So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
なでしこリーグ ブログトップ
前の10件 | -

日テレ・ベレーザ vs 日体大FIELDS横浜 [なでしこリーグ]

大会:なでしこリーグカップ1部 第10節
結果:日テレ・ベレーザ 8-0 日体大FIELDS横浜
場所:味の素フィールド西が丘 観衆1091

IMG_7544.jpg

IMG_7580.jpg

数年前から続くベレーザの一強時代。しかしサッカーの中身は、昨年までとは明らかに違う。ピッチをワイドに使った、サイドアタッカーが活躍する現代的なサッカー。代表選手8人を要する「ほぼなでしこジャパン」なのですが、サッカーの質はこちらの方が数段上に見えるのです。

その強力な攻撃のタクトを振るう長谷川選手。中央のポジションで伸び伸びプレーする姿は「凄味」を感じるほど。ゴラッソの2ゴールを含めて文句なしのマンオブザマッチ。

8得点。様々な選手が特徴を生かしたゴールで、見応えも十分。最後は岩清水選手までもがゴールを狙いに行くほど、手が付けられない試合展開。ほぼハーフコートゲームになってしまった日体大は、やはり長谷川選手を自由にさせ過ぎてしまいました。

このまま日本代表にしてもいいくらい、自分好みのサッカーをしているベレーザ。どちらかと言うと、高倉ジャパンに近いサッカーをしているのはINAC神戸。この両チームの決勝戦はいろいろな意味で注目。今のベレーザに足りないものは集客力だけ。西が丘頂上決戦は、ぜひ満員の中でプレーしてもらいたい。決勝は21日。

試合採点
ハッスル度 5
見応え度 7
名勝負度 3
満足度 6.5
長谷川無双度 7

nice!(14) 
共通テーマ:スポーツ

ノジマステラ神奈川相模原 vs INAC神戸レオネッサ [なでしこリーグ]

大会:なでしこリーグカップ1部 第8節
結果:ノジマステラ神奈川相模原 1-1 INAC神戸レオネッサ
場所:相模原ギオンスタジアム 観衆1228

IMG_7016.jpg

IMG_7064.jpg

リーグ戦3位、カップ戦2位と、今シーズンの混戦状況を生み出しているノジマの躍進。

その躍進を支えているのが、キーパー久野選手の活躍。ワールドカップを見ていても、格上の相手を倒すのにはゴールキーパーの活躍が必要不可欠。この試合でも再三のファインセーブで、INACにゴールを許しません。

そして驚かされた30分前後のノジマのカウンター攻撃。ボールを持った選手の後方から、3人、4人と追い越していく攻撃は、まるでキャプテン翼の雪崩攻撃。ここでは得点にはなりませんでしたが、その直後の田中選手の先制ゴールに繋がりました。

一方のINAC。高瀬選手をフォワードに戻すなど、得点力不足がここに来て気になるところ。ダイビングヘッドでゴールに飛び込むなど、高瀬選手らしいプレーも見られましたが、交代の一番手。

やはり待たれるのは岩渕選手のゴール。この試合でもポスト直撃のシュートや、鋭いドリブルで十分怖い存在に。それでも日本のエースなら、代表だけでなくクラブの結果にもこだわってほしい。「岩渕選手の得点王争いなくして、INACの優勝はない」くらいでないと。

90分に混戦から島袋選手が押し込み、INACが土壇場で同点に。ノジマの良いところが多く見られた試合でしたが、結果はINACにとって大きな勝ち点1。決勝進出に大きく近づいたINACでしたが、ノジマとの差はほとんどなくなっているようにも見えたのでした。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6.5
名勝負度 6
満足度 6.5
雪崩攻撃度 6.5

nice!(5) 
共通テーマ:スポーツ

日テレ・ベレーザ vs 浦和レッズL [なでしこリーグ]

大会:なでしこリーグカップ1部 第5節
結果:日テレ・ベレーザ 2-1 浦和レッズL
場所:駒沢陸上競技場 観衆1143

IMG_5375.jpg

IMG_5421.jpg

代表組がいない中でのカップ戦大一番。浦和が2人なのに対し、ベレーザはなんと8人。普通レギュラーが8人抜ければ、戦力ダウンどころかまったく別のチーム。しかし実際にはそう思わせないベレーザの選手層や選手の質には、驚かされるばかりです。

ベレーザの前線は、小林選手、植木選手、宮澤選手の3枚。時間帯によってポジションを入れ替えるのですが、昨年までのように選手が自由に動いているわけではなく、規律のあるポジションチェンジで穴が開くようなことはなし。

