So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
なでしこジャパン ブログトップ
前の10件 | -

なでしこジャパン vs オーストラリア [なでしこジャパン]

大会:AFC女子アジアカップヨルダン2018 決勝
結果:日本 1-0 オーストラリア
場所:テレビ観戦

強豪相手やトーナメントを勝ち抜くには、ゴールキーパーのビックセーブは必須。ドイツワールドカップの海堀選手や、ロンドン五輪の福元選手がそうだったように、キーパーが勝たせてくれる試合をなかなか見られなかった高倉ジャパン。

しかしそれをこの決勝の舞台でやってのけた山下選手。本人も「自作自演」とコメントしたPKストップもさることながら、その前のカー選手、デバナ選手のシュートを立て続けにセーブした時点で、「この試合行ける」と思いましたよ。

菅澤選手のポストプレーや、市瀬選手の予測能力、そして岩渕選手のキープ力にはビックリするくらい。それぞれの選手が自分の役割をしっかり果たし、決勝戦に相応しいハイレベルな攻防が見られた前半。

しかし後半は消耗しました。全試合フル出場の岩渕選手も足が止まり、前線に収まらなくなったことで防戦一方に。耐えていれば必ずチャンスは来ると思っていましたが、まさか本当にワンチャンスだったとは。それを見事一撃で決めた横山選手。そんな選手がジョーカー的に出て来るわけですから、チーム内の良い競争も生まれている証拠。

熊谷選手が「このままでは勝てない」と試合後コメントしていたように、まだまだ課題もあった試合内容。しかしここまで結果も内容も伴わず、苦しんでいた高倉ジャパン。アジアチャンピオンという最高の結果が、なによりの自信になることは間違いないでしょう。

暗い話題が続いている日本サッカー界。そんな時にいつも明るい話題を届けてくれたのが「なでしこジャパン」。そいうチームに再びなってくれたことが、優勝という結果以上に嬉しいのです。

試合採点
ハッスル度 7
見応え度 7
名勝負度 6
満足度 7
一撃必殺度 10

nice!(5) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこジャパン vs 中国 [なでしこジャパン]

大会:AFC女子アジアカップヨルダン2018 準決勝
結果:日本 3-1 中国
場所:テレビ観戦

過密日程の中でターンオーバーを使い、上手く選手をやりくりして来た高倉監督。「誰が出ても質の変らないサッカー」を目指し、我慢し続けてきた成果がようやく現れて来た形。それぞれの選手が、持ち味を発揮できていることにもチームの成長を感じます。

組織的な守備が機能し、最高の入り方をした日本。しかし引いた相手を崩すのは容易ではく、こういう局面を打開出来るのはやっぱり「個」の力。岩渕選手が決めたトラップからの一連の流れのゴールはまさにゴラッソ。

貴重な先制点のみならず、人一倍ボールを受けて、人一倍守備もした獅子奮迅の活躍。岩渕選手が本当の意味で「エース」になった試合とも言えるのでは?

後半苦しい時間も続きましたが、横山選手がチームを救う2ゴール。チームマネジメントには冴えを見せていた高倉采配も、試合中の交代策には消極的に見えた今までの試合。それもこの試合ではドンピシャ。選手のプレー、監督の采配と、高倉ジャパン史上最高の試合を見せてくれたのではないでしょうか。

試合前にはタイがオーストラリアを苦しめハラハラしましたが、なるべくしてなった決勝カード。グループリーグのモヤモヤを晴らすにも最高の舞台。何より選手や監督が、それを望んでいることが心強い限りなのです。

試合採点
ハッスル度 7
見応え度 6.5
名勝負度 6
満足度 7
獅子奮迅度 7

nice!(11) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこジャパン vs オーストラリア [なでしこジャパン]

大会:AFC女子アジアカップヨルダン2018
結果:日本 1-1 オーストラリア
場所:テレビ観戦

ワールドカップ出場権のかかった、高倉ジャパン集大成とも言える試合。その最も大事な試合で先発した、阪口選手と宇津木選手のダブルボランチ。この組み合わせが現状最もバランスが良いように見えるのですが、高倉体制になってからは数回のみ。まさかこのために「隠してた」ってことはないですよね?

