So-net無料ブログ作成
アマチュアリーグ ブログトップ
前の10件 | -

ブリオベッカ浦安 vs VONDS市原FC [アマチュアリーグ]

大会:関東サッカーリーグ1部 前期第6節
結果:ブリオベッカ浦安 1-2 VONDS市原FC
場所:浦安市運動公園陸上競技場 観衆1473

IMG_1935.jpg

IMG_E1963.jpg

浦安は今シーズンから都並監督が就任。都並さんがアドバイザーになってから、一気にJFLまでスピード昇格した経緯もあるだけに、満を持しての監督就任に、期待値も高かった今シーズン。マスコミへの露出も増えるなど、クラブとしても良いことばかり。しかしいざ蓋をあけると、4戦勝ち星なしと、最下位に沈むという予想外の苦戦ぶり。

多少心配しつつも、都並体制の浦安を初観戦。しかし、予想とは逆に浦安は良い試合の入り。菊島選手が左サイドを突破したクロスを、スルーしてフリーでシュートを打つなど、流れるような攻撃も披露。20分にカウンターから決定的な場面も作りましたが、共に決めることはできず。

すると流れは市原へ。トップの池田選手の動き出しやポストプレーが効果的で、そこから攻撃に起点に。43分にはゴール前でボールを奪うと、レナチーニョ選手がループシュートを決め先制。65分には中央から崩し、西袋選手のゴールで追加点。攻守の切り替えも早く、ここまで全勝で首位を走るチームらしい試合運びの市原。

追いかける浦安は80分、左からのアーリークロスを村岡が頭で押し込みゴール。ここからようやく流れを掴む浦安。セットプレーを交えて市原ゴールに迫りましたが、同点ゴールは奪うことは出来ずにタイムアップ。前半終了間際、選手交代直後と、得点を奪われる時間が悪いのは、勝てないチームの特徴でもありますけどね。

そんなわけで開幕から5戦勝利なしと、ちょっと厳しい状況の都並監督。しかし首位の市原相手に、内容もそれほど悪いわけではないので、今は何より結果が欲しいでしょうね。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6
名勝負度 6
満足度 6
悪くはない度 6

nice!(12) 
共通テーマ:スポーツ

東京23FC vs ブリオベッカ浦安 [アマチュアリーグ]

大会:関東サッカーリーグ1部 後期第5節
結果:東京23FC 3-2 ブリオベッカ浦安
場所:江戸川区陸上競技場 観衆1048

IMG_0694.jpg

IMG_0777.jpg

今シーズン2度目の江戸川クラシコ。出店も多く出ていて、試合前やハーフタイムには様々なキャラクターも登場した、イベント盛りだくさんの試合会場。とても地域リーグの試合とは思えない賑わいぶりを見せていました。

スタンドには地元の少年サッカーチームの子供達も大勢集まり、試合に出ている選手に向かって「○○コーチがんばれ!」の大声援。アマチュアリーグならではの、アットホームな雰囲気満載のメインスタンドは、1000人以上の観衆で埋まりました。

そんな会場の熱気に後押しされてか、試合のほうも白熱の展開。36分、中央で受けた田宮選手が素早く振り抜き浦安が先制。追いつきたい東京23はサイド攻撃を上手く使い、59分、68分と得点を重ね逆転。東京23がゴールした時の、メインスタンドの盛り上がりようときたら凄いものでした。

しかし、粘る浦安も77分に菊島選手が落ち着いてシュートを決めて同点。クラシコと呼ぶに相応しい点の取り合いに、見応え十分の内容。しかしドラマはアディショナルタイムに起こるもの。またしても右サイドから突破した齋藤選手がゴール。ラストプレーの劇的勝利に、会場はこの日一番の大歓声。

素晴らしい試合見せてくれた選手達でしたが、この試合のMVPはこの会場の雰囲気を作っていた子供達。ワンプレーごとのリアクションが純粋で、ゴールが生まれた時の素直な喜びよう。大人が少し忘れていたようなサッカー観戦の楽しみ方を、また思い出させてくれた今日の試合でした。

試合採点
ハッスル度 6.5
見応え度 6.5
名勝負度 6.5
満足度 7
アットホーム度 7

nice!(14) 
共通テーマ:スポーツ

ブリオベッカ浦安 vs 東京23FC [アマチュアリーグ]

大会:関東サッカーリーグ1部 前期第5節
結果:ブリオベッカ浦安 1-2 東京23FC
場所:浦安市運動公園陸上競技場 観衆1030

IMG_2607.jpg

IMG_2650.jpg

江戸川クラシコと銘打たれ、有料試合ながら地域リーグでは異例の観衆1000人オーバー。浦安にとっても「柏の葉」でやるよりも、よっぽどホーム感を感じられるのではないでしょうか。

