So-net無料ブログ作成
なでしこリーグ ブログトップ
前の10件 | -

日テレ・ベレーザ vs INAC神戸レオネッサ [なでしこリーグ]

大会:なでしこリーグカップ1部 決勝
結果:日テレ・ベレーザ 3-1 INAC神戸レオネッサ
場所:味の素フィールド西が丘 観衆1426

IMG_3974.jpg

IMG_3988.jpg

カップ戦決勝は昨年と同一カード。 ベレーザの試合が面白くなるかどうかは、対戦相手によるところが大きいですが、もちろんこの試合が決勝に相応しくなるかはINACしだい。

しかしINACは守備に重点を置いて、サイドバックのオーバーラップはほとんどなし。攻撃は裏へのロングボールかカウンター狙い。前線にボールが収まってから「さぁどうしよう」という迷いが見えるINACに対し、攻撃に「型」のあるベレーザは、パスにドリブルに選択肢も複数。

規律の中に選手の自由があるベレーザのサッカーに対し、選手任せに見えるINACのサッカーは、どこか高倉ジャパンともダブって見えてしまいます。それでも先制したのはINAC。43分にカウンターから八坂選手→増矢選手→中島選手と繋がりゴール。

しかし、ベレーザに焦りの色は全くありません。準決勝でも同じでしたが、何なら失点した後の方が強くなるんじゃないかと思うほど、絶対の自信が感じられる選手たち。この辺はまさに王者のメンタリティと言えるのでしょうが、かつてはINACにもそういう時代はあったんですけどね。

50分にコーナーキックから有吉選手のゴールで、あっさりと同点に追いつきますが、その後は膠着状態。宮川選手をインサイドハーフからサイドバックへ戦術的交代を見せる永田監督に対し、時間通り岩渕選手の交代1枚だけだった鈴木監督。INACがベレーザ超えを果たすには、まずこの監督の差は、けっこう大きいようにも思えるのですが。

皇后杯と同様に、延長戦までもつれたこの決勝。それでも最後はやっぱりこの人、田中美南選手。チームが苦しい状況に結果を出すのがエースの仕事。試合的には決勝戦にありがちな硬い展開でしたが、エースが一発で決めれば全てヨシ。「結果を出している選手を使う」。健全な日本代表であって欲しいものです。

試合採点
ハッスル度 5.5
見応え度 5.5
名勝負度 5.5
満足度 5.5
エースの一撃度 7

nice!(13) 
共通テーマ:スポーツ

日テレ・ベレーザ vs 浦和レッズL [なでしこリーグ]

大会:なでしこリーグカップ1部 準決勝
結果:日テレ・ベレーザ 3-2 浦和レッズL
場所:AGFフィールド 観衆1136

IMG_3787.jpg

IMG_3817.jpg

ワールドカップ期間中、ほとんどの選手を代表に持っていかれたベレーザ。それでもカップ戦を1位で通過。ベレーザの選手層の厚さを褒めるべきか、他のクラブの不甲斐なさを嘆くべきか。

代表組みも戻った中での準決勝。しかし浦和は菅澤選手、池田選手を温存してのスタート。試合序盤からベレーザのプレッシャーをかいくぐってパスを繋げることで、ペースを握る浦和。昨年までのように怖がってクリアしてしまわないことで、攻撃にも連続性が生まれます。

水谷選手の個人技などアクセントも加わり、前半は完全な浦和ペース。8分にコーナーキックからのこぼれ球を南選手が押し込み先制。28分にはサイドチェンジから右サイドを突破して、柴田選手がゴール。ベレーザのお株を奪うような、完璧な崩しからの追加点に勢いづく浦和。

通常であれば多少の安心感も生まれる2-0というスコア。それでも何度となく逆転劇を見せられてきたこのカード。選手も浦和サポーターも、「このままでは終わらないだろう」と思っていたことでしょう。だからこそ前半は無失点に抑えることが絶対条件。

しかし前半アディショナルタイム。長谷川選手から籾木選手のゴールデンコンビであっさりとゴール。前半のベレーザはほぼこのワンチャンスのみ。それでも両チームのメンタルは一気に逆転したでしょうし、この1点で形勢逆転してしまったと言えるのです。

49分には長谷川選手→籾木選手→宮澤選手で同点。その5分後には浦和のキーパー松本選手が退場処分で浦和は10人に。この時点で正攻法の試合が見られなくなってしまったのが非常に残念。浦和は菅澤選手を投入して、カウンターサッカーにシフトチェンジせざる得ません。