その狙い通りに、宇津木選手の中盤でのディフェンスがハマり、オーストラリアは苦し紛れに放り込むだけに。しかし、その苦し紛れでも「あわや」というシーンを作られてしまうのですが、熊谷選手を中心としたディフェンス陣も体を張りました。

逆にチームの要、阪口選手の調子は上がりません。普段では考えられないようなパスミスも散見。日本の攻撃のリズムが上がらない要因にもなっていましたが、それだけに先制ゴールは値千金。多くの選手が関わった、日本らしい見事な形。ここまで痛快なゴールが見れたのは、本当に久しぶりという気もします。

しかしチャンスはこの1回のみ。後半に入り消耗も見られて来た日本。そこでフレッシュな選手を投入するなど、打てる手もあったようにも見えましたが、最後の最後で同点を許す形。なでしこらしい泥臭い戦いは見られましたが、采配も含め、まだ「勝ち切る」だけの力は足りなかったですね。

最後はなでしこらしくないボール回しでフィニッシュ。オーストラリアがまったく取りにこないことで、談合感が際立ってしまいましたが、グループリーグ突破という意味でも妥当な策。決勝で再び相まみえた時に、スッキリ決着を付けてくれるでしょう。その前に、ワールカップ出場権獲得というミッション成功を、素直に喜びたいと思います。

試合採点
ハッスル度 6.5
見応え度 6.5
名勝負度 6
満足度 6
暗黙の了解度 10

nice!(10) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこジャパン vs 韓国 [なでしこジャパン]

大会:AFC女子アジアカップヨルダン2018
結果:日本 0-0 韓国
場所:テレビ観戦

流血が見られるなど、日韓戦らしいバチバチした試合。まず戦いの部分で負けていたら始まらないし、その部分ではよくファイトしていた日本。特にチ・ソヨン選手にほとんど仕事をさせなかった阪口選手。プレーでチームを引っ張れる存在になってきました。

やっぱり気になったのは両ウィングのポジショニング。長谷川選手はもともと自由に動き回る選手ですが、川澄選手があれだけ中央に位置しているのは珍しい。サイドに選手がいないわけですから、サイド攻撃を出来るはずもなく。パスコースも消され一向にテンポも上がらない。

これが高倉監督の戦術なのがハッキリしたわけですが、狙いは選手間の距離を近くすることでしょう。しかし、川澄選手に「縦への突破」を期待しておきながら、ボールを受ける場所が中央では、本来の特徴は発揮されませんよね。

後半明らからに動きの止まった韓国。そこで運動量のある中島選手や増矢選手を投入する策もあったはず。交代カードも1枚残し、横山選手投入も86分では、日本も一緒になって消耗してしまっただけ。選手は死力を尽くしましたが、采配では打てる手があっただけに残念。

ワールドカップの切符は、オーストラリア戦に持ち越し。現在アジア最強のオーストラリアですが、佐々木ジャパン時代はお得意様だった相手。あまり相手を恐れ過ぎてしまうと、一段とパスも回らなくなってしまいますよ。

試合採点
ハッスル度 5.5
見応え度 6
名勝負度 6
満足度 5.5
日韓戦度 6.5

nice!(10) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこジャパン vs ベトナム [なでしこジャパン]

大会:AFC女子アジアカップヨルダン2018
結果:日本 4-0 ベトナム
場所:テレビ観戦

相手がベトナムであろうがヨルダンであろうが、先制点を奪えず自ら苦しむ試合を度々目にして来ました。それだけに開始3分で決めた横山選手のゴールは大きかったし、「全て」だったとも言えるでしょう。

ガーナ戦に続いて、フォワード陣がそれぞれ得点できているのも好調な証。岩渕選手と横山選手のツートップは、現時点で最強かもしれませんが、ゴール前で自ら仕掛ける似たタイプ。2人のコンビネーションでの得点も、これからは期待したいところです。

この試合でハマっていた積極的な守備。プレスバックで相手を挟んで奪う「回収作業」が何度も見られました。その中盤の要になっていた猶本選手。五分五分のボールをスライディングで足を伸ばし、ダイレクトパスやシュートのタイミングも良し。

