So-net無料ブログ作成
バスケットボール ブログトップ
前の10件 | -

千葉ジェッツ vs アルバルク東京 [バスケットボール]

大会:CHAMPIONSHIP FINAL 2018-19
結果:千葉ジェッツ 67-71 アルバルク東京
場所:横浜アリーナ 観衆12972

IMG_1486.jpg

IMG_1581.jpg

Bリーグファイナルは昨年と同じカード。しかしシーズンをぶっちぎりで優勝した千葉と、ポストシーズンを勝ち上がってきた東京。昨年の雪辱という意味でも、千葉のこの試合にかける意気込みは強かったでしょう。

試合は第1Qから一進一退の攻防。両チームのエース、千葉の富樫選手と東京の田中選手には、当然厳しいマークが付きますが、それでもそのポテンシャルを存分に発揮。特に昨年のファイナルで苦しめられた富樫選手のプレーには、一段の凄みも感じられました。

試合が動いたのは第3Q。東京は序盤から攻勢をかけて、ジリジリと千葉を引き離します。3Pも効果的に決まり勢いに乗る東京。ディフェンスでも千葉を苦しめ、19点差をつけて第4Qへ。昨年の試合展開も頭をよぎり、今年もこのまま勝負が決まるかのように見えた第3Q。

しかしやはり今年の千葉は違いました。圧倒的な強さを見せたシーズン通り、怒涛の追い上げを開始。富樫選手の連続3Pで、5点差まで追い上げた時の大歓声。13000人の真っ赤に埋まったブースターの、悲鳴にも近い声援で、物凄い雰囲気だった横浜アリーナ。

残り15秒で2点差まで追い詰めた千葉でしたが、反撃はここまで。逃げ切りに成功した東京が、見事2連覇のフィナーレ。ファイナルに相応しい、最後までハラハラドキドキの攻防を見せてくれた両チームに、惜しみない拍手が送られていました。

バスケットボールの強みは試合が面白いこと。野球やサッカーと比べても、いわゆる「ハズレの試合」に出会うことが少ない。ハイスコアスポーツの利点とも言えるのですが、エンターテインメント性と合わせて、リピーターを増やす要因にもなっています。Bリーグの勢いはまだたまだ続きそう。そう感じさせてくれた今シーズンのファイナルでした。

試合採点
ハッスル度 8
見応え度 7
名勝負度 7
満足度 7
真っ赤度 7

nice!(16) 
共通テーマ:スポーツ

横浜ビー・コルセアーズ vs 富山グラウジーズ [バスケットボール]

大会:B1リーグ 第35節
結果:横浜ビー・コルセアーズ 72-75 富山グラウジーズ
場所:横浜文化体育館 観3279

IMG_0694.jpg

IMG_0635.jpg

横浜のホーム最終戦。上位争いではないものの、アリーナは満員で埋まり、ブースターの熱気には圧倒されるばかり。長いシーズンの結果は見えて来ても、試合単体で楽しめるのもバスケットボールの魅力。

試合はいい入りをした横浜のペース。スティーブンソン選手とコストナー選手のコンビネーションで得点を重ね、ゴール下の攻防も主導権を握ります。追いかけたい富山は完全アウェーの中、フリースローがなかなか決まらずリズムを掴めない展開。

前半を41-24と横浜が17点差を付けて折り返し。しかし、後半エンジンがかかって来た富山はジリジリて追い上げムード。第3Q終了際には阿部選手がブザービーターを決めて、一気に流れを引き寄せます。

第4Qになってスミス選手のポストプレーも効果的に決まり、残り32秒でついに富山が逆転。72-73とこの試合初めて富山がリードする形に。横浜は川村選手の3Pで逆転を狙うも、これが決まらずタイムアップ。ホーム最終戦を勝利で飾ることは出来ませんでした。

最後の最後でまくられた格好の横浜。やはりプレーオフ進出がかかっている、富山との差が出たでしょうか。それでも残り数秒まで勝敗の行方が左右する、バスケットボールならでは面白さが見られた試合でもありました。

試合採点
ハッスル度 6.5
見応え度 6.5
名勝負度 6.5
満足度 6.5
まくられ度 7

nice!(15) 
共通テーマ:スポーツ

千葉ジェッツ vs 川崎ブレイブサンダース [バスケットボール]