それでも10人でベレーザを凌ぐのは難しく、67分に田中選手の個人技で決められて勝負アリ。ディフェンダー2人を引き連れながら決めた得点は、まさにエースに相応しい見事なゴール。田中選手の意地の一撃と言えるでしょうが、果たして今の代表監督に届くかどうか、、、

やはり浦和が悔やまれるのは前半の失点。そこを耐えられるか耐えられないかが、一段上に上がれるかどうかの境目。まぁベレーザがしっかり勝負所を分かっているとも言えるのですけどね。

試合採点
ハッスル度 7
見応え度 6.5
名勝負度 6
満足度 6.5
2−0は危険度 7

nice!(9) 
共通テーマ:スポーツ

ニッパツ横浜FCシーガルズ vs ちふれASエルフェン埼玉 [なでしこリーグ]

大会:なでしこリーグカップ2部 第3節
結果:ニッパツ横浜FCシーガルズ 1-2 ちふれASエルフェン埼玉
場所:ニッパツ三ツ沢球技場 観衆767

IMG_1879.jpg

IMG_E1897.jpg

日本代表がワールドカップ期間に突入したため、なでしこリーグもカップ戦が再会。この日は飲水タイムが取られるなど、真夏のようだったコンディション。ベンチからもぺースダウンの指示が出るなど省エネモード。客席からは「走れー」という檄をよく聞かれますが、本当は「走り過ぎるなー」って言わないと。

先制したのは横浜。ゴールキーパーから繋ぐ埼玉のパス回しを狙って、高い位置でボールを奪うと上津原選手がそのままゴール。

その後は攻める埼玉、守る横浜の構図。なかなか攻撃の形を作れない横浜に対し、ボール支配率で上回る埼玉。ただ、中央から無理にこじ開けようとする攻撃が多く、そこからカウンターを受けることもしばしは。ウイングとサイドバックの距離も遠いので、サイド攻撃も単発で終わることが多い状況。

しかし、43分に左サイドを突破した中村選手がゴールを決めて同点。83分には右サイドから薊選手のドンピシャクロスを祐村選手が合わせて逆転。前半ではなかなか見られなかった、サイドを攻略した埼玉の逆転勝利。再三の中央攻撃が、このための布石だったとしたら凄いですけどね。

2部の中では補強が活発だった両クラブ。ただ横浜は昨年の得点源だった大滝選手と中村選手の抜けた穴は、埋められていない印象。一方鳴り物入りで埼玉に加入の長野選手。遠くが見えているロングフィードなど、さすがのプレーも披露。やっぱり2部でプレーさせておくには、もったいない選手だと思うんですけどね。

試合採点
ハッスル度 5.5
見応え度 6
名勝負度 6
満足度 6
5月猛暑度 7

nice!(16) 
共通テーマ:スポーツ

浦和レッズL vs INAC神戸レオネッサ [なでしこリーグ]

大会:なでしこリーグ1部 第6節
結果:浦和レッズL 0-1 INAC神戸レオネッサ
場所:浦和駒場スタジアム 観衆2779

IMG_E0992.jpg

IMG_0997.jpg

「令和」最初のなでしこリーグ。2連勝で首位に立った浦和と、2連敗と波に乗れないINACの対戦。INACにとってはここで負けると、早くも優勝戦線脱落しかねない崖っぷちの戦い。

試合は一進一退の攻防が続きましたが、19分に裏に抜け出した岩渕選手がゴールを決めてINACの先制。しかしINACの両サイドバックの位置は低く、その後は浦和に押し込まれる展開。

逆に浦和は右サイドの清家選手が高い位置を取り、再三のドリブル突破からチャンスメイク。この清家選手のサイドバック起用や、適材適所のポジション配置が森監督になってからの好調の理由の一つ。菅澤選手の決定的なシュートなど、後半に向けて期待を抱かせた浦和の前半終了間際の攻撃。

しかし後半頭から、浦和は吉良選手に変えて乗松選手を投入。この采配が機能したとは言えず、浦和の勢いを止める形に。逆にINACは鮫島選手をサイドバックへポジションチェンジし、前半の課題を修正。ボランチの杉田選手もゴール前に入ってくるなど、試合を優勢に進めたままタイムアップ。INACが3戦ぶりの勝利を飾りました。

首位浦和が敗れたことで、リーグ戦は予想外の混戦状態。どこが優勝するか分からないような、星の潰し合いはもちろん大歓迎。白熱のリーグ戦とプレーには期待したいですが、それと同時に、この時期になると気をつけて欲しいのが選手の怪我。

