So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
クライミング ブログトップ

IFSCボルダリング・ワールドカップ八王子2018 [クライミング]

大会:IFSCボルダリング・ワールドカップ八王子2018
優勝:男子 ガブリエーレ・モローニ 女子 野口啓代
場所:エスフォルタアリーナ八王子

IMG_5023.jpg

IMG_5043.jpg

ワールドカップだけあって金属検査や警備員も多く、物々しい雰囲気もあった会場内。そして一番残念だったのが、競技の撮影が禁止だったこと。どうやって多くの人に知ってもらうか試行錯誤しているスポーツも多い中、前時代的な対応にはがっかり感もありました。

それでも大勢の観客で埋まったアリーナ。プロジェクションマッピングとの相性も抜群で、選手のプロフィールを映しながらの競技はナイスアイディア。日本人選手だけでなく、外国人選手に対しても「ガンバ」と声援を送るの応援にも、好感が持てるのです。

男女とも日本人選手が大活躍して、しっかりと日本大会を盛り上げてくれました。女子は野口選手、野中選手のワンツーフィニッシュ。特に野口選手は女王の風格も十分。他の選手が苦戦した課題でも、野口選手がやると簡単そうに見えるほど。表彰台での涙も感動的でした。

一方の男子は難易度の高い課題が多く、なかなか完登者の出ない展開。大会が盛り上がるかどうかは、課題をデザインする側もけっこう重要ですよね。最終課題では楢崎選手とガブリエーレ選手が一発完登で、劇的逆転劇も見応え満点。会場内も多いに盛り上がったフィナーレとなりました。

大会採点
ハッスル度 6.5
見応え度 6.5
名勝負度 6.5
満足度 7
日本選手の活躍度 7

nice!(8) 
共通テーマ:スポーツ

第12回ボルダリング・ジャパンカップ [クライミング]

大会:第12回ボルダリング・ジャパンカップ
優勝:男子 藤井快 女子 伊藤ふたば
場所:国立代々木競技場第二体育館 観衆1641

ボルダリングのジャパンカップ。東京オリンピックの競技種目にもなり、マスコミに登場する機会も増えました。この日の試合会場も大盛況。イケメン選手も多いですし、十分人気スポーツになる可能性を秘めていると思いますよ。

IMG_5998.jpg
決勝戦のボルダー壁。競技中はDJの方の解説や、軽快が音楽が流れています。

IMG_6018.jpg
決勝に進出した男女6名づつが、4つの課題にトライ。

IMG_6113.jpg
女子の優勝は3完登の伊藤選手。なんと若干14歳の選手。決勝には他にも13歳の選手が2人も!

IMG_6104.jpg
女王野口選手敗れる。女子は完登者も多く、ハイレベルな優勝争いで盛り上がりました。

IMG_6129.jpg
逆に男子は難易度の高い課題が多く、なかなか完登者の出ないジリジリとした展開。

IMG_6201.jpg
優勝は2完登の藤井選手。最終課題をクリアした瞬間が、今日一番の盛り上がりでした。課題が難しすぎるのも、興行的には問題かもしれませんね。

大会採点
ハッスル度 6
見応え度 6.5
名勝負度 6
満足度 6
難易度 7

nice!(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

クライミングワールドカップ INZAI [クライミング]

大会:クライミングワールドカップ INZAI
優勝:男子 アダム・オンドラ 女子 キム・ジャイン
場所:松山下公園総合体育館

最近のテレビ観戦で、その面白さを知ったばかりのスポーツクライミング。
一度もやったことがないチョーニワカなのですが、運良く日本で世界大会が行われることを知り、現地観戦に行ってきました。

IMG_2309.jpg

IMG_2297.jpg

僕の中でクライミングと言えば、映画「ミッション:インポッシブル2」の冒頭シーンを思い浮かべます。
トム・クルーズが行っていたシーンさながらのクライミングが、目の前で展開されて迫力満点。選手と重力との戦いに、目が釘付けになりました。

一つ気になったことは、選手がほとんど背中を向けていることです。せっかくイケメン選手や、美人な選手が多いのに、ちょっと残念です。それでも背中や腕の筋肉美は、とてもカッコ良く映ります。

男子はパワーとスピード。女子は柔軟性と、それぞれ特徴がありますね。キム・ジャイン選手が完登した時は、鳥肌が立つほどシビレました。
なんとなく「やるスポーツ」のイメージが強かったクライミングですが、「見るスポーツ」としても、本当に楽しめます。

大会採点
ハッスル度 7
見応え度 7
名勝負度 6
満足度 7
筋肉美度 7

nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
クライミング ブログトップ