So-net無料ブログ作成
アメフト ブログトップ

富士通フロンティアーズ vs 関西学院大学ファイターズ [アメフト]

大会:第72回ライスボウル
結果:富士通 52-17 関西学院
場所:東京ドーム

IMG_7468.jpg

IMG_7539.jpg

新年明けましておめでとうございます。
2019年のスポーツ観戦始めはライスボウルから。

アメフト観戦は2年ぶりとなるので、まずはルールを思い出しながらの観戦。スタジアム内にはルール説明とプレー解説の実況も流れているので、ビギナーにも嬉しい配慮。ただ試合開始しばらくは、プレーのスピードに全く目が付いていけませんでしたけどね。

試合は社会人王者の富士通が、終始主導権を握る展開。とくにニクソン選手のパワーとスピードには、関西学院はついていくことが出来ずに、苦しめられます。学生と社会人でもフィジカルの差はあるでしょうが、助っ人外国人となるとそれ以上でしょうからね。

関西学院は第2Q早々にタッチダウンを奪い、反撃の狼煙を上げますが、ここでも立ちはだかったのがニクソン選手。42ヤードをぶっちぎりのタッチダウンを決め、流れを関西学院に渡しません。

第3Qには3タッチダウンを決め45-10と富士通が大きくリード。この時点で席を立つ観客も多く見られました。関西学院も第4Qには意地の1タッチダウンを決めますが、反撃もここまで。社会人王者の富士通が危なげなく完勝し、ライスボウル史上初の3連覇を達成しました。

これでライスボウルは社会人チームの10連勝。結果もさることながら、内容でも差が分かる試合。社会人と学生の試合なので、当然と言えば当然なのですが、そろそろその役割も終わりが近づいているのではないでしょうか。それでも東京ドームを満員に出来る貴重なコンテンツ。もっとアメフトの面白さをアピール出来るやり方があればいいのですが。

試合採点
ハッスル度 5
見応え度 5
名勝負度 4.5
満足度 4.5
無風度 7

nice!(15) 
共通テーマ:スポーツ

富士通フロンティアーズ vs 関西学院大学ファイターズ [アメフト]

大会:第70回ライスボウル
結果:富士通 30-13 関西学院
場所:東京ドーム

IMG_5664.jpg

IMG_5696.jpg

新年明けましておめでとうございます。
2017年のスポーツ観戦始めは、今年もアメフトから。

ライスボウルと言えば、社会人チャンピオンと大学チャンピオンとの対戦。当然社会人チームが格上となる構図。この試合が面白くなるかは、大学チームにかかっていると言えるのです。

その意味では順当な結果になってしまった今年のライスボウル。関西学院も最後に大学チャンピオンの意地は見せましたが、終始川崎が圧倒した試合と言えるでしょう。

この試合の見所だったのは、やはり川崎のQBコービー・キャメロン選手のプレー。長短織り交ぜたパスの精度は見事。51ヤードパスを含む3度のタッチダウンパスを決めて、会場を沸かせてくれました。

今年も満員になった東京ドーム。ただ番狂わせの起こりにくいアメフト。ここ数年の対戦成績も社会人の8連勝中。アメフトの魅力を伝えるためには、大会方式の変更も必要になる時が来るかもしれませんね。

試合採点
ハッスル度 5
見応え度 5.5
名勝負度 4.5
満足度 5
順当度 7

nice!(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

カレッジボウル2016 [アメフト]

大会:カレッジボウル2016 川崎
結果:関東1部Aチーム 6-19 関東1部Bチーム
場所:富士通スタジアム川崎

ライスボウルの余韻が冷めやらぬまま、今週もアメリカンフットボールの観戦へ行って来ました。「カレッジボウル」とは、関東学生一部リーグのオールスター戦のようですが、さすがに選手のことまでは分かりません・・・ 天気の良い中、大勢の観客も訪れていて、オールスター戦らしい派手な試合を期待しつつの現地観戦です。

IMG_7206.jpg
Bチームの白いユニホームに対し、Aチームのカラーはバラバラ。
様々な色が入り乱れて、敵味方の判別が難しそう。

IMG_7182.jpg
オープニングパフォーマンスは音響不調で終始グダグダに・・・
キッズチアリーダーが可哀想でした。

IMG_7243.jpg
前半を終えてBチームが9-0とリード。
タッチダウンも一つと、ロースコアな展開に。

IMG_7324.jpg
ハーフタイムショーでは音響も復活して何より。

IMG_7262.jpg
試合は終始Bチームの優勢で、点差以上に差の付いた内容でした。
やはりユニホームの違いが原因だったりして・・・ 


オールスター戦ということもあり、真剣勝負とは一味違う雰囲気の試合でもありました。そんな中でも拮抗した時間帯が続くなど、意外と固い試合展開に。しかしこのような試合で期待するのは、派手なプレーや、点の取り合いだったりするんですけどね。

試合採点
ハッスル度 4.5
見応え度 5
名勝負度 5
満足度 4.5
オールスター戦度 5.5

nice!(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

パナソニックインパルス vs 立命館大学パンサーズ [アメフト]

大会:第69回ライスボウル
結果:パナソニック 22-19 立命館大学
場所:東京ドーム

新年あけましておめどうございます。2016年はオリンピックイヤーということもあり、今年も様々なスポーツ種目を現地観戦して行きたいと思っています。というわけで新年最初のスポーツ観戦は、アメリカンフットボールの日本選手権、ライスボウルを初観戦して来ました。

IMG_6932.jpg

IMG_7019.jpg

初めて見るスポーツでも、試合を見ていれば何となくルールも分かってくるもの。しかし、このアメフトだけはルールが分からず、何度も見るのを挫折した経験もありました。ラグビーとも似てるようで似ていないのが、さらに難しくしていますが、試合中には館内実況が流れ、プレーの解説をしてくれる演出はとてもありがたかったです。

試合は社会人チャンピオンのパナソニックが優位の展開に。第3Qを終了して15-9と僅差ながら、パナソニックのベンジャミン選手のスピードを止めることが出来ず、立命館は苦しい展開でした。

アメフトの華といえばロングパス。第4Qに入り、俄然勢いの出てきた立命館は、西山選手の見事なロングパスが通り、そのままタッチダウン。残り5分を切った時点で初めて逆転に成功しました。勢いでは完全に立命館。このまま試合が終わっても、十分劇的な展開でしたが・・・

追うパナソニックは残り1分30秒、こちらも驚きの55ヤードタッチダウンパスを通し再逆転。お互いのスーパープレーの応酬に、東京ドームもヒートアップ。立命館も最後まで反撃を試みましたが、ラストのフィールドキックが外れて試合終了。残り5分で見せてくれた両チームのプレーの素晴らしさは、アメフト初心者にも十分に伝わるものでした。

新春早々アメリカンフットーボルの魅力満載の、最高の試合を見せてくれた両チーム。ファールによって試合時間を減らすというルールにもビックリするなど、新鮮なことも多く感じました。しかし満員の東京ドームの雰囲気は、他のスポーツでも見られる日本らしい応援合戦。そこは「アメリカン」では無いのがちょっと残念でもありました。

試合採点
ハッスル度 7.5
見応え度 7
名勝負度 7
満足度 8
華度 7

nice!(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
アメフト ブログトップ