この3枚がサイドでも中央でも持ち味を発揮できるのも強み。両サイドを広く使ったシステムも、個人的に好みの永田監督のサッカー。「自由で流動的」を良しとする傾向のある日本サッカーの中で、規律あるサッカーをベレーザがやることには少し驚きでしたが、だからこそ人が変っても同じサッカーが出来るんですけどね。

逆に浦和はベレーザに勝つ絶好のチャンス。「ここで勝たなくてどこで勝つ」というシチュエーションでしたが、やはりベレーザの壁は高かった。コーナーから先制することに成功しましたが、攻撃面では行き当たりばったりの印象。前半は機能したハイプレスも、この炎天下では最後は消耗してしまいました。

交代選手の活躍もあり、残り8分でのベレーザの逆転勝利。時間帯から見ても劇的な展開ではあるのですが、「なるべくしてなった結果」とも言えるのではないでしょうか。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6
名勝負度 6
満足度 6.5
選手層度 7

nice!(7) 
共通テーマ:スポーツ

浦和レッズL vs INAC神戸レオネッサ [なでしこリーグ]

大会:なでしこリーグ1部 第6節
結果:浦和レッズL 2-4 INAC神戸レオネッサ
場所:浦和駒場スタジアム 観衆2114

IMG_2934.jpg

IMG_2928.jpg

2ー4のスコア以上に「INAC強し」を感じさせた試合。2得点の京川選手はトップの位置で持ち味を発揮。同様に中央でハツラツとプレーする中島選手。やはり選手は適材適所。鈴木監督に変って、ようやくそのタレント力を引き出せているように見えるのです。

ただ松田監督時代の大発明、高瀬選手のサイドバックは現体制でも健在。持ち前のパワーに加えて競り合いも強い。この試合を決定付けるゴールも決めるなど、得点力も抜群。これだけ最強のサイドバック、代表に呼ばないなんてもったいないでしょ。

岩渕選手も復帰して、かつての黄金期も彷彿させる今シーズンのINAC。3連覇女王ベレーザとの対戦は、大いに見ものです。

一方の浦和。ベレーザ戦よりもはるかに多くのチャンスを作り出し、セットプレーから菅澤選手が2得点も決めました。ただ前節から失点する時間帯の悪さはいかんともしがたい。試合開始直後、前半終了間際、そして得点した直後と、絶対に失点してはいけない時間帯にことごとく失点。

これでは試合のリズムを掴むのは難しいですよね。もちろん選手達は、失点してはいけない時間なのは重々理解しているはず。逆に言えばINACの選手達が、ギアの上げどころを分かっているとも言えるんですけどね。

試合採点
ハッスル度 6.5
見応え度 6.5
名勝負度 6
満足度 7
彷彿度 7

nice!(10) 
共通テーマ:スポーツ

浦和レッズL vs 日テレ・ベレーザ [なでしこリーグ]

大会:なでしこリーグ1部 第5節
結果:浦和レッズL 0-2 日テレ・ベレーザ
場所:浦和駒場スタジアム 観衆2617

IMG_2760.jpg

IMG_2766.jpg

ゴールデンウィーク最終日ということで、大勢の観客も集まった浦和とベレーザの対戦。事前の順位は浦和が上でも、やはりベレーザを倒すには一筋縄ではいかない。それだけに開始5分の失点は、浦和にとっては痛恨でした。

先制ゴールの宮澤選手。ドリブルにキレがあり、シュートも上手い。ベレーザ入団が伝えられた時は、絶対にハマるだろと思いましたが、予想以上の活躍ぶり。ベレーザはもともと育成に定評がありますが、外からの補強も的確で上手いんですよね。

永田監督になって変化も見られました。中盤の逆三角形型のシステムで、長谷川選手もより持ち味を発揮できるポジションに。セットプレーにも工夫が見られ、キャプテン翼にも出て来そうな変ったトリックプレーまで。3連覇してなお変化させようとしているのですから頭が下がります。

逆に浦和はサイドを空けてしまうことが多く、中央で密集してしまうことがしばしば。試合終盤、柴田選手と猶本選手がポジションチェンジをしたことで、チャンスの数も増えましたが、サイドアタッカーは欲しいところ。

浦和にとっては勝てそうで勝てない相手。選手の質では何ら見劣りしない陣容なのですが、それでいて両チームの差はまだまだあるようにも見えました。ベレーザの対抗馬として、浦和にはリーグを盛り上げて欲しいんですけどね。

