So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ジェフユナイテッド千葉 vs 大宮アルディージャ [Jリーグ]

大会:JリーグD2 第22節
結果:ジェフユナイテッド千葉 1-3 大宮アルディージャ
場所:フクダ電子アリーナ 観衆11069

IMG_7267.jpg

IMG_7314.jpg

順位は8位と13位の対決ながら、クラブ力から見ればJ2屈指の好カード。両チームの特徴として、共にサイド攻撃が挙げられますが、そんなシーンが随所に見られた試合。

先制点は千葉。10分、左サイド深く切り込んだ為田選手のクロスをラリベイ選手が押し込みゴール。大宮に押しこまれていた序盤でしたが、ファーストチャンスをモノに出来たのは大きかった。

大宮の攻撃の起点もサイドから。右サイドからの鋭いクロスをマテウス選手がファインゴール。両チームの特徴が良く現れていた見応え十分の前半。しかし千葉は前線でポストになっていた指宿選手を交代してから、序盤に劣勢に。

69分、大宮は再び右サイドからのクロスを富山選手がトラップ。このボールが高く浮いてしまうのですが、これを見事にジャンピングボレーで逆転。勢いに乗った大宮は2分後に、大前選手のファインゴールも決めて勝負アリでした。

ワールドカップを見ていても、サイドアタッカーの活躍が鍵になる現代サッカー。J1でも中央に密集してしまうサッカーを多く目にするのですが、J2で見応えあるサイドの攻防が見られることは嬉しい限りです。

一時はどうなることかと心配した石井監督も、ようやく波に乗れてきたようでなにより。ベルギーを苦しめた西野監督以前に、レアル・マドリードをあと一歩まで追い詰めた名監督が、フェードアウトされてしまっては困りますから。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6.5
名勝負度 5.5
満足度 6
サイドの攻防度 7

nice!(14) 
共通テーマ:スポーツ

日本 vs ベルギー [日本代表]

大会:FIFAワールドカップロシア2018
結果:日本 2-3 ベルギー
場所:テレビ観戦

2点差から大逆転負け。普通なら「なぜ」とか「もし」を言いたくなる気持もあるはずですが、そんな感情は一切なし。ただただベルギーが強かった。そんな相手に本気で「勝てる」と思わせてくれた、夢を見させてくれた日本代表は初めてなのです。

我慢の前半があったから後半の攻撃へと繋がった。48分、柴崎選手のスルーパスから原口選手が先制ゴール。その直後、アザール選手の強烈シュートがポストに弾かれ、明らかに「運」が向いていると感じた出来事。乾選手のスーパーゴールが生まれたのもその直後でした。

「勝てる」と夢を見れた瞬間。その一方で、「ベスト8への壁がこんなに簡単なはずがない」とも思いつつ、やはりベルギーの猛攻は凄かった。

2枚替えの積極采配に出たマルティネス監督。その期待に応えたフェライニ選手の高さ。何よりルカク選手のスピードとパワー。あの大きさでワンタッチパスまでやられては、たまったものではありません。まさに世界トップクラスのタレント軍団。

そんな相手に日本も負けていなかった。川島選手のビッグセーブ。体を投げ出しシュートブロックするセンターバックの2人。そしてコンビネーションでベルギーゴールに迫っていく日本の攻撃。

「引いて守るサッカー」ではなく、「縦に早いサッカー」でもない。組織力とパスワークで、初めて真っ向勝負を挑んだ日本代表。これぞ「日本サッカー」だと胸を張りたくなるプレーの連続。白熱した試合展開とともに、ただただ両チームの選手達に拍手を送りたくなるのでした。

そして迎えたベルギーのラストプレー。ぐうの音も出ないようなカウンターを決められ、衝撃度はまさにドーハ級。日本中が悲しみに暮れたドーハの悲劇ですが、後のジョホールバルの歓喜へと繋がった、日本サッカーが最高に熱かった4年間。

やはりベスト8への壁はこれくらい高いほうがいい。ドーハの悲劇に匹敵するような、美しい散り方をした日本代表。必ずやこの壁を超える日がくることを、確信できた試合でもありました。

試合採点
ハッスル度 8
見応え度 8
名勝負度 8
満足度 8
ベスト8への壁度 10

nice!(10) 
共通テーマ:スポーツ

ノジマステラ神奈川相模原 vs INAC神戸レオネッサ [なでしこリーグ]

大会:なでしこリーグカップ1部 第8節
結果:ノジマステラ神奈川相模原 1-1 INAC神戸レオネッサ
場所:相模原ギオンスタジアム 観衆1228

IMG_7016.jpg

IMG_7064.jpg

リーグ戦3位、カップ戦2位と、今シーズンの混戦状況を生み出しているノジマの躍進。

その躍進を支えているのが、キーパー久野選手の活躍。ワールドカップを見ていても、格上の相手を倒すのにはゴールキーパーの活躍が必要不可欠。この試合でも再三のファインセーブで、INACにゴールを許しません。

そして驚かされた30分前後のノジマのカウンター攻撃。ボールを持った選手の後方から、3人、4人と追い越していく攻撃は、まるでキャプテン翼の雪崩攻撃。ここでは得点にはなりませんでしたが、その直後の田中選手の先制ゴールに繋がりました。

一方のINAC。高瀬選手をフォワードに戻すなど、得点力不足がここに来て気になるところ。ダイビングヘッドでゴールに飛び込むなど、高瀬選手らしいプレーも見られましたが、交代の一番手。

やはり待たれるのは岩渕選手のゴール。この試合でもポスト直撃のシュートや、鋭いドリブルで十分怖い存在に。それでも日本のエースなら、代表だけでなくクラブの結果にもこだわってほしい。「岩渕選手の得点王争いなくして、INACの優勝はない」くらいでないと。

90分に混戦から島袋選手が押し込み、INACが土壇場で同点に。ノジマの良いところが多く見られた試合でしたが、結果はINACにとって大きな勝ち点1。決勝進出に大きく近づいたINACでしたが、ノジマとの差はほとんどなくなっているようにも見えたのでした。

試合採点
ハッスル度 6
見応え度 6.5
名勝負度 6
満足度 6.5
雪崩攻撃度 6.5

nice!(5) 
共通テーマ:スポーツ