大会:B1リーグ 第1節
結果:千葉ジェッツ 66-68 川崎ブレイブサンダース
場所:船橋アリーナ 観衆4941

IMG_3491.jpg

IMG_3612.jpg

Bリーグ3シーズン目の開幕。昨シーズンのクォーターファイナルで熱戦を繰り広げた顔合わせを、開幕カードに持ってくるあたりも抜かりなし。

序盤は千葉ペース。川崎はターンオーバーが多くなる展開で、着実に得点を重ねる千葉。前半を終えた時点で34ー22と12点差を付けてのリード。千葉の楽勝ムードも漂う雰囲気でしたが、そこはさすが川崎。第3Q頭から一気にギアアップ。辻選手の活躍もあり、10分間であっという間に同点に。

川崎の猛攻に飲み込まれそうになる千葉。そんな時に流れを変えるがエースの富樫選手。鋭いドリブルやパスで観客を魅了し、ここぞの場合ではチームを助けるビッグプレー。まさにスターの風格十分の選手。

その富樫選手の活躍によって、何とか踏み止まった千葉。スコアは残り1分で64ー64。ここから先はワンプレー、ワンプレーに目を凝らす痺れる展開。残り14秒で決めた辻選手の3Pに対し、逆転勝利を賭けた富樫選手の3Pは決まらずタイムアップ。この試合を通しても、アウトサイドからのシュートの差が、結果に繋がったようにも見えました。

まるでファイナルのようなテンションの高い試合で見応え十分。試合前の演出やハーフタイムショーなど、イベント盛りだくさんで楽しませてくれる千葉のホームゲーム。そんな中でも「試合自体」が一番のエンターテイメントだったことに、今シーズンのBリーグも大いに期待が持てそうなのです。

試合採点
ハッスル度 7
見応え度 7
名勝負度 7
満足度 7
ファイナル並度 7

nice!(13) 
共通テーマ:スポーツ

アルバルク東京 vs 千葉ジェッツ [バスケットボール]

大会:CHAMPIONSHIP FINAL 2017-18
結果:アルバルク東京 85-60 千葉ジェッツ
場所:横浜アリーナ 観衆12005

IMG_3846.jpg

IMG_3959.jpg

12000人ものブースターで埋まった横浜アリーナ。2回目にして早くもプレミア化しそうなBリーグファイナル。試合の方も否が応にも期待感が高まりましたが、予想外に一方的な展開となってしまいました。

序盤こそ一進一退でしたが、第2Q終盤に行くにつれ東京がギアアップ。ゴール前でパスを回し、千葉ディフェンスを外すとフリーでシュート。中も外も決定率が高く、東京らしい攻撃の形で徐々に千葉との点差を広げて行きます。

東京は最後まで試合の流れを渡しませんでした。千葉に流れが傾きかけそうな時、決まってゴールを決めたのが田中選手。千葉の勢いを止めるプレーを連発で、まさにMVPに相応しい活躍でした。

第2Qのラスト、千葉のライオンズ選手のファインゴールの直後、すぐさまウィリアムズ選手がロングブザービーターを決めたところに、この試合の東京の勢いが表れていました。

一方の千葉は東京ディフェンスに苦しめられ、なかなか決定率が上がりません。速攻の形も封じられ、東京とは逆に千葉の良さを全く出せない試合展開。特に富樫選手の3Pが入らないことで、なかなか勢いに乗ることが難しくなってしまいました。

チームの特徴を出せた東京と、出せなかった千葉。それがそのまま結果につながってしまった決勝戦。好勝負を期待する者にとっては、少し残念な試合内容ではありました。それでもファイナルという特別な空気感や緊張感、そしてエンターテインメントとしては、十分楽しむことはできましたけどね。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6.5
名勝負度 5.5
満足度 6
持ち味発揮の差度 7

nice!(9) 
共通テーマ:スポーツ

千葉ジェッツ vs 川崎ブレイブサンダース [バスケットボール]

大会:CHAMPIONSHIP クォーターファイナル
結果:千葉ジェッツ 61-71(22-15) 川崎ブレイブサンダース
場所:船橋アリーナ 観衆5108

IMG_3124.jpg

IMG_3231.jpg

「凄いものを見た」。それは試合に限ったことではなく、両ブースターの声援がぶつかり合う物凄い熱気。プロジェクションマッピングから爆破まで、本場のNBAを見ているようなド派手な演出。ハーフタイムにはクリスタルケイさんのライブまで見られるわけですから、スポーツエンターテインメントここに極まりという感じですよ。

そんな最高の舞台と雰囲気の中、選手が燃えないはずがありません。ハッキリ言えば、外国人選手達の本気度がまったく違います。特に千葉はファジーカス選手に散々にやられてしまいました。川崎の固い守備にも苦しめられ、ロースコアの展開に。