さて、試合は一進一退の展開が続きましたが23分、浦安のキーパーがパンチング処理で飛び出してしまっている所を、飯島選手がシュート。無人のゴールに冷静に決めて東京23が先制。

東京23は前半リードしながらも、後半頭から交代カードを切ってきました。浦安の羽中田監督は、昨シーズンまで東京23の監督という因縁も。それを意識したかどうかは定かではありませんが、浦安よりも先手先手の采配が目立った土屋監督。

73分にはカウンターから上田選手が得点。交代策もズバリの大きな追加点。浦安も82分にセットプレーの流れから、村岡選手が流し込み一矢報いましたがが、反撃もここまで。3年ぶりの江戸川クラシコは、東京23に軍配が上がりました。

試合採点
ハッスル度 5.5
見応え度 5.5
名勝負度 6
満足度 5.5
羽中田ダービー度 6

nice!(8) 
共通テーマ:スポーツ

東京武蔵野シティFC vs FC今治 [アマチュアリーグ]

大会:JFL 1stステージ第6節
結果:東京武蔵野シティFC 1-0 FC今治
場所:武蔵野陸上競技場 観衆1046

IMG_0555.jpg

IMG_0576.jpg

JFL2位と4位の上位対決。2位にいるのは武蔵野ですが、強そうに見えたのは今治。前半からポゼッションで圧倒し、武蔵野は守備に追われる展開。

しかし、ボールを支配しているから優勢というわけではないのがサッカーの常で、武蔵野も鋭いカウンターからチャンスを演出。ポゼッションの差に比べて、決定機の数は五分五分という印象でした。

試合終盤にいくに連れて、今治の猛攻が続きます。ゴール前に人数をかけて、なんとか凌ぐ武蔵野。そして迎えたアディショナルタイム。今治のキーパーへのバックパスが、ループシュートのようになってしまい、まさかまさかの結末。90分間耐え続けた武蔵野が、報われた形とも言えるでしょう。

ボールを支配しながら一本でやられてしまうのは、ポゼッションサッカーの宿命。陣形が整っている相手を崩すのと、前がかりの裏を突かれるのでは、得点が生まれやすいのは当然後者。こういう事故のような失点も、ある程度しかたのない部分もあります。

それでも吉武監督の言う、「10回やって何回勝てるか」では、このサッカーで間違いないですし、何よりテンポの良いパスサッカーは見ていて気持ちがいい。勝った武蔵野よりも、支持したくなるサッカーなのです。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6.5
名勝負度 6
満足度 6.5
ウソみたいな結末度 7

nice!(12) 
共通テーマ:スポーツ

ブリオベッカ浦安 vs ヴェルスパ大分 [アマチュアリーグ]

大会:JFL 2ndステージ第14節
結果:ブリオベッカ浦安 1-0 ヴェルスパ大分
場所:柏の葉公園総合競技場 観衆1049

IMG_0962.jpg

IMG_0995.jpg

JFLも終盤、浦安はホーム最終戦。序盤から浦安ペースの展開が続き、19分にPKから先制点。

浦安はトップの田中選手がしっかりと収めてくれるので、攻撃にリズムが生まれます。ディフェンダーのクリアボールでも、マイボールにできる確率も高いので、強いフォワードがいるチームは助かりますね。

一方の大分は前半ほぼノーチャンス。しかし攻守の切り替えは早く、当たりも激しいディフェンス。後半に入ると右サイドの突破からチャンスも作りだしました。

アディショナルタイムの攻防は、スリリングで見せ場もありましたが、浦安のキーパー本吉選手がシャットアウト。結局浦安が前半の1点を守りきり、ホーム最終戦を勝利で飾りました。

JFL2年目のシーズも、下位に低迷している浦安。やはり柏で試合をやらなくてはならないのは、小さくない問題。「ホームゲーム」と言われても、今ひとつピンと来ませんからね。

試合採点
ハッスル度 5.5
見応え度 6
名勝負度 6
満足度 6
ホームゲーム度 5

nice!(8) 
共通テーマ:スポーツ

東京ユナイテッド vs 東京23FC [アマチュアリーグ]

大会:関東リーグ1部 前期第2節
結果:東京ユナイテッド 2-1 東京23FC
場所:大井ふ頭中央海浜公園スポーツの森第2球技場

IMG_9318.jpg

IMG_9323.jpg

関東1部リーグで行われた東京ダービー。やはり注目度も高いのか、マスコミもけっこう訪れていました。

風の強い難しいコンディションの中、前半主導権を握ったのは東京23。38分に飯島選手が裏へと抜けだし、落ち着いて決めて先制。アシストとなったスルーパスもお見事。

前半は風下で苦しんだユナイテッドは、後半に入ると形勢逆転。開始早々にコーナーキックから同点にすると、その後は怒濤の攻勢。65分にはゴール前でワンツーで崩し、見事逆転に成功しました。