試合採点
ハッスル度 5.5
見応え度 6
名勝負度 5.5
満足度 6
サイドの差度 6.5

nice!(6) 
共通テーマ:スポーツ

ちふれASエルフェン埼玉 vs ニッパツ横浜FCシーガルズ [なでしこリーグ]

大会:なでしこリーグ2部 第3節
結果:ちふれASエルフェン埼玉 1-1 ニッパツ横浜FCシーガルズ
場所:しらこばと運動公園競技場 観衆227

IMG_1334.jpg

IMG_1347.jpg

給水タイムも導入されたほど暑かったこの日のコンディション。これから選手達には厳しい季節になってきました。

先制したのは埼玉。高野選手が1対1の勝負から縦に突破。鋭いクロスを高橋選手が頭で合わせたファインゴール。埼玉の得点はこの1点のみでしたが、サイドを起点とした攻撃の意図はハッキリと見てとれました。

特に薊選手が高い位置でボールを持つと、必ず仕掛けて見ていて気持ちがいい。左サイドから何度もチャンスを演出しましたが、さすがにこの炎天下では消耗戦。後半はサイドバックに下り、さらに長い距離を走っていましたから、その運動量には驚かされました。

それでも埼玉はトラップミスやパスのズレなど、細かいミスでチャンスをフイにする場面も。1部では毎回苦しむ埼玉も、2部に下がれば主導権を握れるチーム。そろそろそこから脱却するには、常に1部レベルを意識したプレーをして欲しいですね。

一方の横浜はPKからの1点で、埼玉のような攻撃の狙いはなかなか見られず。選手の補強を見ても、今シーズン力の入れようが伝わるクラブ。しかし、後半投入した大滝選手にもただ放り込むだけなど、まだまだ選手の特徴を活かしているようには見えませんでした。

試合採点
ハッスル度 5
見応え度 5.5
名勝負度 5.5
満足度 5
神は細部に宿る度 5

nice!(8) 
共通テーマ:スポーツ

日体大FIELDS横浜 vs 浦和レッズL [なでしこリーグ]

大会:なでしこリーグ1部 第2節
結果:日体大FIELDS横浜 1-4 浦和レッズL
場所:ニッパツ三ツ沢球技場 観衆781

IMG_9090.jpg

IMG_9086.jpg

ついにFIFAランクベスト10からも脱落した日本女子サッカー。先日のアルガルベカップを見ていても、日本のパスサッカーは世界のプレッシングに四苦八苦。日頃からあれくらいの激しい環境でないと、世界との差は開くばかり。

その日本女子サッカーの「日頃」が、なでしこリーグ。ほとんど外国人選手のいない中で、どれだけ世界レベルを意識して試合を出来るか。その点で、日体大と浦和では大きな差があったように見えました。

五分五分のボールをスライディングで奪い切る。キープレイヤーに体を当てて仕事をさせない。菅澤選手や猶本選手ら、代表選手が激しいプレーを見せるのは当然ですが、この日一番ファイトしていたのが新加入の佐々木選手。最近は代表から遠ざかっていますが、今日のようなプレーを続けていれば、再び呼ばれる日も近いのでは?

フォワード陣が得意を重ね、順調なスタートを切った浦和。その一方で2連敗の日体大は、試合以外の所でもいろいろと難しいこともありそう。

大学チームということで、どうサポーターを集めるかは目下の課題。4年周期で入れ替わる選手で、継続的な強化は図れるのか。以前1部にいた吉備国際大学を見ても難しいところ。

ベレーザや浦和だけが強くなっても、日本サッカー自体のレベルアップには繋がらない。日体大のような昇格チームが、どれだけ上位チームを苦しめられるか。どれだけ世界を意識した試合をできるか。なでしこジャパンが再び世界レベルに行くには、それしかないと思うのです。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6
名勝負度 5
満足度 6
日常を世界レベルへ度 5.5

nice!(8) 
共通テーマ:スポーツ

ニッパツ横浜FCシーガルズ vs セレッソ大阪堺L [なでしこリーグ]

大会:なでしこリーグ2部 第18節
結果:ニッパツ横浜FCシーガルズ 0-2 セレッソ大阪堺L
場所:保土ケ谷公園サッカー場 観衆459

IMG_0112.jpg

IMG_0115.jpg

なでしこリーグも最終節。C大阪は勝って日体大の結果を待つ試合なのですが、Jリーグと違ってビジョンも何も無いので一切情報は入ってこず。スマホ片手に観戦していた人も多かったですが、試合終了時の雰囲気で忖度した次第でした。