66分に負傷交代の岩渕選手。ワールドカップ目前で、日本のエースに「バツ印」が出た時には血の気が引きましたが、大事に至らないことを祈るばかり。女子の場合は怪我の情報などほとんど入ってこないので、余計に心配なのです。

試合採点
ハッスル度 5
見応え度 5.5
名勝負度 5.5
満足度 5
怪我心配度 7

nice!(20) 
共通テーマ:スポーツ

ノジマステラ神奈川相模原 vs INAC神戸レオネッサ [なでしこリーグ]

大会:なでしこリーグ1部 第5節
結果:ノジマステラ神奈川相模原 1-0 INAC神戸レオネッサ
場所:相模原ギオンスタジアム 観衆1256

IMG_0813.jpg

IMG_0844.jpg

野田新監督に変わり、なかなか結果が出ないノジマと、得点力不足に苦しむINACの対戦。チームとしては苦戦が続くノジマですが、高倉ジャパンになってからは代表に呼ばれる選手も増え、選手の質は向上しているように見えます。

その中でも先日のアメリカ遠征に呼ばれた松原選手は、一際目を引く存在。体の強さとシュートレンジの広さは、日本人離れしたものがあり、ワンステップでサイドチェンジのパスを通したのには驚かされましたよ。

一方こちらも代表の主力になりそうなINACの杉田選手。しかし、まだまだ試合によって波もあり、この試合でもゴール前に侵入するプレーはほとんど見られませんでした。2列目の選手が追い越して行くシーンが少ないのは、両チームに共通していた点。ともに得点力が上がっていかない要因にも感じます。

特にINACの得点力不足は深刻。クラブでの成績を見ると心配になる岩渕選手も、代表では結果を残しているので、生かせていないのはINACの方。チームが岩渕選手に求めるのは、ストライカーなのかゲームメーカーなのか? 低い位置からのドリブルでは怖さは半減。岩渕選手がベレーザの田中選手と得点王争いをするくらいでないと、INACの優勝争いは厳しいでしょう。

試合は80分に、中野選手のコーナーキックが直接ゴール。この1点を守りきったノジマがINACに初勝利。とはいえ両チームの実力差はほとんどなく、この試合でも決定的な場面はほぼ互角。ノジマの勝利も不思議でないくらい、力が拮抗した試合。ただ、それは「上位争いのレベルで」というわけではないのが残念ですが。

試合採点
ハッスル度 5
見応え度 5.5
名勝負度 5.5
満足度 5
寒雨度 6.5

nice!(9) 
共通テーマ:スポーツ

日テレ・ベレーザ vs AC長野パルセイロL [なでしこリーグ]

大会:なでしこリーグカップ1部 第1節
結果:日テレ・ベレーザ 0-3 AC長野パルセイロL
場所:味の素フィールド西が丘 観衆640

IMG_0371.jpg

IMG_0396.jpg

なでしこリーグのカップ戦。現在日本代表組はヨーロッパ遠征中。招集選手は長野の横山選手1人に対し、ベレーザからはなんと9人。怪我人も抱え、半数以上が下部組織のメニーナからの選手構成。若手にチャンスを与えるカップ戦でもありますが、あまりに別チーム過ぎて逆に興味も湧いてきます。

ベレーザは岩清水選手をボランチで起用。しかしこの采配は機能したとは言えず、攻撃の形を作れない前半。やはり田中選手一枚だけだと長野も守りやすく、追い越すプレーや囮になる動きも少ないので、流石に「若さ」が感じられました。

逆に長野は37分、ワンツーでの中央突破から國澤選手が先制ゴール。54分には裏に抜け出した滝川選手が冷静に決めて、試合を有利に進めます。

後半途中から岩清水選手をセンターバックに戻し、ようやくベレーザもリズムを作れるようになりましたが、長野の堅守を破ることは出来ず。アディショナルタイムのラストプレーで、濱本選手がドリブルからのゴラッソゴールを決めて、長野の完勝となりました。

ベレーザの完敗を見るのも実に久しぶり。ただ代表選手が9人抜けた「ほぼメニーナ」とも言えた今日のメンバー。それでも技術の高い若手が揃うベレーザが、有利ではないかと予想していた試合前。しかし、そこは長野も意地と実力差をしっかり見せてくれたことに、少しほっとした気持にもなりました。

試合採点
ハッスル度 5
見応え度 5.5
名勝負度 5.5
満足度 5.5
ほぼメニーナ度 6.5

nice!(13) 
共通テーマ:スポーツ

浦和レッズL vs 日テレ・ベレーザ [なでしこリーグ]