やはりダービーからか熱くなるシーンも多く、ユナイテッドは2枚目のイエローカードで退場者を出してしまいます。

1点を追いかける東京23が数的優勢に立ち、残り時間も20分以上と十分。見る側としては面白いシチュエーションになったわけですが、そんな東京23の前に立ち塞がったのが岩政選手でした。

次々に上がるクロスを、ことごとく弾き返す姿はまさに門番。10人で凌ぎ切ったユナイテッドが、今シーズン初勝利をものにしました。それにしてもこのカテゴリーで元代表選手のプレーが見られるのは、得した気分になりますね。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6
名勝負度 6
満足度 6.5
門番度 7

nice!(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ヴィアティン三重 vs FC今治 [アマチュアリーグ]

大会:全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2016
結果:ヴィアティン三重 0-3 FC今治
場所:ゼットエーオリプリスタジアム 観衆747

IMG_4389.jpg

IMG_4418.jpg

今一番気になるクラブと言えばFC今治。理由は岡田さんがオーナーだからではなく、吉武監督だから。このブログで何度も書いていますが、今まで一番面白いサッカーを見せてくれた日本人監督が、吉武監督なのです。

その吉武サッカーをようやく現地観戦。しかしその内容は、U-17で見たスピーディーで連動したポゼッションサッカーには、及ばないものでした。

パスサッカーではあるものの、連携連動が物足りません。得点もセットプレーとシュートがディフェンダーに当たったラッキーなもの。流れの中からパスワークで崩すようなシーンはなかなか見られませんでした。

地域決勝大会という今治にとっては大一番。内容よりも勝負にこだわったサッカーは当然と言えば当然。まぁこの試合を見た人で、物足りなさを感じているのは僕だけかもしれませんが、それくらいU-17での吉武サッカーはインパクト絶大だったのです。

今治のJFL昇格によって、来年からは観戦できる機会も増えそうです。「結果と内容にもこだわるサッカー」と語っていた岡田さん。日本人の特性を生かすパスサッカーを目指しているのも大いに期待。ハリルホジッチ監督と逆を行っているのも興味深いですね。

ちなみにこの試合でもベンチ入りしていた岡田さん。寄せが甘く簡単にシュートを打たれた場面では、凄い剣幕で怒っていましたが、端から見ると監督が2人いるよう。選手はやりにくくないですかね?

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6
名勝負度 5.5
満足度 6
ダブル監督度 6

nice!(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

東京武蔵野シティFC vs ヴェルスパ大分 [アマチュアリーグ]

大会:JFL 2ndステージ第14節
結果:東京武蔵野シティFC 4-2 ヴェルスパ大分
場所:蔵野市立武蔵野陸上競技場 観衆855

「サッカーのほとんどは退屈だ」という明言もありますが、勝敗が関係ない中立観戦者にとっては、その傾向はさらに強くなります。しかしその退屈を吹き飛ばすような面白い試合があるのも事実。しかしその面白い試合がいつ見られるかは運しだい。カテゴリーのレベルが上がれば面白くなるとも限らないのが、サッカーの奥深さでもあるのですが。JFLも終盤戦、武蔵野と大分の対戦を現地観戦です。

IMG_3838.jpg

IMG_3892.jpg

開始3分で試合は動きます。ホームの武蔵野が左サイドからクロス、これを黒須選手が落ちついて決めて先制します。大分もフリーキックがバーに弾かれるなど、武蔵野ゴールを脅かす場面もありましたが、1-0のまま前半終了。

後半に入っても一進一退の展開は続きます。後半19分、大分は右サイドからのクロスを中村選手が頭で流し込んで同点ゴール。しかしその8分後には水谷選手がゴール前で相手を交わしてシュート。この見事なゴールでふたたび大分を突き放しました。

粘る大分は後半45分、1点目と同じような形から土壇場の同点ゴール。アディショナルタイムは3分。しかしまだまだ終わらなかったこの試合。再び水谷選手が相手を引き連れながら、サイドネットに突き刺したスーパーゴール。さすがの大分もこの失点はショックが大きく、カウンターからもう1点を追加され万事休すとなりました。

サッカーの魅力はいろいろありますが、やはり試合終盤での点の取り合いほど面白いものはありません。それをJFLの下位対決で見られようとは・・・ どこで面白い試合に出会えるかわからない、これがあるからサッカー観戦はやめられないのです。