試合のほうは一進一退の展開でしたが、37分には裏に抜け出した北村選手が落ち着いてゴール。66分には宝田選手がゴール前で受けてネットに突き刺し追加点。C大阪は流れが悪い中での得点でしたので、横浜にとってはダメージも大きかったです。

というわけで、C大阪は埼玉との昇格プレーオフに回ることに。優勝こそ逃しましたが、若いチームでこの成績は立派だと思いますよ。すっかり「育成型チーム」として確立されていて、今や「西のセレッソ、東のメニーナ」って感じですからね。1部でどれだけ通用するかも見てみたいものです。

横浜は山本絵美選手が活躍されていたんですね。往年の選手を2部で見られるのは良いこと。トップチームにカズ選手がいるように、もし澤さんを復帰させることができたら、ダブルレジェンドで話題になること間違いなし。

試合採点
ハッスル度 5.5
見応え度 5.5
名勝負度 5.5
満足度 6
育成型度 7

nice!(7) 
共通テーマ:スポーツ

ちふれASエルフェン埼玉 vs AC長野パルセイロL [なでしこリーグ]

大会:なでしこリーグ1部 第16節
結果:ちふれASエルフェン埼玉 2-1 AC長野パルセイロL
場所:川越運動公園陸上競技場 観衆828

IMG_8887.jpg

IMG_8871.jpg

優勝チームは決まっても、残留争いはこれからが佳境。その真っ只中にいる埼玉は勝ち点3を取らないといけない試合。そのことは埼玉サポーターも分かっているので、ワンプレーごとに歓声が響く、良い雰囲気のスタジアムになっていました。

埼玉は薊選手と中村選手の右サイドを起点に、14分に先制に成功。長野はその右サイドをケアすると、20分以降は長野のワンサイドゲームに。

しかし長野攻撃陣の前に立ちはだかったのが、埼玉の助っ人ラブサット・スミス選手。高さでもパワーでも長野を完封。後半途中で交代してしまいましたが、こういうスケールの大きい外国人選手、なでしこリーグにもっと増やして欲しいです。

その後はお互いワンゴールづつ決める白熱の試合展開に。防戦一方だった埼玉が、ワンチャンスを決めた西澤選手の決勝ゴールは、この日一番の歓声に包まれました。

埼玉にとっては大きな勝ち点3。一方の長野は苦しんでいますね。得点源の大エースが抜けたのだから、当然といえば当然。横山選手のワンマンチームでなかったことを、残った選手が証明して欲しいものです。

そんなわけで内容的にも面白かった大盛り上がりの試合。恐らく埼玉側が少年少女のサッカーチームを招待していたのでしょう。「子供達に今日のような試合を見せる」。なでしこリーグのやるべきことは、これに尽きると思いますけどね。

試合採点
ハッスル度 7
見応え度 6.5
名勝負度 6.5
満足度 7
良い雰囲気度 7

nice!(7) 
共通テーマ:スポーツ

日テレ・ベレーザ vs INAC神戸レオネッサ [なでしこリーグ]

大会:なでしこリーグ1部 第16節
結果:日テレ・ベレーザ 2-0 INAC神戸レオネッサ
場所:味の素フィールド西が丘 観衆1842

IMG_8680.jpg

IMG_8688.jpg

勝てばベレーザの優勝が決まるタイトルマッチ。相手はINACで舞台は西が丘、なんと地上波中継までされる最高のシチュエーション。なのにあまりに寂しかった観客数はかなりショッキング。これが今のなでしこリーグの現状なのかもしれません。

試合はベレーザの2得点と前回のリベンジ達成。得点も籾木選手のループと、田中選手の個人技と、「らしい」形からの得点でした。特に田中選手は一皮剥けた感もあり。昨年までは、味方に「取らせてもらっていた」感もありましたが、今は横山選手のように自分で取れる怖い選手になりましたからね。

一方のINACは1失点目が全て。岩渕選手の復帰が色々な部分で大きな光ですが、唯一のプロクラブながらリーグタイトルを逃し続けている現実は大きい。これだけのタレントを揃えながら、その個性が生かされていないようにも見えるのです。

そんなわけで今年のなでしこリーグもベレーザの一強でした。サッカーの質や内容でも文句無しの強さ。しかしこのクラブの最大の課題は集客面。「強さ」が「人気」に繋がっていない現状には、やれることがまだあるはず。これだけ強くて面白いサッカーを、見てもらえないなんてもったいない。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6.5
名勝負度 6
満足度 6.5
3連覇度 10

nice!(5) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - なでしこリーグ ブログトップ