So-net無料ブログ作成
ソフトボール ブログトップ

ソフトボール日本代表 vs アメリカ [ソフトボール]

大会:ソフトボール世界女子選手権2018 決勝
結果:日本 6-7 アメリカ
場所:ZOZOマリンスタジアム

IMG_0176.jpg

IMG_0195.jpg

勝敗のことなど些細なことに感じるほど、その場に居合わせた喜びが勝る試合がたまにあります。そんな試合が見たいために、どっぷりとスポーツ観戦の深みにハマってしまったわけですが、この試合がまさにソレ。これほど試合後に両チームへ向けて、心からの拍手を送ったのも久しぶりなのです。

連日行われている世界ソフトですが、目に付くのは日本の圧倒ぶり。コールドゲームになるほど大差が付く試合が多く、日本が強いことはそれはそれで良いのですが、試合自体は名勝負には程遠い印象。

そんな中で迎えた前日の準決勝。最大のライバルアメリカとの一戦は、これまでとは打って変わっての好勝負となりました。延長戦までもつれ込んだ試合はアメリカのサヨナラ勝ち。ただこの敗戦によって、決勝戦への期待度は俄然アップしたのでした。

そして再び迎えたアメリカとの決勝戦。投手はダブルヘッダーで既に1試合投げ切っている上野投手。アメリカが緻密な投手継投する一方、日本は上野投手一本。ブルペンで準備する投手すらいませんでしたから、宇津木監督の腹のくくりようも感じられました。

だからこそ、7失点しようがサヨナラ負けを喰らおうが、何ら責める気など起こるはずがありません。世界一がんばっている姿を見てもなお、「ガンバレ」と応援せずにはいられない投手。藤田選手の2本のホームランには心底シビれたし、そこからなお逆転するアメリカも素晴らしいの一言。

勝負からすれば日本の痛恨の敗戦。それでも試合後に拍手が鳴り止まなかったことが、この試合の素晴らしさを物語っていたのではないでしょうか。

試合採点
ハッスル度 7
見応え度 7
名勝負度 8
満足度 8
死力を尽くした度 10

nice!(7) 
共通テーマ:スポーツ

ソフトボール日本代表 vs アメリカ [ソフトボール]

大会:日米対抗ソフトボール2018
結果:日本 4-0 アメリカ
場所:東京ドーム

IMG_5846.jpg

IMG_5894.jpg

東京オリンピックでの正式種目に決まり、活躍が期待されるソフトボール。この日の東京ドームにも多くの観客が入っていて、女子高生や小さな女の子達の姿も多く見られました。

アメリカといえば宿命のライバルですが、近年では日本も苦手意識がなくなって来ている印象もあります。この試合でも初回にムーア投手を攻めたて、山本選手の2ランホームランを含む3得点で先制に成功。

一方日本の先発は上野投手。選手紹介でも一際大きな歓声を受け、知名度も抜群。投球練習の段階から、会場をざわつかせる速球を投げていましたが、本番でももちろんパーフェクトピッチング。4回を無失点に抑え、日本の完封リレーに繋がりました。

6回には1ヒットで1得点と、日本らしい攻撃も見られるなど攻守で完勝。アメリカはほとんど見せ場を作ることが出来ずに、試合自体は淡々と過ぎてしまったのが残念ではありました。

それでもスピーディーに試合が展開して行くのはソフトボールならではで、2時間以内に終わるのはとてもありがたい。野球と違って応援が無いことによって、選手の声や打球音が良く聞こえてくるなど、臨場感があってとても好感が持てる雰囲気なのです。

試合採点
ハッスル度 5
見応え度 5.5
名勝負度 5
満足度 6
あっという間度 6.5

nice!(10) 
共通テーマ:スポーツ

ソフトボール日本代表 vs アメリカ [ソフトボール]

大会:日米対抗ソフトボール
結果:日本 5-1 アメリカ
場所:東京ドーム 観衆31448

ありそうでなかなかなかったソフトボール代表戦の東京開催。蓋を開けてみれば内野席は満席状態と、大盛況の試合となりました。1500円の自由席チケットでジャパンユニホームまで付いてきた、お得度満載の日米戦を現地観戦です。

IMG_7490.jpg

IMG_7538.jpg

久しぶりにソフトボールの試合を見ると、そのスピード感に驚かされます。20秒ルールによりテンポよく進む試合展開はもちろん、多少深い内野ゴロでも、ヒットになってしまうほどのプレースピード。選手交代にもそれほど時間がかからず、なにより2時間くらいで終わってくれるのは本当にありがたいです。

日本は初回に4番の山田選手が先制タイムリー。5回にはアメリカの犠牲フライで同点に追いつかれますが、すぐその裏に日本の反撃が始まります。長崎選手、山田選手と連続タイムリーで突き放し、とどめは坂元選手のツーランホームラン。ソフトボールとは思えないほどの鋭い打球が、センターゾーンへ一直線でした。

6回にはワンナウト満塁のピンチを迎えましたが、山根投手が後続を打ち取り逃げ切りました。やはり5回、同点にされた直後に突き放せたのが勝敗を分けたでしょか。7回という短いイニングなので、一回一回の重みも感じることができました。世界ランク1位の貫禄を見せつけての勝利。残りの2戦では、強豪アメリカの巻き返しも見せて欲しいです。

それにしても驚いたのはこの日の観衆。日本に3万人以上を集客できるスポーツがどれほどあるでしょうか。鳴り物の応援も無く、メジャーリーグのように雰囲気も満点。女性客も多く見受けられ、ソフトボールの持つポテンシャルの高さが証明されました。それだけにもっと多くの試合機会を作って欲しいですし、もちろん東京オリンピックでも見たい競技ですね。

試合採点
ハッスル度 6.5
見応え度 7
名勝負度 6
満足度 7
貫禄度 7

nice!(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
ソフトボール ブログトップ