備戦術に切り替えたとも言えるわけで、その中で得点出来なかったことは、やはりイングランドの狙い通りの完勝だったと言えるでしょう。

本番3ヶ月前にして、この大会を「発掘」の場にした高倉監督。その甲斐あって杉田選手という収穫がありましたが、その一方で心配なのがチームの完成度。個で劣る日本の生命線は組織力。イングランドに組織力でも差を見せつけられると不安にもなりますが、ここまで来たら高倉監督の「短期間でチームは作れる」の言葉を信じるしかないですけどね。

この時期にガツンとやられておくのは悪いことではありません。ドイツワールドカップ前のアメリカ戦や、ロンドン五輪前のフランス戦での完敗を結果に繋げたように、この敗戦を生かしてくれればそれで良し。ただ、今日のスタメンがワールドカップのイングランド戦で、何人出ているかは分かりませんが。

試合採点
ハッスル度 4.5
見応え度 5
名勝負度 5
満足度 5
前哨戦度 5

nice!(14) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこジャパン vs ブラジル [なでしこジャパン]

大会:2019 SheBelieves Cup
結果:日本 3-1 ブラジル
場所:テレビ観戦

アメリカ戦から7人入れ替えてのブラジル戦。前半終了間際に籾木選手のゴールで先制するものの、急造チームの宿命か、パスミス、連携ミスが多く見られた低調な前半。

後半に入るとブラジルの猛攻を受け、ゴール前に釘付け状態。勢いに乗らせると恐ろしいブラジルですが、その一方で諦めるのも早いのは南米チームの特徴。苦しい時間を粘り強く耐え切ったことで、日本に流れを引き寄せることが出来ました。

58分の4枚替えで、前線は全員がベレーザの選手。加えて鮫島選手をサイドバックで起用したことで、前半は0だったサイドバックのオーバーラップで攻撃に厚みが生まれます。鮫島選手個人の判断だけではなく、チームとしてサイドバックの攻撃参加は、もっと増やして欲しいところ。

システムも4−2−3−1に変更してから、小林選手、長谷川選手と2得点。しかし、せっかくベレーザの選手で揃っているなら、普段やっている4-1-4-1の方がやりやすいだろうとは思いますが。

ベレーザの選手達に、杉田選手が加わった攻撃の連携は、目を見張るものがあります。ようやく「黄金世代」と呼ばれた選手達が、その実力を発揮できるようになって嬉しい限り。しかし、高倉監督が「発掘」を目的にしているのなら、前半の選手達だけでも、これくらいの内容は見せて欲しかったですけどね。

次節はなんとイングランド戦。ワールドカップで対戦が決まっている相手と、この時期に対戦するのはちょっと聞いたこがありません。しかもタイトルマッチになるかもしれないシチュエーション。日本はこれまでのスタンスで、色々な選手を試すでしょうが、どれだけ手の内を見せるのか、隠すのか。非常に興味深い前哨戦になりそうです。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6
名勝負度 6
満足度 6.5
耐えた度 6.5

nice!(10) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこジャパン vs アメリカ [なでしこジャパン]

大会:2019 SheBelieves Cup
結果:日本 2-2 アメリカ
場所:テレビ観戦

まずこのアメリカ遠征に召集された新戦力はなんと7人。ワールドカップまで3ヶ月と迫っている中で、高倉監督が優先したのは、チームの成熟よりも新戦力の発掘。さすがにこの時期になってまだ「発掘」かと心配にもなりますが、この試合ではそのチャレンジが生きることになりました。

毎年この時期に行われるアルガルベカップで、目にするのはチームの低パフォーマンス。シーズン前に加え、外国人選手のスピードとパワーに慣れるのに費やされる時間。初代表選手が多く入った日本に対し、本番モード全開のアメリカに、ガツンとやられてしまうことも予想していた試合前。

しかし、序盤こそアメリカのプレッシャーに押し込まれましたが、時間の経過とともに日本の攻撃も見られるようになります。予想に反して落ち着いた試合運びが出来た要因は、新戦力のボランチの二人。杉田選手と松原選手。

危険な場面で体を投げ出せる守備的な松原選手と、持ち前のテクニックで攻撃の起点になっていた杉田選手。特に杉田選手のキープ力が日本の安定感を生み出し、中盤でボールを失わないことで、アメリカのカウンターを受けることも少なくなっていました。

MVPを取ったU-17ワールドカップを思い出すくらい、同世代の長谷川選手らとの相性も良し。それにしても杉田選手がアメリカ相手にここまで力を発揮できたのは、この試合一番の収穫でもあり、驚きでもありました。

しかしさすがはアメリカ。ヒース選手やモーガン選手の個人技はもちろん、キーパー山根選手の高さを警戒して、低いコーナーキックを徹底するという、スカウティングやチーム戦術度の高さ。本来なら日本がやるべき、セットプレーのアイデアだと思うんですけどね。

そんなアメリカ相手に、粘り強く同点に追いつけたことは大きな収穫。何より選手達が自信になったのではないでしょうか。後は長谷川選手の攻撃力が生きるのはやはり中央のポジション。得点が欲しい場面で4−2−3−1や4-1-4-1への変更は、高倉監督も考えているようですね。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6.5
名勝負度 6
満足度 6.5
ポジティブ度 6.5

nice!(10) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - なでしこジャパン ブログトップ