第3Q、藤井選手のロングブザービーターが決まった時には、試合は完全に川崎の流れに。そのまま61-71で川崎が第2戦を勝利すると、5分ハーフの第3試合へ。ここまでの勢いからしても、川崎有利に思えた試合展開でした。

短期勝負の第3試合。千葉はようやく外からシュートが決まるようになり、先手を取ることに成功。第2試合の流れを断ち切る意味でも、立ち上がりの攻勢は大きかった。もちろん選手達を奮い立たせたのは、千葉ブースターの大声援。試合後大野ヘッドコーチが「ホームでなければ負けてた」とコメントしていましたが、本当にそうだと思いましたよ。

というわけで、ホームの千葉が準決勝進出。両チームの健闘を讃えるように、川崎に対しても大コールが送られていました。見るほうもヘトヘトになるような熱戦。試合後は心地の良い疲れと、良いものが見れた満足感で満たされているのです。

試合採点
ハッスル度 8
見応え度 6.5
名勝負度 6
満足度 8
熱気度 10

nice!(9) 
共通テーマ:スポーツ

アルバルク東京 vs 三遠ネオフェニックス [バスケットボール]

大会:B1リーグ 第29節
結果:アルバルク東京 77-67 三遠ネオフェニックス
場所:アリーナ立川立飛 観衆2806

IMG_0988.jpg

IMG_1031.jpg

Bリーグも最終盤。アリーナはもちろんフルハウスで、熱気ムンムン。

そのホームの声援に押される形で東京が終始圧倒。前半だけで25点差を付けると、そこからますます伸び伸びと攻撃。アリウープからのダンクや、トリッキーなパスなど「魅せるプレー」も。多彩な攻撃の連続に、そりゃあ東京ブースターも喜びますよ。

その中でも圧巻だったアレックス・カーク選手。リバウンドで奪ったボールを自らダンク。攻守で存在感抜群でした。

一方の三遠は、第4Qに追い上げ意地は見せましたが、東京の厳しいディフェンスに苦しめられた印象。最終的に10点差までつめよりましたが、時間を使いながら試合を終わらせた東京は、まだまだ余裕もあった試合展開でした。

ますます人気好調なBリーグ。スクリーンには常に映像が流れているので、他のスポーツのように「疑惑の判定」も起こりにくい。モップがけのモップにまで広告が付いていたり、スマホチケットの便利さなど細かい工夫も沢山。

歴史の浅い分、逆に発想が柔軟的。エンターテインメント性や演出面も含め、他のプロスポーツが参考にするべきところは、多くあるように感じるのです。

試合採点
ハッスル度 5.5
見応え度 6.5
名勝負度 5.5
満足度 6
魅せるプレー度 7

nice!(7) 
共通テーマ:スポーツ

栃木ブレックス vs 島根スサノオマジック [バスケットボール]

大会:B1リーグ 第20節
結果:栃木ブレックス 79-61 島根スサノオマジック
場所:ブレックスアリーナ宇都宮 観衆3621

IMG_8027.jpg

IMG_8091.jpg

共に地区5位と下位に沈む同士の対戦。田臥選手とジェフ・ギブス選手のコンビで早々にペースを掴むと、その後も栃木優勢の展開。第2Qを終了して21点差と突き放します。

栃木は竹内選手の高さもあって、中のガードは強固。島根はたびたび24秒オーバータイムになるなど、栃木ディフェンスに苦しめられます。ジョシュ・スコット選手が孤軍奮闘するものの、最後まで流れを引き寄せることは出来ませんでした。

一方の栃木はやっぱり田臥選手。3連続でシュートを決めるなど、キレのあるプレーを披露。この選手が決めるとチームに勢いが出ますし、なにより会場が盛り上がりますからね。

というわけで試合は栃木の完勝。島根はファールも多く、好勝負とはなりませんでしたが、ブレックスアリーナはこの日も盛況。

タイムアウトごとのイベントにも工夫が凝らされていて、アリーナ内で販売されているグルメも充実。エンターテインメントとして試合以外にも楽しめる要素は、Bリーグの中でも一歩リードしてるんじゃないですかね。

試合採点
ハッスル度 5.5
見応え度 5.5
名勝負度 5
満足度 6
試合以外の楽しさ度 7

nice!(10) 
共通テーマ:スポーツ

千葉ジェッツ vs シーホース三河 [バスケットボール]