ようやくフル代表で躍動する姿を見られたという印象。彼女のような人気のある選手が、日本の中心になれたら大きな収穫。この大会で大化けできるかは、この後の試合次第。

難しい初戦という意味でも上々のスタート。もちろん相手がベトナムということは、選手も監督も自覚しているでしょうけどね。ここから先が本当のアジア予選。チ・ソヨン選手のいる韓国と、ガチンコのタイトルマッチが見られるのは非常に楽しみ。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6.5
名勝負度 5
満足度 6.5
上々度 7

nice!(8) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこジャパン vs ガーナ [なでしこジャパン]

大会:MS&ADカップ2018
結果:日本 7-1 ガーナ
場所:トランスコスモススタジアム長崎 観衆6782

IMG_9745.jpg

IMG_9806.jpg

アジアカップに向けての壮行試合。ガーナには申し訳ないですが、力の差は歴然で、テストにもならないような相手でした。しかし、勢いをつけて大会に向かうという意味では、最高の形になったことは間違いないでしょう。

序盤は「これでもか」というくらいスルーパスを狙う日本。穴だらけのガーナのディフェンスを見て、「通せる」と思ってしまうのでしょうが、アジアの強豪相手にはリスクの高い攻撃。それだけに、中島選手のサイドから崩した3点目に価値がありました。

ガーナもこの得点によって意気消沈で、その後は日本の「お好きなように」状態。それでも国際試合で7得点出来ることはなかなかないですし、色々な選手が得点出来たことも収穫。特にフォワード陣に当たりがでたのは大きいですね。

期待の川澄選手も流石のパフォーマンス。プレー面での好影響はもちろん、この試合でも選手と話をする場面がよく見られました。選手同士が話しをする姿は、佐々木ジャパン時代はよく見られた光景。この辺の意思疎通も、今の若い選手との違いのように見えるのです。

いずれにしても7得点と興行的にも万々歳。いい気分で本大会に向かって欲しいですが、この試合のことはキッパリ忘れて、まずは初戦のベトナム戦に集中。

試合採点
ハッスル度 5
見応え度 6
名勝負度 4
満足度 7
花試合度 7

nice!(9) 

なでしこジャパン vs カナダ [なでしこジャパン]

大会:FPFアルガルベカップ 2018
結果:日本 0-2 カナダ
場所:テレビ観戦

佐々木監督時代、カナダと言えば「お得意様」でした。特にカナダワールドカップ前に行なわれた親善試合。3-0という結果も内容でも圧倒したこの試合は、なでしこジャパンが「最も強く見えた試合」として非常に印象に残っています。

そこから時が流れ、あまりにも「か弱く」見える現在の日本。それはそのまま、佐々木監督と高倉監督の力量の差として、ハッキリ現れてしまったのです。

失点シーンから見えてくるカナダとの戦術の差。「気持ちが足りない」とか「集中力が欠けている」という次元の話では無く、組織でパスコースを塞ぎ、前線から虎視眈々とボールを奪いに行くカナダ。日本のミスではなく、相手の狙い通りの得点と言えるでしょう。

デンマークのようにパスを繋がせてくれる相手には強いが、それを封じられた時の対策やアイデアは見えません。選手の組み合わせを試している間に、世界はどんどん完成度を高める一方。それが現状の「差」になっているのですが、さすがにチーム作りが遅過ぎなのでは?

E-1選手権の後、監督交代のチャンスを逃したサッカー協会。次はアジア予選という「本番」。5枠という緩い設定でも、今の日本ではけっこう心配。ここで結果が出ずに監督交代となっても、もうそれは後の祭り。まぁそうならないことを願うばかりですが。

試合採点
ハッスル度 4
見応え度 4
名勝負度 4.5
満足度 4
か弱い度 8

nice!(8) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこジャパン vs デンマーク [なでしこジャパン]

大会:FPFアルガルベカップ 2018
結果:日本 2-0 デンマーク
場所:テレビ観戦

前半は前線からの守備がハマり、後半には効果的な攻撃の形も見ることができました。高倉ジャパンになってから、上位に入るくらい内容の良い試合だったのでは?

