So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
Jリーグ ブログトップ
前の10件 | -

ジェフユナイテッド千葉 vs 大宮アルディージャ [Jリーグ]

大会:JリーグD2 第22節
結果:ジェフユナイテッド千葉 1-3 大宮アルディージャ
場所:フクダ電子アリーナ 観衆11069

IMG_7267.jpg

IMG_7314.jpg

順位は8位と13位の対決ながら、クラブ力から見ればJ2屈指の好カード。両チームの特徴として、共にサイド攻撃が挙げられますが、そんなシーンが随所に見られた試合。

先制点は千葉。10分、左サイド深く切り込んだ為田選手のクロスをラリベイ選手が押し込みゴール。大宮に押しこまれていた序盤でしたが、ファーストチャンスをモノに出来たのは大きかった。

大宮の攻撃の起点もサイドから。右サイドからの鋭いクロスをマテウス選手がファインゴール。両チームの特徴が良く現れていた見応え十分の前半。しかし千葉は前線でポストになっていた指宿選手を交代してから、序盤に劣勢に。

69分、大宮は再び右サイドからのクロスを富山選手がトラップ。このボールが高く浮いてしまうのですが、これを見事にジャンピングボレーで逆転。勢いに乗った大宮は2分後に、大前選手のファインゴールも決めて勝負アリでした。

ワールドカップを見ていても、サイドアタッカーの活躍が鍵になる現代サッカー。J1でも中央に密集してしまうサッカーを多く目にするのですが、J2で見応えあるサイドの攻防が見られることは嬉しい限りです。

一時はどうなることかと心配した石井監督も、ようやく波に乗れてきたようでなにより。ベルギーを苦しめた西野監督以前に、レアル・マドリードをあと一歩まで追い詰めた名監督が、フェードアウトされてしまっては困りますから。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6.5
名勝負度 5.5
満足度 6
サイドの攻防度 7

nice!(14) 
共通テーマ:スポーツ

FC東京U-23 vs FC琉球 [Jリーグ]

大会:JリーグD3 第14節
結果:FC東京U-23 1-1 FC琉球
場所:江東区夢の島競技場 観衆2074

IMG_5725.jpg

IMG_5731.jpg

前夜に行なわれたポルトガルとスペインの対戦。ワールドカップ序盤にして、これ以上の好勝負が生まれるのか?というくらい極上の試合。どうしたってこの試合と比較しながらの試合観戦。ワールドカップとJ3リーグ。それでも十分に楽しめた試合でした。

49分、東京のバックパスを奪った和田選手が先制ゴール。追いつきたい東京は、62分にコーナーキックから矢島選手のヘッドで同点。以降は琉球の猛攻が続きましたが、東京のキーパー廣末選手が再三のビッグセーブ。

ワールドカップを見ていても、試合のクオリティに繋がるのが、シュートの精度とゴールキーパーの質。その意味でも大当たりだったの両チームのゴールキーパー。特に廣末選手はPKストップまで決める大活躍。やはりキーパーが活躍すると試合が締まりますね。

アディショナルタイムのカウンターの応酬も見応えアリ。最後まで勝ち点3を取りに行く両チームの姿勢も気持ちよかったです。

もう一つ、今のワールドカップでポイントになっているのがセットプレー。ここまでの得点のほとんがセットプレーから生まれていて、ますます重要度も上がっています。それに反して優秀なプレースキッカーが、久しく生まれていない日本の現状。J3が「育成の場」も兼ねているとすれば、優秀なキッカーも育てて欲しいものです。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6
名勝負度 6
満足度 6.5
キーパーの活躍度  7

nice!(9) 
共通テーマ:スポーツ

ヴァンフォーレ甲府 vs 浦和レッズ [Jリーグ]

大会:YBCルヴァンカップ プレーオフステージ
結果:ヴァンフォーレ甲府 2-0 浦和レッズ
場所:山梨中銀スタジアム 観衆10337

IMG_4586.jpg

IMG_4742.jpg

ルヴァンカップのプレーオフ。J2の甲府とJ1の浦和が対戦という、今年からのレギュレーションで不思議な感じもあります。それが影響したのかJ2開幕以降、苦しんでいた甲府。シーズン序盤ながら監督交代まで踏み切ったわけですが、この決断が当たりました。