大会:天皇杯 全日本バスケットボール選手権大会 決勝
結果:千葉ジェッツ 89-75 シーホース三河
場所:さいたまスーパーアリーナ

IMG_4931.jpg

IMG_4998.jpg

天皇杯は「さいたまスーパーアリーナ」での開催。このキャパシティを埋められる日本の屋内スポーツは限られているだけに、プロスポーツとなったバスケットボールにかかる期待は大きいです。

さて、試合はファイナルにしては差の付いた展開になってしまいました。第2Qまでは一進一退の攻防でしたが、第3Qな入ると一気に流れを掴んだ千葉。三河はマイケル・パーカー選手の勢いを止められなかったですね。

アイザック・バッツ選手とレオ・ライオンズ選手のヘビー級マッチアップなど迫力十分。しかし、千葉の西村選手や阿部選手がスピードとテクニックを駆使して外国人選手を切り裂く姿はまさに痛快。

ゴリゴリのパワープレーも凄いですけど、柔よく剛を制すプレー、こちらも日本人好みの面白さを感じます。それにしても西村選手のプレー、凄すぎでしょ。

というわけで優勝した千葉は天皇杯2連覇。「人気チームは強くなる」と言われますが、魅せるプレーも多く試合も面白い好チーム。Bリーグのビッククラブになれるでしょうか。

試合採点
ハッスル度 5.5
見応え度 6
名勝負度 5
満足度 6
柔よく剛を制すプレー度 7

nice!(8) 
共通テーマ:スポーツ

川崎ブレイブサンダース vs 栃木ブレックス [バスケットボール]

大会:B1リーグ 第8節
結果:川崎ブレイブサンダース 85-86 栃木ブレックス
場所:トッケイセキュリティ平塚総合体育館 観衆2820

IMG_1329.jpg

IMG_1386.jpg

会場1時間前到着にもかかわらず立ち見観戦。まだまだBリーグの熱気、凄いですね。

試合は川崎が終始リードを保ち、栃木が追いかける展開。川崎は3Pが効率良く決まるので、攻撃にリズムが生まれます。栃木の流れになりそうな時に決めるファジーカス選手の試合巧者。

栃木も粘り強くついていったことで、第4Qの流れを引き寄せました。きっかけを作ったのは田臥選手の3Pから。出場時間も限定的ながら、やっぱりこの選手のプレー、見たいですよね。

残り55秒でついに栃木が同点に追いつき83-83のスコア。その後川崎が勝ち越しゴールを決めると、栃木は残り4秒に全てを賭けます。

ワンプレーで勝敗が決まるコンマ単位の駆け引き。ロシター選手の逆転3Pが決まった瞬間は、アリーナはボルテージは最高潮に。この残り1分間の戦いは、まさにバスケットの魅力が存分に詰まった攻防でした。

ホームの川崎にとっては、最後の最後で大逆転劇を喰らった形だったのですが、それでも試合後には万雷の拍手。良いモノが見れた最高の気分なのです。

試合採点
ハッスル度 7
見応え度 7
名勝負度 7
満足度 7
1分間の攻防度 7

nice!(8) 
共通テーマ:スポーツ

埼玉ブロンコス vs 東京八王子トレインズ [バスケットボール]

大会:B3リーグ
結果:埼玉ブロンコス 69-86 東京八王子トレインズ
場所:所沢市民体育館 観衆1368

IMG_9451.jpg

IMG_9466.jpg

試合はリードする八王子、追いかける埼玉の構図ながら、第2Qには埼玉が一時逆転するなど一進一退の前半戦。

目に付いた選手は八王子の池田選手と埼玉の西選手。ともにドリブルやトリッキーなプレーなど、テクニックでの攻防も見応えありました。

しかし第3Qに入ってからはエンジン全開となった八王子。エドワード・モリス選手の豪快ダンクが決まるなど、あっと言う間に点差を広げていきます。

追いかけたい埼玉は3Pシュートを狙っていきますが、この試合ではなかなか決まらず。結局外からのシュート成功率の差が、そのまま得点差になったような試合でした。

3部リーグでも「Bリーグ」の冠が付いているだけに華やかさもあり、子供達も大勢観戦に訪れていました。この辺もBリーグ効果かもしれませんね。ただB3リーグのレギュレーションはちょっとわかりずらいです。

試合採点
ハッスル度 5.5
見応え度 6
名勝負度 5.5
満足度 5.5
3P成功率度 4.5

nice!(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の10件 | - バスケットボール ブログトップ