大会:なでしこリーグ1部 第3節
結果:浦和レッズL 1-3 日テレ・ベレーザ
場所:浦和駒場スタジアム 観衆1846

IMG_E0037.jpg

IMG_0038.jpg

絶対女王ベレーザの礎を築いた森監督が、今シーズンから浦和の監督に就任。ゴール前から繋ぐサッカーで、明らかに昨シーズンとの違いがハッキリと表れていました。

清家選手をサイドバックに起用するなど、ポジションでも大きな変化。特に柴田選手をボランチで起用することで、昨年までのようにパスの判断を迷う場面が減少。色々な場所に顔を出せる、柴田選手の適正はやはり中央のポジション。選手の能力を引き出すチーム作りは、さすが森監督と言ったところ。

しかし、繋ぐサッカーには当然リスクはつきもので、終盤での連続失点はそこを狙われてのもの。客席からも「はっきりクリアーしろ!」と歓声も飛んでいましたが、そこをクリアせずに繋いでいくのが、今年の浦和のやろうとしているサッカー。単純にポンポン蹴ってしまっていた昨年までのサッカーよりも、好感が持てるのです。

一方のベレーザは長谷川選手を複数でマークされ、前半はチャンスらしいチャンスはなし。しかし、59分に小林選手を投入すると右サイドから推進力が生まれ、72分には自身でカットインからのゴラッソゴール。この得点により肩の力が抜けたベレーザは、いつもの強いベレーザサッカーを披露。

交代で入ってくる選手が次々と代表選手なわけですから、そりゃ強いはず。阪口選手や籾木選手の不在も気にならないほど、選手層も厚くなりました。

最後は突き放されはしましたが、浦和にとってもある程度は手応えも掴んだ試合だったのでは? 新旧ベレーザ監督同士の対戦としても、なかなか見応えのある試合でした。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6.5
名勝負度 6.5
満足度 6.5
変化度 7

nice!(11) 
共通テーマ:スポーツ

日体大FIELDS横浜 vs ニッパツ横浜FCシーガルズ [なでしこリーグ]

大会:なでしこリーグ1部・2部入替戦 第2節
結果:日体大FIELDS横浜 2-2 ニッパツ横浜FCシーガルズ
場所:横浜市三ツ沢公園陸上競技場 観衆1414

IMG_6996.jpg

IMG_7031.jpg

横浜ダービーとなった、なでしこリーグ入れ替え戦第2節。試合開始直前から雨が降ってきて、選手も観戦する方も厳しいコンディション。

2点差以上が必要な横浜ですが、失点もしたくないという難しい試合。一方アドバンテージのある日体大は、上手く時間を使いながらの試合運び。ただJリーグのプレーオフでもあったように、「引き分けでもOK」という状況が、逆に難しくしてしまうこともしばしば。

先制したのは横浜。53分に佐藤選手がゴール前深く切り込み、クロスを中村選手が合わせてゴール。欲しかった先制点で勢いに乗る横浜ですが、71分にミス絡みから失点。前半からスリッピーなピッチに、危なっかしい場面も多く見られましたが、この時点で早い判断を気付いて欲しかったですけどね。

それでもその2分後にエース大滝選手がゴールを決めると、ついに通算スコア3-3の同点。横浜ダービーらしく、ほとんどホーム&アウェイ関係ないスタジアムも盛り上がりを見せ、両チームの応援にも熱が入ります。

勢いでは横浜優勢に見えましたが、89分、コーナーキックから日体大の平田選手が押し込み、歓喜の輪が広がりました。

こういう一発勝負の大事な試合では、固い試合になりがちな日本のサッカー。Jリーグの昇格プレーオフでも散々そのような試合を見て来たわけですが、そんな中で白熱の打ち合いを演じて見せた両チームには拍手。雨の厳しい環境も忘れるくらい、集中できた試合を見せてくれました。

試合採点
ハッスル度 6.5
見応え度 6.5
名勝負度 6.5
満足度 7
試合後の青空度 7

nice!(16) 
共通テーマ:スポーツ

日テレ・ベレーザ vs INAC神戸レオネッサ [なでしこリーグ]

大会:なでしこリーグ1部 第16節
結果:日テレ・ベレーザ 0-0 INAC神戸レオネッサ
場所:味の素フィールド西が丘 観衆4663

IMG_3946.jpg

IMG_3967.jpg

2011年以降、なでしこリーグの観客動員数は減少する一方。女子プロ野球やWリーグ、他の女子スポーツリーグの集客企画や告知情報はよく目にするのに対し、ほとんど「何もしていない」ように見えてしまう、なでしこリーグ。