上野監督に変わってから、白星を重ね順位もジャンプアップ。その勢いそのままに、この試合でも格上の浦和を圧倒。37分にコーナーから今津選手が頭で決めると、51分には小塚選手がこぼれ球を押し込んで追加点。

今までの甲府らしいカウンターは健在なのですが、ゴール前で細かくつないで崩す場面も。相手のお株を奪うパスワークで、何度も浦和ゴールを脅かしていたことに驚きでした。

まさに、監督交代というショック療法が吉とでた形の甲府。一方の浦和も今シーズン2度目の監督交代を敢行したわけですが、こちらはどうも上手くいっていない様子。

この試合でもチャンスらしいチャンスはほとんど作れず、逆に2失点で済んで良かったという試合内容。やはり気になったのディフェンス面での緩さ。ゴール前であっさり突破を許してしまう場面も多く見られました。

そろそろオリヴェイラ監督のカラーも出していきたいところ。そうなる前に、大槻監督再登場なんてことにならなければいいのですが。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6
名勝負度 5.5
満足度 6
監督交代の明暗度  7

nice!(9) 
共通テーマ:スポーツ

ジェフユナイテッド千葉 vs ファジアーノ岡山 [Jリーグ]

大会:JリーグD2 第12節
結果:ジェフユナイテッド千葉 1-0 ファジアーノ岡山
場所:フクダ電子アリーナ 観衆10514

IMG_2163.jpg

IMG_2187.jpg

メイストームと呼ばれる強い風。キーパーのフィードがタッチラインを割ってしまうなど、ロングボールの対応にも苦労していた両チーム。そんな中、先制点が生まれたのも風が影響したゴールでした。

カウンターから船山選手が右サイドを駆け上がりクロス。それがループシュート気味にポストに当たりゴールに吸い込まれます。本人も「狙っていない」と苦笑いでしたが、嘘でも「狙い通り」くらい言ってくれた方が面白いんですけどね。

岡山は68分に濱田選手が2枚目のイエローカードを受け退場。ここから数的不利の10人になると、逆に攻撃がシンプルになってチャンスが増えました。リカルド・サントス選手の落としを狙ったパワープレーの連続で、千葉ゴールを脅かします。

一方の千葉は追加点を取りに行くことは選択せずに、エベルト選手を投入して守備重視。数的有利ながら守りに入ったところに、現在のチーム状況が伺い知れますが、狙い通りこの1点を守り切ることに成功。

現在2位と好調な岡山と、攻撃的スタイルの千葉。事前の期待値の高かったカード。それでもハードスケジュールの影響もあったでしょうか、見られたゴールが「入っちゃった」1点だけだったのは、ちょっと残念でもありました。

試合採点
ハッスル度 5
見応え度 5
名勝負度 5.5
満足度 5
狙ってない度 7

nice!(8) 
共通テーマ:スポーツ

福島ユナイテッドFC vs 藤枝MYFC [Jリーグ]

大会:JリーグD3 第8節
結果:福島ユナイテッドFC 2-0 藤枝MYFC
場所:とうほう・みんなのスタジアム 観衆1253

IMG_1714.jpg

IMG_1760.jpg

4月とは思えぬ炎天下での試合。こういうコンディションでポイントになるのは、いかに体力を温存できるか。そんなセーブモードだったのか、ほとんど得点の匂いが感じられなかった前半。

試合が動いたのは56分。右サイドを深く切り込んだ田村選手がそのままシュート。キーパーのファインセーブで防がれましたが、最後は樋口選手がきっちり押し込み福島が先制。

その5分後、今度は藤枝がまったく同じ形でゴールネットを揺らしましたが、こちらはオフサイド。

追いつきたい藤枝は、前がかりになっていたところを武選手にカウンターを受け失点。武選手はフィジカル勝負で、前半から何度も抜け出すシーンを作りチャンスを演出。73分に見事ゴールを決めて勝負アリでした。

藤枝のシュート数は15本と福島の倍以上。ただ肝心な場面でシュートをふかしてしまうのが目に付きました。得点にならずとも、鋭いシュートが枠に飛ぶのと、ふかしてしまうのでは、試合のクオリティとしても大違い。シュートの精度がそのまま、この試合の明暗を分けたようにも見えました。