試合採点
ハッスル度 6.5
見応え度 6.5
名勝負度 6
満足度 7
当たり度 7

nice!(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ブリオベッカ浦安 vs ラインメール青森 [アマチュアリーグ]

大会:JFL 1stステージ第3節
結果:ブリオベッカ浦安 0-2 ラインメール青森
場所:柏の葉公園総合競技場 観衆475

アマチュアリーグの最高峰JFL。まだ開幕したばかりとはいえ、共に勝ち星のない両チーム。今年からの新規参入組同士の対戦ということもあり、勝ち点が欲しい所でしょう。今シーズンの初勝利を賭けた、JFL第3節を現地観戦です。

IMG_0800.jpg

IMG_0835.jpg

お互いにロングボール主体のサッカーで、ディフェンスラインの裏を狙うボールが多く見られます。しかし守備の集中が続く時間帯では、そう簡単に裏を取る事ができず、なかなかシュートシーンも見られない序盤戦となっていました。

試合が動き出したのは前半終盤から。青森の攻勢が目立ち出し、キーパーを交わしてシュートを放つも、浦安ディフェンダーが必至でクリアします。その後も青森の猛攻が続きましたが、キーパーのファインセーブなどで前半はスコアレスで折り返しました。

しかし後半に入っても勢いは青森。後半8分には阿達選手がこぼれ球を冷静に押し込んで先制。後半26分には奥村選手が裏へと抜け出しキーパーと一対一。これを落ち着いて決めて2-0としました。

浦安は中盤でボールを失う場面も多く、それがそのままピンチに繋がるなど、なかなかリズムを作れない試合展開になっていました。一方の青森は、前線の選手を中心に速攻の形がしっかりしていて、シュートで終わる場面も多く見られました。というわけで、JFL昇格組の対戦は青森の勝利で幕を閉じました。

浦安のホームスタジアムである浦安陸上競技場は、やはりJFL基準を満たしていないようです。地元で開催出来ない難しさもありますが、まだまだ開幕したばかり。まずは1勝出来れば、勢いに乗ることも十分可能でしょう。ところで青森サポーターの「ラッセラ、ラッセラー」という応援は、ご当地感があってとても良いですね。

試合採点
ハッスル度 5
見応え度 4.5
名勝負度 5.5
満足度 5
ご当地度 6

nice!(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

東京23FC vs ブリオベッカ浦安 [アマチュアリーグ]

大会:関東リーグ1部 後期第9節
結果:東京23FC 1-1 ブリオベッカ浦安
場所:浦安市運動公園陸上競技場 観衆1721

関東1部リーグの最終節です。すでに優勝を決めているブリオベッカ浦安と東京23FCの対戦。浦安のホームスタジアムであるものの、東京のホームゲームという謎のレギュレーションの中、江戸川クラシコと銘打たれた一戦を現地観戦です。

IMG_2205.jpg

IMG_2251.jpg

久しぶりに真夏のような暑さの中での一戦。開始5分に東京の山本選手が裏へ抜け出し、早々に先制ゴールを決めます。しかし、給水タイムが取られるほどの暑さの中、試合はスローペースな状態が続きました。

ボールを奪って「さぁ攻撃」となっても、パスミスやボールを失う場面が多く、両チームともハーフラインを行ったり来たり。シュートシーンまで行けない試合展開と、照りつける暑さもあって、見るほうもなかなか集中できない時間が続きました。

それでも後半に入ると、最終戦で大勢の観客が訪れた中、浦安がボールを支配する時間が多くなります。前節、流通経済大学相手に小気味の良いパスサッカーを披露していた東京23FCでしたが、浦安相手に劣勢に回る時間が多くなりました。さすがに優勝を決めているクラブの実力を、伺い知ることができました。

この試合のハイラトは後半38分。再び東京の選手が裏へ抜け出した所を、キーパー永井選手がファールでPK。これが決まれば試合はほぼ決する時間帯でしたが、このPKを永井選手がビッグセーブ。左手を目一杯伸ばしてのスーパーセーブで、自らのファールを帳消しにするとともに、チームに勢いをもたらしました。

このPKセーブで勢いの出た浦安は、後半42分にコーナーキックから、竹中選手がヘディングシュートを叩き込んで同点。優勝クラブの意地を見せて、試合終了です。関東1部を2年連続で、見事優勝を果たしたブリオベッカ浦安。しかし浦安にとっては、ここからが先がJFL昇格へ向けての、本当の戦いの始まりですね。

試合採点
ハッスル度 4.5
見応え度 5
名勝負度 5
満足度 4.5
尻上がり度 6

nice!(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - アマチュアリーグ ブログトップ