そんなリーグやクラブの対応に、モヤモヤしているファンも多いのではないでしょうか。よっぽどサポーターの方が、集客努力をしているように見える現状。しかし、そう思っていたのは選手も同様でした。そこで立ち上がったのがベレーザの10番、籾木選手。

「5000人満員プロジェクト」と称して、集客プロデューサーに就任。オリジナルタオルやTシャツプレゼントなど、色々な企画が考案されましたが、選手自身が行動したことで、マスコミにも取り上げてもらえる効果もありました。

特に集客面では苦戦していた、ベレーザがやること自体も画期的。クラブのバックアップもあり、事前の告知やPR活動などでも、今までにない本気度が感じられました。

その成果が4663人。目標の5000人には一歩届かなかったものの、スタジアムは立ち見の人で溢れ、コレオグラフィで選手入場を迎えるサッカーらしい雰囲気。同じカード、同じ場所だったカップ戦の決勝が、1553人だったことを考えると、ベレーザの選手達が起こした行動の賜物と言えるでしょう。

しかしお客を集めた所で、試合のクオリティが伴わなければ逆効果。で、今の日本女子サッカートップに相応しい試合内容は、十分に見せられたのではないでしょうか。

しかし、一番避けて欲したかったのがスコアレスドローという結果。願わくば点の取り合いで、子供達が見ても「面白い」と思う試合を披露して欲しかったですが、大一番で渋い試合をしてしまうのは、Jリーグを含めて日本サッカーの課題。それでも試合後の拍手の大きさから、満足感の程はうかがえるのでした。

折しも沢田研二さんのドタキャン騒動が話題になっていますが、その行動に賛否あるものの、「満員」へのこだわりは見習って欲しいとも思う日本スポーツ界。やはり集客努力をするのは選手ではなく、リーグやクラブ関係者の役割。将来的にプロ化が実現すれば、これが当たり前のレベルになってもらわなくては。行動を起こせば、これだけ集客できるコンテンツであることを、証明できたわけですから。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 7
名勝負度 6
満足度 6.5
敏腕プロデューサー度 7

nice!(12) 
共通テーマ:スポーツ

ジェフユナイテッド千葉L vs INAC神戸レオネッサ [なでしこリーグ]

大会:なでしこリーグ1部 第14節
結果:ジェフユナイテッド千葉L 1-1 INAC神戸レオネッサ
場所:フクダ電子アリーナ 観衆2284

IMG_3697.jpg

IMG_3715.jpg

なでしこリーグも終盤戦。優勝争いはベレーザとINACの2チームに絞られた感もありますが、最後までリーグ戦を盛り上げるためにも、追いかけるINACは取りこぼしはなくしたいところ。

前半はINACペース。左の仲田選手と右の増矢選手。両サイドの幅が保たれ、今までのような密集感が解消されつつある布陣。好調のイ・ミナ選手をトップで使うアイデアも功を奏し、開始16分に京川選手のゴールで先制。

逆に押し込まれる時間が多くなる千葉。「走る」「頑張る」は誰が見ても伝わるチームですが、その象徴的な選手が深澤選手。ピッチを上下にハードワークするのはもちろん、ピンチの場面では体を張ってシュートブロック。43分にはその深澤選手のシュート性のクロスを、鴨川選手が頭で合わせ同点。

勝ち点1では厳しいINAC。岩渕選手、道上選手と投入し、最後は高瀬選手まで前線に上げて勝ち越しを狙います。しかしこの交代によって前半には保たれていたバランスは崩れ、逆に千葉にカウンターを受けてしまいます。

千葉にとっては狙い通りの展開。INACよりも多くの決定的な場面を作りましたが、最後のシュートは決め切ることが出来ずにドロー決着。それでも今シーズンのフクアリでの最終戦。2000人を超える観衆の前で、千葉らしい「走るサッカー」は見せることが出来たのではないでしょうか。

一方のINACにとってはベレーザの背中が遠くなる勝ち点1。試合自体は両チームともゴールに迫る好ゲームでしたが、リーグ戦の盛り上がりという面では残念な結果。いろいろとイベントも企画されているベレーザとの直接対決までは、なんとか食らい付いていって欲しかったのですが。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6.5
名勝負度 6
満足度 6
千葉らしい度 6.5

nice!(10) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - なでしこリーグ ブログトップ