試合採点
ハッスル度 5.5
見応え度 5.5
名勝負度 5.5
満足度 6
夏試合度  6.5

nice!(8) 
共通テーマ:スポーツ

浦和レッズ vs 北海道コンサドーレ札幌 [Jリーグ]

大会:JリーグD1 第9節
結果:浦和レッズ 0-0 北海道コンサドーレ札幌
場所:埼玉スタジアム2002 観衆39091

IMG_0719.jpg

IMG_0751.jpg

試合前の選手紹介、ペトロヴィッチ監督には愛のあるブーイングが投げかけられ、大槻監督には大拍手。なにかと話題の多かった古巣対決。

同じ3バックのシステムで臨み、主導権を握ったのは浦和の方。前線3人の距離が近くなったため、俄然輝きを取り戻してきた興梠選手。しかし、ク・ソンユン選手のファインセーブもあり、最後のところで決めきれません。

逆に札幌は序盤こそミシャサッカーらしいダイレクトパスも繋がりましたが、徐々に浦和の圧力を受ける形に。ペトロヴィッチ監督が浦和時代、相手チームの守備的なサッカーを嘆くコメントを良く聞かれましたが、立場が変わって5バックで引いて守る姿には残念。

共に勝ち点1の痛み分けは悪くはない結果。攻守の切り替えも早く、それなりに見どころのあった試合。しかし、「攻撃的」をウリにして来たペトロヴィッチ監督の凱旋試合が、スコアレスドローだったのは皮肉な結果ではありました。

浦和は次節からオリベイラ監督にバトンタッチ。大槻監督は無敗でチームを立て直すなど、中継ぎとして完璧な結果を残しました。そのキャラクターから話題づくりにも大きく貢献。このまま消えてしまうにはもったいない。他のクラブで指揮する姿も、見てみたいものです。

試合採点
ハッスル度 5
見応え度 5.5
名勝負度 5.5
満足度 5
アウトレイジ度  7

nice!(6) 
共通テーマ:スポーツ

横浜F・マリノス vs 川崎フロンターレ [Jリーグ]

大会:JリーグD1 第6節
結果:横浜F・マリノス 1-1 川崎フロンターレ
場所:日産スタジアム 観衆37332

IMG_0452.jpg

IMG_0496.jpg

試合前からいろいろ話題も多かった神奈川ダービー。試合序盤は川崎が圧倒。完全に崩し、決定的な場面を何度も作りましたが、得点には繋がらず。決め切れないというよりも、外しまくったという印象。決めるべき時に決めないと、もちろん流れは変わってしまいますよね。

アンジェ・ポステコグルー監督に変わり、ゴール前からも繋ぐようなった横浜FM。しかし両サイドがワイドいっぱに構えるなど、モンバエルツ監督時代の名残も感じるサッカー。カウンターやサイドからチャンスを作り、大津選手のシュートなどで、流れを引き寄せて行きました。

後半に入りお互い1点ずつ取り合う展開。その後は膠着状態に入ると77分、ついに川崎は斎藤学選手を投入。復帰第1戦が、因縁の古巣相手ということで、話題性は満点。スタジアムの反応がなによりの証拠で、斎藤選手がボールを持つ度に大ブーイング。

このタイミングでしか、これだけの反応はなかったでしょうし、なによりエンタメ性は抜群。鬼木監督もそこまで狙ったわけではないでしょうが、スタジアムがヒートアップしたことは間違いなし。試合自体も最後まで白熱の展開で、十分楽しませてもらえた神奈川ダービーでした。

Jリーグを興行としていろいろな人に見てもらうためには、こういうプロレス的な話題作りも重要でしょ。鬼木監督ナイスです。

試合採点
ハッスル度 7
見応え度 6.5
名勝負度 6.5
満足度 7
エンタメ度 7

nice!(8) 
共通テーマ:スポーツ

柏レイソル vs 全北現代 [Jリーグ]

大会:AFCチャンピオンズリーグ2018
結果:柏レイソル 0-2 全北現代
場所:日立柏サッカー場 観衆7187

IMG_0252.jpg

IMG_0310.jpg

負ければ予選突破は厳しくなる大一番。その割にあっさりと主導権を渡したように見えた試合序盤。アウェーでも守備的に入らず、得点を取りに行った全北現代。そして16分に狙い通り得点すると、その後はしっかりと守りを固めてきました。