後半の攻撃に厚みが出たのは、サイドバックや2列目からの追い越す動きが増えたから。特にサイドバックの攻撃参加が日本のバロメーターになるのですが、敵陣深くからマイナスのクロスも何本か見られました。

今までバイタルエリア付近からの浅いクロスが多かった日本。そこからさらに進入できる清水選手の投入が、後半の活性化に繋がったようにも見えました。

まぁ「決めてくれよ」という場面も多くありましたが、それはデンマークにも言えたこと。ピッチコンディションが良ければ、もっと見栄えの良いサッカーが見られたかもしれません。

初戦の自信回復という狙いもあったスタメンだと思いますが、その意味でもいろいろ収穫のあった試合。ただデンマークはボールを持たせてくれる愛称の良い相手。スペインや北朝鮮のようなハイプレスで来る相手にも、このような試合が出来れば良いのですけどね。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6
名勝負度 6
満足度 6.5
攻撃の厚み度 6.5

nice!(6) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこジャパン vs アイスランド [なでしこジャパン]

大会:FPFアルガルベカップ 2018
結果:日本 2-1 アイスランド
場所:テレビ観戦

大敗のショックから立ち直れずに、ズルズルと尾を引くことはよくあるので、勝ち切れたことは一つの収穫。大会の興味をなくさない意味でも、良かったと思います。

ただ10分見れば、負けるような相手ではないことは一目で分かるアイスランド。そんな相手に「なんとか勝てた」内容では、とても改善されたとは誰も思っていないでしょう。

気になったのは、放送内でも度々聞かれた「自由」というフレーズ。日本では「自由」や「流動的」を良しとされている向きもあるのですが、「日本人はポジションを守らない」と語ったモンバエルツ監督の問題提起に繫がる部分。

男子も含めサイドの選手が中央に入りすぎて、渋滞を起こすのは良く見る光景。サイドで勝負できる、川澄選手のようなウインガーがなかなか現れないのも関係あるのように思えます。

何より監督の色や狙いが一番知りたい部分。選手まかせの「自由」では、結果が出ていない現状。活動期間の限られる日本代表で、形や決まり事があった中での「自由」なら良いと思うのですが。

選手の組み合わせを試すのにも時間を使い過ぎでは?そろそろ「これが高倉ジャパンだ」という形を見せて欲しいのです。

試合採点
ハッスル度 5
見応え度 5
名勝負度 5
満足度 5
やれやれ度 7

nice!(9) 
共通テーマ:スポーツ

なでしこジャパン vs オランダ [なでしこジャパン]

大会:FPFアルガルベカップ 2018
結果:日本 2-6 オランダ
場所:テレビ観戦

敗戦は悪い事ではない。反省材料が見え、課題を次に繋げればいい。しかし、ただ打ちのめされるだけの大敗は、選手の自信を失うだけ。北朝鮮戦からそんな惨敗を2試合続けてしまった高倉監督。自身の口から「前進している」と聞かれましたが、「本当ですか?」と聞きたくなります。

確かに就任当初は期待感もありました。アンダー世代で結果を残し、特にU-17のワールドカップではサッカーの内容も良かった。しかし、くしくも解説の大野選手がコメントしていました、「アンダーとフル代表は別物」と。もちろん選手に対してのコメントですが、監督にも当てはまること。

佐々木ジャパンの何が良かったと言えば「組織的な守備」。前線から追い込んで中央で奪う守備が、体格差のある相手に対し日本の生命線でした。敗戦原因に「フィジカル」を上げるのならば、もっと違った人選があるのでは?

メダルラッシュに沸いた平昌オリンピック。しかし降って沸いたメダル獲得ではなく、羽生選手も小平選手もカーリング女子も、数年前から結果を残していたメダル候補。なでしこジャパンが本気で東京オリンピックでメダルを狙うのならば、現時点でメダル候補になってないと遅いくらい。

第2グループからの脱落も見えてきた今、問われるのは選手でも監督でもなく、サッカー協会の本気度。

試合採点
ハッスル度 4
見応え度 4.5
名勝負度 4
満足度 4
崩壊寸前度 7

nice!(9) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - なでしこジャパン ブログトップ