20分以降は柏のペース。伊東選手の右サイドを起点に何度もチャンスを作りましたが、ゴール前で全北現代ディフェンスの網にかかり、シュートが打ちきれず。トラップミスでチャンスをフイにするシーンも度々見られるなど、消化不良気味の攻撃も目立ちました。

多くのチャンスを決めきれずにいると、必ず流れは変わるもの。77分にコーナーキックからあっさりと追加点を許し勝負あり。日本サッカーで何度も目にしてきた、典型的な負けパターンの試合になってしまいました。

中村航輔選手の負傷欠場は痛かったですが、それでも結果は変わらなかったであろう試合展開。やはり悔やまれるのは試合の入り方ですかね。

柏駅に行けば「柏から世界へ」の旗が多く見られ、サポーターのACLにかける並々ならぬ熱意も伝わってくるのクラブ。しかし周囲の期待とは裏腹に、やっている選手達や監督にとってACLとは、どれくらいのプライオリティなんですかね?

試合採点
ハッスル度 5.5
見応え度 5.5
名勝負度 5
満足度 5
典型的度 6.5

nice!(9) 
共通テーマ:スポーツ

ジェフユナイテッド千葉 vs 京都サンガFC [Jリーグ]

大会:JリーグD2 第6節
結果:ジェフユナイテッド千葉 2-0 京都サンガFC
場所:フクダ電子アリーナ 観衆9737

IMG_9221.jpg

IMG_9285.jpg

前節6得点の勢いそのままに、前半で2得点の千葉。24分は左右に揺さぶって、フリーになったエベルト選手が頭でゴール。その3分には、セットプレーのこぼれ球を熊谷選手が流し込み追加点。

2点目のセットプレーを取ったのは指宿選手のドリブルから。この試合ではほぼ完璧なポストプレーを披露。ボールのないところでの、闘莉王選手との駆け引きなんかも見応えありました。この試合で最も目立っていた選手。あとはシュートの意識ですかね。

千葉といえばハイラインが有名ですけど、左右タッチラインいっぱいに構えるワイド攻撃も特徴的。中央に人が集まり密集したサッカーを多く目にする中で、非常に見栄えもいいエスナイデル監督のサッカー。これで昨年終盤のような勢いも戻ってくるでしょうか。

一方の京都は後半から闘莉王選手を一列上げて得点を取りに。しかしチャンスらしいチャンスは岩崎選手のシュートくらいで、攻め手に苦しんだ印象。京都にはロペス選手らの「高さ」という一発があるだけに、もっと単純に使っても良かったのでは? 闘莉王選手のパワープレーも見たかったですけどね。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6
名勝負度 5.5
満足度 6
ワイド攻撃度 6.5

nice!(7) 
共通テーマ:スポーツ

東京ヴェルディ vs 松本山雅FC [Jリーグ]

大会:JリーグD2 第3節
結果:東京ヴェルディ 2-1 松本山雅FC
場所:味の素スタジアム 観衆8812

IMG_8725.jpg

IMG_8742.jpg

緑ダービーは開始2分で松本が先制すると、その5分後に東京Vもすぐさま同点。サイドチェンジが有効に決まり、ピッチを広く使ったサイド攻撃もよく機能していた東京Vの攻撃。

43分には左サイドからのクロスを、アランピニェイロ選手がバイシクル気味のスーパーボレー。こういうスーパーなプレーが見られた時も、「見に来て良かった」って思えるんですよね。

2得点のブラジルコンビもさることながら、一番目についた渡辺選手のプレー。テクニックがありパスも鋭い、小兵ながらボールを失わない力強さもある。中島翔哉選手といい、優秀な若手が次々出てくるのが、東京Vの強みではないでしょうか。

一方の松本。先制点は流れるような気持ちの良いゴールでしたが、その後はトーンダウン。何度かあった決定機も、キーパーのファインセーブに防がれてしまいます。3枚使った交代カードも、ギアアップできなかったのは残念。

しかし松本の武器といえばサポーター。この試合でも東京Vサポーターを大きく上回る動員力で後押し。これだけのサポーターの声援に応えるためにも、早く勝ち星が欲しいところでしょうね。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6.5
名勝負度 6
満足度 6
スーパーボレー度 7

nice!(8) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - Jリーグ ブログトップ